vRealize Suite 2019 | 2021 年 4 月 15 日

各リリース ノートで、追加または更新された情報をご確認ください。

vRealize Suite 2019 の新機能

VMware vRealize® Suite はクラウド管理の統合的なソリューションです。IT によるコントロールを維持したまま、インフラストラクチャとアプリケーションの提供と管理を簡単に実行することができます。vSphere やその他のハイパーバイザー、物理インフラストラクチャ、および複数のパブリック クラウド上で、IT サービスに対する包括的な管理スタックを提供します。

最初に VMware vRealize Suite Lifecycle Manager をインストールすれば、vRealize の各製品の導入および継続的な管理が簡素化されます。

vRealize Suite 2019 の各製品の新機能については、個別の製品のリリース ノートを参照してください。

vRealize Suite 2019 の製品

vRealize Suite 2019 には次の製品が含まれています。 

製品は、vRealize Suite 2019 で利用できなくなりました。

vRealize Business for Cloud は vRealize Suite 2018 の Standard Edition および Advanced Edition として使用できました。vRealize Suite 2019 では、オンプレミスの SDDC 展開と VMware Cloud on AWS を含むハイブリッド クラウドのコスト算出機能は、Advanced Edition と Enterprise Edition として vRealize Operations に含まれています。そのため、vRealize Business for Cloud は vRealize Suite 2019 から削除されています。パブリック クラウドのコスト算出機能については、VMware の CloudHealth の使用を推奨します。vRealize Business for Cloud はスタンドアローン製品として引き続き使用可能です。

解決した問題

vRealize Suite 2019 製品の解決した問題については、各製品のリリース ノートを参照してください。

既知の問題

vRealize Suite 2019 製品の既知の問題については、各製品のリリース ノートを参照してください。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon