VMware vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.4 | 2020 年 3 月 9 日 | ビルド 17638046 | ダウンロード

本リリース ノートに対する追加情報およびアップデート情報を適宜確認してください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

新機能

複数の特定の時点の詳細が含まれるようになりました。

VMware vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.4 について

VMware vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.4 では、VMware 管理者は VMware vRealize Operations Manager で、基盤となる vSphere Replication 環境の健全性と現在の状態を監視できます。

vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.4 を使用すると、レプリケーションの方向、レプリケーションの状態、および目標復旧ポイント (RPO) 違反など、仮想マシンごとにレプリケーションの詳細を確認できます。また、転送されたバイト数、前回のインスタンス同期ポイント、前回の同期時間、前回の同期サイズなどのレプリケーション メトリックを監視することもできます。

パックを使用することで、RPO、複数のポイント イン タイム (MPIT)、静止、ネットワーク圧縮などのレプリケーション設定についても確認できます。

さらに、vSphere Replication の健全性またはレプリケーション状態がエラー状態の場合、または RPO 違反が発生している場合に、アラームが表示されます。

vRealize Operations Management Pack for vSphere Replication 8.4 リリースは、VMware vRealize Operations Manager 8.3 と連携します。これ以前またはこれ以降の VMware vRealize Operations Manager のリリースとの相互運用性の詳細については、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

vRealize Operations Management Pack for vSphere Replication 8.4 をダウンロードするには、ダウンロード ページにアクセスします。

インストールおよび構成

VMware vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.4 ソフトウェアには、VMware vRealize Operations Manager 8.3 と vSphere Replication 8.4 が必要です。VMware vRealize Operations Manager 8.3 のインストールについては、vRealize Operations Manager のドキュメントの「vRealize Operations Manager のインストール」を参照してください。vSphere Replication 8.4 のインストールについては、VMware vSphere Replication のドキュメントの「vSphere Replication のインストールおよびアンインストール」を参照してください。

VMware vRealize Operations Management Pack for vSphere Replication 8.4 ソフトウェアは PAK ファイル形式で配布されています。管理パックのインストールと構成は、vRealize Operations Manager インターフェイスから次の方法で実行します。

  1. vRealize Operations Manager にログインします。
  2. 左ペインで [管理] > [ソリューション] > [リポジトリ] を選択します。 
  3. [管理パックの追加] をクリックします。
  4. vrAdapterPak-8.4.x.pak ファイルに移動し、[アップロード] をクリックします。PAK ファイルがアップロードされたら、[次へ] をクリックします。
  5. エンドユーザー使用許諾契約書を読んで同意します。[次へ] をクリックすると、管理パックのインストールが開始されます。
  6. インストールの進捗状況を確認し、インストールが完了したら [終了] をクリックします。

インストールの完了後は、vRealize Operation Manager がターゲット システムからデータを収集できるように VMware vRealize Operations Management Pack for vSphere Replication 8.4 を構成する必要があります。データを収集するために必要な最低限のロールは、VRM レプリケーション ビューアーです。ロールと権限の詳細については、「vSphere Replication のロールと権限」を参照してください。

  1. [管理] を選択し、左側のペインで [ソリューション] > [その他のアカウント] の順に選択します。 
  2. [アカウントの追加] をクリックします。
  3. [vSphere Replication アダプタ] を選択します。
  4. 必要な情報を入力し、[追加] をクリックします。
    注:ユーザー名とパスワードでは、大文字と小文字が区別されます。

注意と制限

  • 仮想マシンの [転送されたバイト数 (MB)] メトリックは、発信レプリケーションに関するデータのみを表示します。受信レプリケーションのデータは 0 と表示されます。
    VRMS サイトの [転送されたバイト数 (MB)] メトリックには、発信レプリケーションに関するデータのみが含まれます。
  • [RPO 違反数][仮想マシンあたりの転送されたバイト数][サイトあたりの転送されたバイト数] メトリックでは、統計データの精度は rrd-updater-interval パラメータに依存しています。このパラメータは /opt/vmware/hms/conf/hms-configuration.xml 構成ファイルで定義されています。このパラメータは、統計データが保存される間隔を制御します。この値は、デフォルトで 5 分に設定されますが、必要に応じて変更できます。

ネットワーク ポート

VMware vRealize Operations Management Pack for vSphere Replication は、ポート 8043(プロトコル HTTPS)を使用して vSphere Replication 管理サーバに接続します。

既知の問題

  • New:トポロジ グラフ ウィジェットがロードされない

    vRealize Operations Management Pack for vSphere Replication を vRealize Operations 8.2 以降と共に使用している場合、vSphere Replication のサマリのダッシュボードを開いたときにトポロジ グラフ ウィジェットがロードされません。

    回避策:これは、vRealize Operations Manager 8.2 以降のウィジェットの問題です。  ウィジェットを変更せずに編集します。これによりウィジェットが更新され、動作を開始します。

  • vSphere Replication アダプタを構成できない

    vSphere Replication アダプタを構成しようとすると、次のエラーが表示されてプロセスが失敗します。

    ログイン認証情報を確認できません。認証サービス インフラストラクチャが応答していません

    このエラーは、大文字と小文字が区別される vCenter Server 認証情報が原因で発生することがあります。

    回避策:vCenter Server の認証情報が正しいことを確認してください。Administrator@vsphere.local でなく administrator@vsphere.local を使用するなど、小文字と大文字を確認することができます。

  • vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.2.0.1 以前からのアップグレードを実行できない

    vRealize Operations 8.0 以降を使用している場合、vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.2.0.1 以前からのアップグレード プロセスはサポートされていません。
    vRealize Operations 7.6 以前を使用している場合、vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication 8.2 以前からのアップグレード プロセスはサポートされていません。

    回避策:vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication をアンインストールし、最新のサポート対象バージョンの vRealize Operations Management Pack for VMware vSphere Replication をインストールします。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon