環境から vSphere Replication を正常にアンインストールするには、一連の手順を実行します。

注: vSphere Replication アプライアンスが管理しているすべてのレプリケーションが停止する前にそのアプライアンスが削除されると、ターゲット データストアに com.vmware.vr.HasVrDisks タグが残されたままになります。 com.vmware.vr.HasVrDisks でタグ付けされたターゲット データストアが、Storage DRS が有効なデータストア クラスタに属している場合は、[メンテナンス モードへの切り替え] などの一部の操作が vSphere Replication 管理サーバが見つからないため失敗することがあります。このエラーの発生を防ぐには、削除された vSphere Replication アプライアンスがレプリケーションに使用したすべてのターゲット データストアからタグを削除する必要があります。 ターゲット データストアでの vSphere Replication タグの検索と削除を参照してください。

環境から vSphere Replication をアンインストールするには、vCenter Single Sign-On サービスおよび vCenter Server からアプライアンスを登録解除してから、vSphere Replication アプライアンスを削除する必要があります。

vCenter Single Sign-On サーバと vCenter Server から登録解除する前に、vSphere Replication アプライアンスを削除する場合は、環境をクリーンアップする特別な手順を実行する必要があります。vCenter Server の拡張機能マネージャのクリーンアップ を参照してください。

前提条件

  • vSphere Replication アプライアンスがパワーオン状態であることを確認します。
  • サイトへの既存の送受信レプリケーションすべてを停止します。
  • 他の vSphere Replication サイトへの接続をすべて切断します。

手順

  1. サポートされているブラウザを使用して、vSphere Replication VAMI にログインします。
    VAMI の URL は https:// vr-appliance-address:5480 です。
  2. [VR] タブで、[構成] をクリックします。
  3. [VRMS の登録解除] をクリックします。
  4. vSphere Web Client で、vSphere Replication アプライアンスをパワーオフにして削除します。
    Site Recovery プラグインが自動的にアンインストールされます。

結果

vSphere Replication を環境から削除しました。