vSphere Replication は OVF 仮想アプライアンスとして配布されます。

標準の vSphere OVF デプロイ ウィザードを使用して、vSphere Replication アプライアンスをデプロイします。

注: vSphere Replication は IPv4 アドレスまたは IPv6 アドレスを使用してデプロイできます。IPv4 アドレスと IPv6 アドレスを持つ 1 つのアプライアンスなど、IP アドレスの混在はサポートされていません。拡張機能として登録するために、 vSphere ReplicationvCenter ServerVirtualCenter.FQDN プロパティを参照します。 vSphere Replication に IPv6 アドレスを使用する場合、 VirtualCenter.FQDN プロパティを IPv6 アドレスまたはリテラル アドレスに解決可能な完全修飾ドメイン名に設定する必要があります。IPv6 アドレスを使用する場合、 vSphere Replication は、 vCenter ServerESXi ホストなど、環境内のすべてのコンポーネントに IPv6 アドレスを使用してアクセスできる必要があります。

前提条件

vSphere Replication ISO イメージをダウンロードし、導入環境のシステムにマウントします。

手順

  1. ソース サイトで vSphere Web Client にログインします。
    HTML5 ベースの vSphere Client を使用して OVF 仮想アプライアンスをデプロイする場合、vSphere 6.7 Update 1 よりも前のバージョンの vSphere ではデプロイは成功しますが、 vSphere Replication が起動に失敗します。
  2. ホーム ページで、[ホストおよびクラスタ] をクリックします。
  3. ホストを右クリックして、[OVF テンプレートのデプロイ] を選択します。
  4. vSphere Replication アプライアンスをデプロイする OVF ファイルの場所を指定し、[次へ] をクリックします。
    • [URL] を選択し、URL を指定して、オンラインの URL からアプライアンスをデプロイします。
    • vSphere Replication ISO イメージをダウンロードして導入環境のシステムにマウントした場合、[ローカル ファイル] > [参照] の順に選択して ISO イメージ内の \bin ディレクトリに移動し、vSphere_Replication_OVF10.ovfvSphere_Replication-system.vmdk、および vSphere_Replication-support.vmdk ファイルを選択します。
  5. 名前を受け入れ、仮想アプライアンスのターゲット フォルダまたはデータセンターを選択または検索して、[次へ] をクリックします。
    仮想アプライアンスの新しい名前を入力できます。名前は、各 vCenter Server 仮想マシンのフォルダ内で一意にする必要があります。
  6. デプロイされたテンプレートを実行するクラスタ、ホスト、またはリソース プールを選択して、[次へ] をクリックします。
  7. 仮想アプライアンスの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
  8. エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) に同意し、[次へ] をクリックします。
  9. 仮想アプライアンスの vCPU の数を選択して、[次へ] をクリックします。
    注: 選択した vCPU の数が多いほど、 vSphere Replication 管理サーバのパフォーマンスは高くなりますが、NUMA ノードあたりのコア数が 4 以下の ESXi ホスト システムでは、レプリケーションの実行速度が低下する可能性があります。環境内のホストがそのようなホストに該当するかどうか不明な場合は、vCPU の数として 2 を選択してください。
  10. 仮想アプライアンス用のターゲット データストアおよびディスク フォーマットを選択し、[次へ] をクリックします。
  11. 使用可能なネットワークのリストからネットワークを選択し、IP プロトコルと IP 割り当てを設定して、[次へ] をクリックします。
    vSphere Replication は、DHCP と固定 IP アドレスの両方をサポートします。ネットワーク設定は、インストール後、仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) を使用して変更することもできます。
  12. [テンプレートのカスタマイズ] ページで、1 つ以上の NTP サーバのホスト名または IP アドレスを入力します。
  13. カスタマイズされたテンプレートのルート アカウントのパスワードを設定し、[次へ] をクリックします。
    パスワードの長さは 8 文字以上である必要があります。
  14. 設定内容を確認して、[終了] をクリックします。
    vSphere Replication アプライアンスがデプロイされます。
  15. vSphere Replication アプライアンスをパワーオンします。アプライアンスの IP アドレスをメモして、vSphere Web Client からログアウトします。
  16. ターゲット サイトで vSphere Replication を展開するには、この手順を繰り返します。

次のタスク

vSphere Replication アプライアンスを vCenter Single Sign-On サービスに登録します。