VMkernel アダプタを作成することで、ソース ESXi ホスト上での発信レプリケーション トラフィックを分離できます。

注: 1 つの VMkernel アダプタで 1 つのトラフィック タイプを処理する必要があります。

レプリケーション ソースとして使用され、レプリケーション トラフィックを分離する必要がある各 ESXi ホストについて、次の手順を実行します。

前提条件

  • vSphere Replication 仮想アプライアンスがデプロイされ、vCenter Server に登録されていることを確認します。
  • ESXi ホストがバージョン 6.0 以降であることを確認します。
  • 分散ネットワーク スイッチの場合は、新規の VMkernel アダプタ専用のポート グループが作成されていることを確認します。

手順

  1. vSphere Web Client で、ESXi ホストに移動します。
  2. [設定] タブをクリックし、[ネットワーク][VMkernel アダプタ] を選択します。
  3. [ホスト ネットワークの追加] アイコンVMkernel アダプタをホストに追加する をクリックします。
    [ネットワークの追加] ウィザードが開きます。
  4. [接続タイプの選択] ページで、[VMkernel ネットワーク アダプタ] を選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ターゲット デバイスの選択] ページで、ポート グループまたは標準スイッチを選択して [次へ] をクリックします。
  6. [ポートのプロパティ] ページの VMkernel ポート設定で、お使いの環境に合わせて IP 設定と TCP/IP スタックを構成します。
    注: vSphere Replication では、環境内のすべてのコンポーネント(例: vCenter ServerESXi ホスト、 vSphere Replication アプライアンス)が同じ IP バージョン(IPv4 と IPv6 のいずれか)を使用している必要があります。
  7. 使用可能なサービスの下で、[vSphere Replication] を選択して、[次へ] をクリックします。
  8. IP 設定を適用させ、[次へ] をクリックし、[終了] をクリックしてウィザードを完了します。

結果

発信 vSphere Replication トラフィック用に作成した VMkernel アダプタが、アダプタ リストに表示されます。ESXi ホストからの発信レプリケーション データは、このアダプタを介して、vSphere Replication サーバに送信されます。

次のタスク

vSphere Replication アプライアンスに vNIC を追加し、VAMI を使用して、着信レプリケーション データに使用する IP アドレスを構成できます。