レプリケーションの構成時に、VMware vSAN データストアをターゲット データストアとして使用できます。vSphere ReplicationvSAN ストレージと併用するときには、以下のガイドラインに沿って行います。

注: vSAN は、vSphere 5.5 Update 1 以降で完全にサポートされている機能です。

vSAN データストアのディレクトリの分かりやすい名前は、レプリケーションまたはリカバリ操作時に変更され、エラーを引き起こす可能性があるため、vSphere Replication では、ディレクトリの分かりやすい名前をその UUID(定数)で自動的に置換します。これにより、Site Recovery ユーザー インターフェイスには、人間が読める名前ではなく UUID が表示される可能性があります。

vSphere ReplicationvSAN ストレージの併用上の制限

負荷や I/O 待ち時間のため、vSAN ストレージには、vSAN クラスタに含めることのできるホストの数と、各ホストで実行できる仮想マシンの数に制限があります。 https://storagehub.vmware.com/t/vmware-vsan/vmware-r-vsan-tm-design-and-sizing-guide-2/ で『VMware vSAN Design and Sizing Guide』の「Limits」セクションを参照してください。

vSphere Replication を使用すると、ストレージに負荷が加わります。すべての仮想マシンが通常の読み取りおよび書き込みの操作を生成します。これらの仮想マシンでレプリケーションを構成すると、通常の読み取りおよび書き込み操作にさらに読み取り操作が加わるため、ストレージでの I/O 待ち時間が増加します。vSphere Replication を使用して vSAN ストレージにレプリケートできる仮想マシンの正確な数は、インフラストラクチャによって異なります。vSAN ストレージ上の仮想マシンでレプリケーションを構成したときに応答時間が遅いことに気づいた場合には、vSAN インフラストラクチャの I/O 待ち時間を監視します。場合によっては、vSAN データストアにレプリケートされる仮想マシンの数を削減します。

vSAN ストレージ使用時の特定の時点のスナップショットの維持

vSAN ストレージは、仮想マシン ディスク ファイルをオブジェクトおよびコンポーネントのセットとして保存します。vSAN ストレージの各ディスク オブジェクトには、ミラーおよび監視オブジェクトがあります。デフォルトの vSAN ストレージ ポリシーには、1 つのディスク オブジェクトに 2 つのミラーおよび 1 つのウィットネスが設定されています。ミラー コンポネントの数は、仮想マシン ディスクのサイズと、vSAN ストレージ ポリシーに設定した許容可能な障害の数によって決定されます。ミラー オブジェクトは、それぞれ最大 256 GB までのコンポーネントに分割されます。

  • 仮想マシンに 256 GB のディスクが 1 つあり、デフォルトの vSAN ストレージ ポリシーを使用している場合は、ディスク オブジェクトにはそれぞれ 256 GB のミラー コンポーネント 2 つとウィットネス 1 つの合わせて 3 つのコンポーネントが作成されます。
  • 仮想マシンに 512 GB のディスクが 1 つあり、デフォルトの vSAN ストレージ ポリシーを使用している場合は、ディスク オブジェクトにはそれぞれ 256 GB のミラー コンポーネント 4 つとウィットネス 1 つの合わせて 5 つのコンポーネントが作成されます。

オブジェクト、コンポーネント、ミラー、ウィットネス、vSAN ストレージ ポリシーの説明については、https://storagehub.vmware.com/t/vmware-vsan/vmware-r-vsan-tm-design-and-sizing-guide-2/ の『VMware vSAN Design and Sizing Guide』を参照してください。

複数の特定の時点 (MPIT) スナップショットを有効にする場合は、仮想マシンあたりのディスクの数、ディスクのサイズ、維持する PIT スナップショットの数および許容可能な障害の数に基づいて、各スナップショットが vSAN ストレージに作成する追加のコンポーネントを考慮に入れる必要があります。PIT スナップショットを維持して vSAN ストレージを使用するときは、各仮想マシンに必要な追加のコンポーネント数を計算する必要があります。

ディスクの数 x PIT スナップショットの数 x ミラーおよびウィットネス コンポーネントの数

この式を使用した以下の例に示すように、PIT スナップショットを維持すると、vSphere Replication に構成する仮想マシンすべての vSAN ストレージのコンポーネントの数は飛躍的に増大します。

  • 10 MPIT スナップショットを維持する 256 GB のディスクを 2 つ持つ仮想マシンがあり、デフォルトの vSAN ストレージ ポリシーを設定している場合、
    • 2 (ディスクの数) x 10 (PIT スナップショットの数) x 3 (ミラーコンポーネント 2 つ + ウィットネス 1 つ) = 60 コンポーネントが 1 つの仮想マシンに対して作成されます。
  • 10 PIT スナップショットを維持する 512 GB のディスクを 2 つ持つ仮想マシンがあり、デフォルトの vSAN ストレージ ポリシーを設定している場合、
    • 2 (ディスクの数) x 10 (PIT スナップショットの数) x 5 (それぞれ 256 GB のミラーコンポーネント 4 つ + ウィットネス 1 つ) = 100 コンポーネントが 1 つの仮想マシンに対して作成されます。

維持する PIT スナップショットの数によって、vSAN ストレージの I/O 待ち時間が増加する可能性があります。