VMware vSphere Replication 8.4 | 2021 年 3 月 9 日 | ビルド 17703102 | ダウンロード

VMware vSphere Replication 8.4 構成インポート/エクスポート ツール | 2021 年 3 月 9 日 | ビルド 17703114 | ダウンロード

これらのリリース ノートへの追加や更新を確認してください。

リリース ノートの概要

これらのリリース ノートの内容は次のとおりです。

 

ローカライズ

VMware vSphere Replication 8.4 は、次の言語で使用可能です。

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語

新機能

  • vSphere Replication を Site Recovery Manager とともに使用する場合の最適化の再保護。計画移行の直後に再保護を実行する場合、チェックサムは使用されなくなりました。代わりに、リカバリされた仮想マシンのサイトで変更が追跡され、再保護の実行時にそれらの変更のみがレプリケートされます。最適化された再保護の使用方法の詳細については、vSphere Replication の最適化された再保護を使用を参照してください。
  • 新しい構成サービス/管理 UI。
  • vSphere Native Key Provider - VRMS アプライアンス管理インターフェイスのサポート。
  • 仮想 NVMe コントローラのサポート。
  • 複数の仮想マシンを選択して vSphere Replication サーバ間を移動し、レプリケーションを再構成する機能。
  • vSphere Replication 8.4 は、VPAT (Voluntary Product Accessibility Template) テストに基づくアクセシビリティの機能強化を引き続きリリースしています。VMware でのアクセシビリティの取り組みに関する詳細および最新情報については、VMware アクセシビリティのホーム ページを参照してください。

製品のドキュメント

現在のリリース ノートに加え、vSphere Replication 8.4 のドキュメント セットには、次の配布ファイルが含まれています。

 

インストール手順

vSphere Replication の .iso イメージをダウンロードしてマウントします。vSphere Replication アプライアンスは、vSphere Web Client または vSphere Client の OVF デプロイ ウィザードを使用してデプロイできます。.iso イメージの \bin ディレクトリに移動し、対応する OVF ファイルを使用します。

  1. vSphere_Replication_OVF10.ovf:このファイルは、vSphere Replication Management Server、vSphere Replication サーバを含むすべての vSphere Replication コンポーネントのインストールに使用します。
  2. vSphere_Replication_AddOn_OVF10.ovf:このファイルは、オプションの vSphere Replication サーバの追加インストールに使用します。

インストールの詳細については、「vSphere Replication ドキュメント センター」の「vSphere Replication のインストール」のセクションを参照してください。

vCenter Server から vCenter Server へのレプリケーションの場合は、ソース サイトとターゲット サイトの vSphere Replication 管理サーバのバージョンを 8.3 または 8.4 にすることができます。

vSphere Replication 8.4 には、ソース サイトとターゲット サイトの両方でサポートされている vCenter Server バージョンが必要です。詳細については、VMware 製品の相互運用性マトリックスを参照してください。

vSphere Replication のアップグレード

ISO ファイルと VAMI を使用して、vSphere Replication 8.2.x または 8.3.x から vSphere Replication 8.4 にアップグレードします。

vSphere Replication アプライアンスの VAMI から公式の VMware アップデート リポジトリを使用して、vSphere Replication をバージョン 6.5.1 からバージョン 8.4 にアップグレードすることはできません。サポート対象バージョンの詳細については、「互換性マトリックス」を参照してください。

重要: アップグレードを開始する前に、vSphere Replication アプライアンスに OVF 環境(コンテキスト)があることを確認します。「Checking and Restoring the OVF Context of the vSphere Replication Appliance (2106709)」を参照してください。

既知の問題」の「アップグレード」と「全般」のセクションを参照したことを確認してください。

vSphere Replication 8.4 へのアップグレード手順については、「その他の vSphere Replication サーバのアップグレード」および「vSphere Replication アプライアンスのアップグレード」を参照してください。

注:

  • クラウドへのディザスタ リカバリ レプリケーションが現在進行中である場合、VAMI を使用して vSphere Replication 8.4 にアップグレードしようとすると、これらのレプリケーションが失われることを防止するためにアップグレードは失敗します。アップグレードの失敗を回避するには、アップグレードの前に、すべての Disaster Recovery to Cloud レプリケーションを構成解除します。クラウド リカバリを引き続き使用するには、VMware vCloud Availability for vCloud Director を使用できます。詳細については、VMware vCloud Availability の製品ページを参照してください。
  • vSphere Replication を Site Recovery Manager と併用する場合は、保護対象サイトとリカバリ サイトの両方で vSphere Replication をアップグレードしてから Site Recovery Manager サーバをアップグレードします。vSphere Replication のアップグレード後に Site Recovery Manager サーバを再起動する必要があります。詳細については、「VMware Site Recovery Manager のドキュメント」を参照してください。

vSphere Replication の操作上の制限

vSphere Replication 8.4 の操作上の制限については、VMware のナレッジベースの記事を参照してください。「Operational Limits for vSphere Replication 6.x and 8.x (KB 2102453)」を参照してください。

注意: vSphere Replication では、vSphere Replication Management サーバ 1 台につき 500 台を超えるレプリケーションをサポートするために、追加の構成が必要です。「Operational Limits for vSphere Replication 6.x and 8.x」および「Configuring Upgraded vSphere Replication Appliances to Support up to 3000 Replications」を参照してください。

 

オープン ソースのコンポーネント

vSphere Replication 8.4 で配布されるオープン ソース ソフトウェア コンポーネントに適用される著作権に関する記述とライセンスは、「vSphere Replication オープン ソースの公開」ページにあります。

 

注意と制限

仮想マシンのレプリケーションを正常に完了するには、レプリケーションを開始する前に、仮想インフラストラクチャが一定の制限を満たしていることを確認する必要があります。

  • NEW:vSphere Replication は、仮想 NVMe を使用して仮想マシンをレプリケートできます。vSphere Replication は、レプリケーションのソースおよびターゲットとして NVMe over Fabrics (NVMe-oF) データストアをサポートします。vSphere Replication は、ソースおよびターゲットの両方の ESXi ホストがバージョン 7.0 Update 2 以降の場合にのみ、仮想 NVMe コントローラをサポートします。VMware 製品で NVMe テクノロジーを使用する方法の詳細については、VMware vSphere 7.0 ドキュメントの「VMware NVMe の概念」を参照してください。
  • NEW 仮想マシンの暗号化をオンに切り替えた場合、vSphere Replication 8.4 は vSphere 7.0 Update 2 をサポートしません。
  • NEW vSphere Replication 8.4 では、VRMS アプライアンス管理インターフェイスでサポート バンドル管理は提供されません。これにはサポート バンドルとサポート バンドルの削除のリストが含まれます。SSH を介してサポート バンドルを管理するには、vSphere Replication アプライアンスへの SSH 接続を確立します。
  • NEW:vSphere Replication アプライアンスで vSphere によるゲスト OS プロセスからホストへの構成メッセージの送信禁止手順を実行すると、vSphere Replication が正しく機能しなくなります。
  • Platform Services Controller をカスタム ポートを使用してインストールすると、vSphere Replication アプライアンスの設定ができません。
  • 5 分間の RPO は、臨時 vVol データストア上の仮想マシンに、サポート上限である 50 台まで適用されます。
  • vSphere Replication では、Virtual Volumes 上での VSS 静止をサポートしていません。
  • vSphere Replication は、vmdk ファイルを共有する仮想マシンをレプリケートすることはできません。
  • vSphere Replication では、ソース サイトとターゲット サイトの両方で vSphere APIs for IO Filtering をサポートしていません。IO フィルタを含む仮想マシン ストレージ ポリシーが割り当てられた仮想マシンをレプリケートすることも、そのようなポリシーをレプリケーション ターゲット仮想マシンに割り当てることもできません。レプリケーション用に仮想マシンを構成する前に、割り当てられた仮想マシン ストレージ ポリシーに IO フィルタが含まれていないことを確認します。IO フィルタが含まれている仮想マシン ストレージ ポリシーを、すでにレプリケーション用に構成されている仮想マシンに割り当てないでください。
  • 複数の vSphere Replication アプライアンスをデプロイすると、VRMS アプライアンス管理インターフェイスの初期構成プロセス中に警告が表示されます。この場合、新しいアプライアンスを続行するにはユーザーの確認が必要です。複数の vSphere Replication サーバをデプロイした場合、この状況は発生しません。
  • 各 vSphere Replication Management Server で管理できるレプリケートされた仮想マシンは最大 3000 台です。「Configuring Upgraded vSphere Replication Appliances to Support up to 3000 Replications (KB 2102463)」および「Requirements to the Environment...(KB 2107869)」を参照してください。
  • vSphere Replication は、62 TB の最大ディスク容量をサポートします。62 TB を超えるディスクのある仮想マシンでレプリケーションを有効にしようとすると、その仮想マシンではレプリケーション操作は実行されず、パワーオンできなくなります。
  • vSphere Replication は、2 TB を超えるディスクではより大きいブロックを追跡します。2 TB を超えるディスクのレプリケーション パフォーマンスは、同じワークロードの 2 TB 未満のディスクのレプリケーション パフォーマンスとは異なる可能性があります。これは、変更された特定のブロックに対してネットワーク上で通信されるディスクの量に依存します。
  • vSphere Replication は vSphere Replication アプライアンスでの VMware Tools パッケージのアップグレードをサポートしません。
  • vSphere Replication は、仮想互換モードで RDM のレプリケーションをサポートします。物理互換モードで RDM にレプリケーションを構成することはできません。
  • vSphere Replication は、ターゲット サイトの仮想マシンのスナップショットの階層をレプリケートしません。
  • パワーオフされた仮想マシンにレプリケーションを構成できます。ただし、実際のレプリケーション トラフィックは仮想マシンがパワーオンされたときに開始されます。
  • レプリケーション サイトで Storage DRS を使用する場合は、リソースを消費するホスト間の移動(ホストとデータストア両方の変更)が Storage DRS で実行されないように、同種のホストとデータストア接続を設定しているか確認します。
  • 5 分間の目標復旧ポイント(RPO)では、ソース ホストが ESXi 6.5 である必要があります。
  • vSphere Replication でネットワーク分離機能を使用するには、ホストが ESXi 6.0 以降であることが必要です。
  • vSphere Replication は VMware vSphere® Trust Authority™ をサポートしていません。
  • vSphere Replication は vSphere Life Cycle Manager (vLCM) と統合されていません。vSphere Replication と vLCM は同一のデータセンターで実行しないでください。vSphere Replication は vLCM が原因で停止します。
  • TRIM/UNMAP コマンドを使用して領域を再要求する際に、ソース サイトで UNMAP コマンドを使用すると、レプリケーションで圧縮を使用していない場合に、レプリケーション トラフィックではコマンドがゼロの連続として送信されます。データはターゲット サイトでゼロとして保存され、レプリカ ディスク上の領域は再要求されません。

既知の問題

既知の問題は、次のようにグループ化されています。

アップグレード
  • vSphere Replication 8.4 にアップグレードした後、Site Recovery ユーザー インターフェイスに予期しないエラーが表示される

    vSphere Replication 8.4 にアップグレードした後、Site Recovery ユーザー インターフェイスに次のエラーが繰り返し表示されることがあります。

    不正な actionId exportVrLogs

    回避策: 

    1. Site Recovery ユーザー インターフェイスからログアウトします。
    2. ブラウザのキャッシュをクリアします。
    3. Site Recovery ユーザー インターフェイスにログインします。
  • アップグレード後に vSphere Replication Management サービスが開始されない

    vSphere Replication をアップグレードすると、VAMI で vSphere Replication Management (VRM) サービスが停止と表示され、 仮想マシンの /opt/vmware/hms/logs/hms-configtool.log ファイルに java.net.ConnectException: Connection refused エラー メッセージが記述されます。

    この問題は、vPostgreSQL サービスが完全に開始されていないために、組み込みの DB スキーマのアップグレード プロシージャが失敗する場合に発生します。

    回避策:

    1. 仮想アプライアンス コンソールで root ユーザーとしてログインします。
    2. 次のコマンドを実行します。$ /opt/vmware/hms/bin/hms-configtool -cmd upgrade -configfile /opt/vmware/hms/conf/hms-configuration.xml

      DB スキーマのアップグレードが開始されます。

    3. DB アップグレード プロシージャが完了するのを待ちます。
    4. vSphere Replication VAMI で [構成] タブに移動して、アプライアンスの SSO 登録を完了します。
  • vSphere Replication アプライアンスのアップグレード後や、証明書または IP の変更後に vSphere Replication の権限が欠落する

    vSphere Replication アプライアンスをアップグレードする場合、または他の何かの理由で vSphere Replication アプライアンスの証明書または IP アドレスが変更する場合、デフォルトの VRM ユーザー ロールに割り当てられた権限が削除されてしまいます。
    この問題は vSphere Replication のエクステンションが vCenter Server エクステンション マネージャで登録解除および登録されるたびに発生することが確認されています。

    回避策:vSphere Replication アプライアンスのアップグレードまたはその証明書や IP アドレスの変更を行う前に、事前定義済みの VRM ロールを複製して、カスタム ロールを作成します。カスタム ロールに割り当てられている権限は削除されません。

  • アップグレードの後で vSphere Replication の Virtual Appliance Management Interface (VAMI) にアクセスできなくなる

    アップグレード後は vSphere Replication VAMI が変更され、アップグレードの前に使用していたのと同じブラウザ ウィンドウでアクセスできなくなります。

    回避策:次のいずれかの操作を行います。

    • VAMI を開くのに使用したブラウザを変更します。
    • ブラウザを完全に終了してから新しいブラウザ ウィンドウを開いて VAMI に接続します。
    • ブラウザのキャッシュをクリアします。
    • ブラウザで匿名タブを開きます。
  • hms-vpostgres サービスは、vSphere Replication バージョン 8.2.1 からバージョン 8.4 への VAMI を介したアップグレードの試行後には開始できない

    hms-vpostgres サービスは、vSphere Replication バージョン 8.2.1 からバージョン 8.4 への VAMI を介したアップグレードの試行後には開始できません。更新プロセスで、postgres ディレクトリ /var/lib/vrmsdb からすべての構成が削除されます。

    回避策:

    1. /opt/vmware/hms/conf/embedded_db.cfg ファイルを開きます。
    2. EMB_DB_INSTALL_DIR=/opt/vmware/vpostgres/XXX の値を EMB_DB_INSTALL_DIR=/opt/vmware/vpostgres/current に更新します。
    3. アップグレードを実行します。
全般
  • NEW:リカバリ後の暗号化された仮想マシンをスナップショットに戻すとエラーで失敗する

    複数の特定時点 (MPIT) スナップショットが有効になっている暗号化された仮想マシンのレプリケーションをリカバリすると、リカバリ後に作成された特定時点 (PIT) スナップショットに仮想マシンの暗号化が適用されません。リカバリ後の暗号化された仮想マシンのスナップショットに戻すと、次のエラーで失敗します:スナップショット ファイルを開くことができません。

    回避策:なし。

  • NEW:シード レプリカ ディスクを複数のデータストアから 1 つのデータストアに移動すると失敗する

    名前が同一のシード レプリカ ディスクを複数のデータストアから 1 つのデータストアに移動すると、プロセスが失敗します。同じ名前のシード レプリカ ディスクを同じ場所に配置することはできません。

    回避策:移動する前にシード レプリカ ディスクの名前を変更します。

  • NEW:vCenter Server をアップグレードした後、Site Recovery ユーザー インターフェイスにエラー メッセージが表示されることがある

    vCenter Server をバージョン 6.7 Update 3p にアップグレードした後に Site Recovery ユーザー インターフェイスを開くと、次のエラー メッセージが表示されることがあります。「ユーザーはログインしていません。権限がないため、メソッドの実行を終了しています。」同じエラーが dr.log と HMS ログに記録されます。

    回避策:なし。エラーを無視してください。

  • NEW:暗号化された仮想マシンにレプリケーションを構成できない

    暗号化された仮想マシンにレプリケーションを構成しようとすると、次のエラーが表示されてプロセスが失敗します。

    ターゲット サイトにアクセス可能でない VMCrypt キーがあります

    回避策:なし。

  • NEW:再保護操作が失敗する

    静止機能を有効にしてレプリケーションを構成した場合に、ターゲット サイトの ESXi ホストがバージョン 7.0 または 7.0 Update 1 の場合、再保護操作は失敗します。

    回避策:最適化された再保護機能を無効にします。

    1. vSphere Replication アプライアンスに対して SSH 接続を確立します。
    2. 次のコマンドを実行します。/opt/vmware/hms/bin/hms-configtool -cmd reconfig -property reprotect-optimization-enabled=false
    3. HMS サービスを再起動します。

    この問題は ESXi バージョン 7.0 Update 2 で解決しています。
     

  • NEW:VRMS アプライアンス管理インターフェイスでネットワーク カード設定を構成できない

    VRMS アプライアンス管理インターフェイスの [ネットワーク] 画面に 2 番目または 3 番目のネットワーク カードが表示されません。

    回避策:

    1.仮想マシンをパワーオフします。
    2.新しいネットワーク カードを追加します。
    3.仮想マシンをパワーオンします。
    4.仮想アプライアンス コンソールで、ip addr コマンドを実行して、新しく追加されたネットワーク カードのネットワークの詳細と名前を確認します。たとえば、ネットワーク カードの状態が「DOWN」で、名前が eth1 のようになります。
    5.仮想アプライアンス コンソールで、次のコマンドを実行します。
    sudo /opt/vmware/bin/create_nic_config.sh <新しいネットワーク カード名>
    例:
    sudo /opt/vmware/bin/create_nic_config.sh eth1
    デフォルトでは、新しい NIC に DHCP IPv4 アドレスが設定されます。
    6.VRMS アプライアンス管理インターフェイスを使用して、必要に応じて新しく追加されたネットワーク カードのネットワーク設定を構成します。

  • NEW: サイズの大きい仮想ディスクを使用して新しいレプリケーションを構成したり、既存のレプリケーションにサイズの大きいディスクを追加したりすると、保護対象の仮想マシンが応答しなくなる

    vSphere 7.0 Update 2 を実行している場合に、サイズの大きい大きな仮想ディスクを使用して新しいレプリケーションを構成するか、既存のレプリケーションにサイズの大きいディスクを追加すると、保護対象の仮想マシンが応答しなくなります。

    回避策:vSAN の TRIM/UNMAP 機能を無効にします。

    1.vCenter Server Appliance への SSH 接続を確立します。
    2.次のコマンドを実行します。
    rvc localhost
    3./localhost/Datacenter/computers フォルダに移動します。
    4.次のコマンドを実行します。 
    vsan.unmap_support -d <cluster name>

  • NEW ディスクのサイズ変更後に同期操作を実行すると、操作が失敗する。

    ディスクのサイズ変更を実行する場合、ディスクのサイズによっては、処理に数時間かかる場合があります。その間に同期操作を実行しようとすると、レプリケーションが [OK] 状態であっても操作が失敗します。

    回避策:ディスクのサイズ変更操作が完了するまで待機します。完了を確認するには、/var/log/vmware/hbrsrv.log ログ ファイルを確認します。このログ ファイルには、次のエントリが記録されます。

    ディスク <レプリケートされたディスク ID> のサイズ変更

  • NEW vSphere Native Key Provider で暗号化された仮想マシンのレプリケーションのリカバリが失敗する。

    Native Key Provider で構成されているクラスタから削除すると、ターゲット データストアが接続しているすべてのホストが [OK] 状態になります。ただし、リカバリを実行しようとすると、リカバリは失敗し、レプリケーションは [エラー] 状態になります。

    回避策:データストアをクラスタ内で再度アクセス可能にします。リカバリを試していないにもかかわらず、レプリケーションが依然として [OK] 状態の場合は、レプリケーションを再構成し、ターゲット データストアをクラスタ内でアクセス可能なデータストアに変更します。

  • New:新しく追加された仮想ディスクが再保護操作時にレプリケートされない

    リカバリを実行し、リカバリした仮想マシンに新しいディスクを追加すると、新しいディスクが再保護操作時にレプリケートされません。最初のレプリケーションが新しいディスクを自動的にレプリケートするように構成されている場合、新しいディスクは自動的にレプリケートされません。

    回避策:新しいディスクを手動でレプリケーションに含めます。

  • New:サポート バンドルの生成が失敗する

    vSphere Replication アプライアンスが構成されていない場合にサポート バンドルを生成すると、プロセスが失敗します。

    回避策:vSphere Replication アプライアンス、および組み込みの vSphere Replication サーバに対しサポート バンドルを手動で生成します。生成されるファイルは、/tmp/hms-bundle.tar.gz/tmp/embedded-hbr-bundle.tgz です。

    1. vSphere Replication アプライアンスに対して SSH 接続を確立します。
    2. 次のコマンドを実行します。

      /bin/tar --force-local --ignore-failed-read -chvpf /tmp/hms-bundle.tar /opt/vmware/hms/logs /opt/vmware/var/log /opt/vmware/support/logs/dr /opt/vmware/support/logs/drconfigui /opt/vmware/support/logs/envoy
      /usr/bin/gzip --no-name --quiet --stdout /tmp/hms-bundle.tar > /tmp/hms-bundle.tar.gz
      /urs/bin/rm /tmp/hms-bundle.tar​
      /usr/bin/sudo -u root /usr/bin/hbrsrv-support-bundle.sh -f /tmp/embeded-hbr-bundle.tgz

       
    3. 組み込みの vSphere Replication サーバごとに VMware VRMS アプライアンスの管理に移動し、サポート バンドルを生成します。
  • New:リカバリ操作が進行しない

    短時間内に vVOL ターゲット データストアを含む仮想ディスクをレプリケーションから除外してから再度含めると、以降のリカバリ操作に影響することがあります。リカバリを実行しても進行しないことがあります。

    回避策 1:

    リカバリ操作をすでに開始している場合は、以下の手順を実行します。

    1. レプリカ ディスクを保持したままレプリケーションを削除します。
    2. シードを使用して、レプリケーションを再度構成します。
    3. リカバリを実行します。
     

    回避策 2:

    リカバリ操作を開始していない場合は、以下の手順を実行します。

    1. vVOL ターゲット データストアを含むディスクを除外します。
    2. レプリケーションを同期します。
    3. ディスクを再度含めます。
    4. リカバリを実行します。
  • New:レプリケーション同期が進行しない

    短時間内に vVOL ターゲット データストアを含む仮想ディスクをレプリケーションから除外して再度含めると、以降のレプリケーション同期操作に影響することがあります。レプリケーション同期を実行しても進行しないことがあります。

    回避策: 

    1. vVOL ターゲット データストアを含むディスクを除外します。
    2. レプリケーションを同期します。
    3. ディスクを再度含めます。
  • New:vSphere Replication のネットワーク暗号化は使用できない

    レプリケーションに対しネットワーク暗号化を構成する際に、レプリケーションの構成ウィザードのオプションが無効になっています。ESX バージョン 6.5 を使用している場合、hbr-agent.vib は自動的に ESX 6.5 ホストにインストールされず、これらのレプリケーションに対しネットワーク暗号化を構成できません。

    回避策:

    1. vSphere Replication アプライアンスに対して SSH 接続を確立します。
    2. 次のコマンドを実行します。 /opt/vmware/hms/bin/hms-configtool -cmd reconfig -property hms-auto-install-hbragent-vib=false
    3. HMS サービスを再起動します。
    4. vSphere Replication 8.4 の hbr-agent.vib をダウンロードしてインストールし、ESX 6.5 ホストにインスト-ルします。https://kb.vmware.com/s/article/2110304 を参照してください。
  • New:VMware VRMS アプライアンスの管理を使用して IPv6 を構成すると、invalid property - dns エラーが発生する

    Vmware VRMS アプライアンスの管理を使用して IPv6 を構成し、自動的に割り当てられた DNS で [ルーターのアドバタイズを使用して IPv6 設定を自動的に取得] オプションを選択すると、invalid property - dns エラーが発生します。 

    回避策:vSphere Replication アプライアンス ホスト マシンに SSH 接続し、$netmgr ip6_address --set --interface --dhcp 0 --autoconf 1 を実行します。DHCP を介して IP アドレスを受け取るには、代わりに $netmgr ip6_address --set --interface --dhcp 1 --autoconf 1 を実行します。

  • New:VMware VRMS アプライアンスの管理を使用して IPv6 設定を再構成できない

    [ルーターのアドバタイズを使用して IPv6 設定を自動的に取得] オプションまたは [DHCP を使用して IPv6 設定を自動的に取得] オプションを使用して IPv6 ネットワークを構成している場合、[DHCP を使用して IPv6 設定を自動的に取得] のみを使用して IPv6 を再設定することはできません。両方のオプションを選択するか、どちらも選択しないようにする必要があります。

    回避策:vSphere Replication アプライアンス ホスト マシンに SSH 接続し、$netmgr ip6_address --set --interface --dhcp 0 --autoconf 1 を実行します。
    DHCP を介して IP アドレスを受け取るには、代わりに $netmgr ip6_address --set --interface --dhcp 1 --autoconf 1 を実行します。

  • NEW:ソース仮想マシン上の同一のディスクを削除してから別の仮想デバイス ノードに追加すると、レプリケーションの再構成に失敗する

    仮想ディスクを削除し、同一の VMDK ファイルを持つ新しい仮想ディスクを追加して、レプリケーションの再構成を手動または自動([レプリケーションに新しいディスクを自動追加] オプションを有効にした場合)で実行すると、処理が次のエラーで失敗します。
         
     レプリケーション グループ「<VM_ID>」(管理オブジェクト ID:「GID-<group-ID>」)を再構成できません。詳細:'重複したキー (hms.Disk) { dynamicType = null, dynamicProperty = null, deviceKey = <DEVICE_KEY>, destination = (hms.ExtendedDatastorePath) { dynamicType = null, dynamicProperty = null, datastore = MoRef: type = Datastore, value = <DATASTORE>, serverGuid = null, path = <PATH>, fileName = <FILENAME>, dsCluster = null }, storageProfileId = null, useOfflineCopy = false, virtualDiskType = thin, skipDiskUuidValidation = true, replicationDiskId = null, contentId = null, capacityInKb = <CAPACITY> }'.ThrowableProxy.cause その操作は、現在の状態では実行できません。

    回避策

    1. レプリケーションを停止し、レプリカ ディスクを保持します。
    2. ディスクをシードとして使用して再度レプリケーションを構成します。
  • NEW:ソース仮想マシンに新しいディスクを追加した後、レプリケーションの再構成に失敗する

    [レプリケーションに新しいディスクを自動追加] オプションは有効です。ソース仮想マシンに新しいディスクを追加すると、vSphere Replication は自動的にレプリケーションの再構成を試行しますが、次のエラーでプロセスは失敗します。

    レプリケーション グループ「<group-name>」(管理オブジェクト ID:「<group-mo-id>」) を再構成できません。詳細:「仮想マシンの vSphere Replication 構成に問題があります: 世代番号が一致しません (古い世代)。」

    回避策: 

    1. Site Recovery ユーザー インターフェイスでレプリケーションを手動で再構成し、新しく追加したディスクを除外します。
    2. レプリケーションを再構成し、以前に除外したディスクを含めます。 
  • 暗号化メカニズムとして vSphere Trust Authority から KMS に切り替えた後、レプリケーションの構成に失敗する

    vSphere Trust Authority を暗号化メカニズムとして使用している場合に、KMS サーバを使用して古い暗号化メカニズムに戻り、レプリケーションを構成しようとすると、プロセスが失敗することがあります。この問題は、暗号化メカニズムを切り替えた後に、暗号化キーがターゲット ホストに適切に配布されない可能性があるために発生します。

    回避策:HMS サービスを再起動します。

  • リモート サイトのレプリケーションの再構成に失敗し、エラーが表示される

    リモート サイトでレプリケーションを再構成しようとすると、次のエラーが表示されてプロセスが失敗します。

    Failed to reconfigure replication because of java.lang.NullPointerException at com.vmware.hms.replication.SecondaryGroupImpl.reconfigureVirtualMachine(SecondaryGroupImpl.java:3163) at com.vmware.hms.replication.SecondaryGroupImpl.scheduledReconfigure(SecondaryGroupImpl.java:2840) at com.vmware.hms.replication.SecondaryGroupImpl.access$3(SecondaryGroupImpl.java:2812) at com.vmware.hms.replication.SecondaryGroupImpl$2.go(SecondaryGroupImpl.java:2780) at com.vmware.hms.task.TaskRunnable.run(TaskRunnable.java:71) at com.vmware.hms.HmsTaskManager$2.run(HmsTaskManager.java:519) at com.vmware.hms.util.executor.LoggerOpIdConfigurator$RunnableWithDiagnosticContext.run(LoggerOpIdConfigurator.java:133) at com.vmware.hms.util.executor.LoggerOpIdConfigurator$2.run(LoggerOpIdConfigurator.java:100)
            
    この問題は、6.5 以前のように 8.1.0 よりも古いバージョンからアップグレードされた vSphere Replication アプライアンスでのみ発生します。

    回避策: 

    1. HMS アプライアンスへの SSH 接続を確立します。
    2. /opt/vmware/hms/bin/ に移動します。
    3. この問題が特定のレプリケーションによるものかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

      ./embedded_db_connect.sh --no-align --tuples-only -c "select diskentity.isnativesnapshotsupported, secondaryvirtualmachineentity.name from diskentity, secondaryvirtualmachineentity where secondaryvirtualmachineentity.movalue = diskentity.vm_movalue;"
       
    4. 手順 3 のコマンド実行で結果が表示された場合、次のコマンドも実行します。

      ./embedded_db_connect.sh --no-align --tuples-only -c "update diskentity set isnativesnapshotsupported = false from secondaryvirtualmachineentity where secondaryvirtualmachineentity.movalue = diskentity.vm_movalue;"
       
    5. systemctl restart hms コマンドを使用して HMS サービスを再起動します。

     

     

  • テスト リカバリがエラーで失敗する

    VMFS データストアへのレプリケーションを構成してから、このグループのディスクを vSAN データストアにレプリケートするように再構成した場合(ただし、仮想マシンのホームは引き続き VMFS データストアに対して構成されている)、テスト リカバリを実行すると、次のエラーが発生して失敗します。

    vSphere Replication サーバ上のグループ「<group-ID>」のテスト バブル イメージを作成できません...

    回避策 1:すべてのレプリカ ディスクを、VMFS データストアを使用するように再度構成します。

    回避策 2:仮想マシンのホームが、vSAN データストアにレプリケートされるように再構成します。

  • ネットワーク暗号化を使用したレプリケーションの状態が無効と表示される

    デフォルトでは、vSphere Replication アプライアンスをパワーオンすると、アプライアンスがデプロイされた vCenter Server インベントリにあるすべてのサポートされた ESXi ホストに、vSphere Installation Bundle (VIB) がインストールされます。VIB ファイルの自動インストールが、さまざまな理由により失敗することがあります。

    回避策:

    レプリケーションのソース仮想マシンをホストする各 ESXi インスタンスに vSphere Replication VIB ファイルをインストールします。

    1.ESXi ホストのファイアウォールを一時的に無効にします。
    2.ESXi サーバへの SSH 接続を確立します。
    3.次のコマンドを実行します。
    $ esxcli software vib install -v https://VR_APPLIANCE_IP:8043/vib/vmware-hbr-agent.vib
    4.ESXi ホストのファイアウォールを有効にします。

  • ネットワーク暗号化を使用して新しいレプリケーションを構成できない

    デフォルトでは、vSphere Replication アプライアンスをパワーオンすると、アプライアンスがデプロイされた vCenter Server インベントリにあるすべてのサポートされた ESXi ホストに、vSphere Installation Bundle (VIB) がインストールされます。VIB ファイルの自動インストールが、さまざまな理由により失敗することがあります。 

    回避策:

    レプリケーションのソース仮想マシンをホストする各 ESXi インスタンスに vSphere Replication VIB ファイルをインストールします。

    1.ESXi ホストのファイアウォールを一時的に無効にします。
    2.ESXi サーバへの SSH 接続を確立します。
    3.次のコマンドを実行します。
    $ esxcli software vib install -v https://VR_APPLIANCE_IP:8043/vib/vmware-hbr-agent.vib
    4.ESXi ホストのファイアウォールを有効にします。

  • vSphere Replication のインポート/エクスポート ツールを使用してレプリケーション構成データをインポート/エクスポートすると、エラーで失敗する

    vVol データストアで vSphere 6.5 を使用している場合、レプリケーション構成データをインポートまたはエクスポートすると、次のエラーで操作が失敗します。

    レプリケーションを構成できません:一般的なシステム エラーが発生しました:無効な障害

    回避策 1:vSAN、VMFS、NFS など、別のタイプのデータストアを使用します。
    回避策 2:vSphere 6.7 にアップデートするか、vSphere 7.0 にアップグレードします。

  • ネットワークの暗号化とネットワーク トラフィックの分離機能の両方を使用するようにレプリケーションを構成すると、レプリケーションの状態が [無効] に変更される

    ネットワークの暗号化とネットワーク トラフィックの分離機能の両方を使用するようにレプリケーションを構成すると、レプリケーションの状態が [無効] に変更されます。たとえば、暗号化された仮想マシンのレプリケーションでネットワーク トラフィックの分離を使用すると、ネットワークの暗号化がオプションではなくなります。

    回避策:今後の vSphere Replication リリースで両機能を完全に使用できるようになるまでは、ネットワーク暗号化とトラフィック分離の機能は部分的にのみ組み合わせて利用できます。たとえば、ソース ホストの VMkernel ネットワーク アダプタの設定に移動し、vSphere Replication タグを無効に切り替えると、レプリケーションの状態が [OK] に変更され、ソース サイトからの送信トラフィックの分離のみが無効になります。

  • レプリケーションを行うソース仮想マシンが ESXi 6.7 または ESXi 6.7 Update 1 で実行されている場合、初期の同期または完全同期の進行が、完了前に停止することがある

    ソース仮想マシンが ESXi 6.7 または ESXi 6.7 Update 1 で実行されている場合、レプリケーションの同期は進行した状態を維持しますが、レプリケーションの詳細情報内のチェックサムのバイト値は進行しません。パワーオフ、スナップショットの作成、スナップショットまで戻す、移行などの処理は、タイムアウトになるか、「タスクが進行中です」というエラーとともに失敗します。

    回避策: 

    1.ESXi の詳細設定で、HBR.ChecksumUseChecksumInfo = 0 と設定して、vSphere Replication のチェックサムを無効にします。

    2.すべての仮想マシンを移行し、ESXi ホストに移行できなかった仮想マシンをパワーオフします。

    3.ホストをメンテナンス モードにします。

    4.ESXi ホストを再起動します。

    この手順により、同期プロセスのチェックサム部分は無効となり、割り当て済みのすべてのブロックは、異なるかどうかにかかわらず、リモート サイトに送信されます。また、シードを使用することもできません。

  • レプリケーションを行うソース仮想マシンが ESXi 6.7 または 6.7 Update 1 で実行されている場合、レプリケーションの同期は進行しているように見えるが、レプリケーションのインスタンスが正常に完了しない

    ESXi 6.7 および 6.7 Update 1 では、実際に送信可能な数よりも多くの要求ログのチャンクがパラレル転送用にスケジューリングされることがあります。このようなホストで実行されている仮想マシンのレプリケーションを行う際に、ターゲット ホストの遅延やネットワークの一時エラーが同時に発生する場合、これによりレプリケーションは、「DiskQueue がいっぱいです」というエラーとともに失敗します。

    回避策:

    1. すべての仮想マシンを別の ESXi ホストに移動します。
    2. ESXi の詳細設定で HBR.DemandlogTransferMaxNetwork の値を編集し、デフォルトの 64 から 63 に変更します。
    3. ESXi ホストをメンテナンス モードにします。
    4. ESXi ホストを再起動します。
  • Mozilla Firefox ブラウザを使用して、vSphere ユーザー インターフェイスで複製された仮想マシンを右クリックし、[レプリケーションの再構成] を選択すると、Site Recovery ユーザー インターフェイスのポップアップ ウィンドウがブロックされ、通知が表示されない

    デフォルトで、Site Recovery ユーザー インターフェイスは新しいタブで開きます。Mozilla Firefox ブラウザを使用して、vSphere ユーザー インターフェイスで複製された仮想マシンを右クリックし、[レプリケーションの再構成] を選択すると、Site Recovery ユーザー インターフェイスのポップアップ ウィンドウがブロックされ、通知は表示されません。

    回避策:Mozilla Firefox の [オプション] メニューで、[コンテンツ] タブを選択し、ポップアップ例外リストに vCenter Server の URL を追加します。 

  • Site Recovery のユーザー インターフェイスが使用不能になり、「403 - OK」エラー メッセージが次々と表示される

    Site Recovery のユーザー インターフェイスにデータが表示されず、「403 - Ok」エラーが表示されます。

    回避策:

    1.Site Recovery ユーザー インターフェイスからログアウトして、再度ログインします。

    2.ブラウザの [前回のセッションの復元] チェックボックスを無効にします。Chrome の場合は、[前回開いていたページを開く] オプションを無効にします。

  • vVol のターゲット データストアでシードを使用するレプリケーションの構成には成功するが、レプリケーションが Error 状態になる

    レプリケーションでスナップショットを含む仮想マシンをシードとして使用するように構成すると、構成操作は成功しますが、レプリケーションは Initial Full Sync の最後で Error 状態になります。エラーに関する説明が似ている問題が表示されます。
    "A replication error occurred at the vSphere Replication Server for replication 'vmname'.Details: 'Error for (datastoreUUID: "vvol:9148a6192d0349de-94149524b5f52bc4"), (diskId: "RDID-fd3ed4de-2356-43c7-a0e2-7bc07a7da012"), (hostId: "host-33"), (pathname: "vmname/vmname.vmdk"), (flags: retriable): Class: NFC Code: 10; NFC error: NFC_DISKLIB_ERROR (Input/output error); Set error flag: retriable; Can't write (multiEx) to remote disk; Can't write (multi) to remote disk'."

    回避策:シードの仮想マシンからスナップショットを削除します。

  • 完全同期中に vSphere Replication が次のエラーで失敗する:vSphere Replication Server でレプリケーション エラーが発生しました

    完全同期中に、次のエラーが発生して vSphere Replication が失敗することがあります。
    A replication error occurred at the vSphere Replication Server for replication <group_name>.Details: 'Error for (datastoreUUID: "..."), (diskId: "..."), (hostId: "..."), (pathname: "..."), (flags: retriable, pick-new-host, nfc-no-memory): Class: NFC Code: 5; NFC error: NFC_NO_MEMORY; Set error flag: nfc-no-memory; Code set to: Host unable to process request.; Set error flag: retriable; Set error flag: pick-new-host; Can't write (single) to remote disk'.

    通常、このエラーは一時的なものであり、しばらくすると操作は成功します。

  • vCenter Server の SSL 証明書を置き換えると、vSphere Replication で証明書検証エラーが発生する。

    vCenter Server システムの SSL 証明書を置き換えると、vSphere Replication が vCenter Server への接続を試みるときに接続エラーが発生します。

    回避策:vCenter Server 証明書の更新方法、および vSphere Replication などのソリューションが機能し続けるようにするための方法の詳細については、http://kb.vmware.com/kb/2109074 を参照してください。

  • データ同期が失敗してソース vSphere Replication Management Server のログ ファイルにエラー DeltaAbortedException が記述される

    データ同期中にご使用の環境で接続の問題が発生した場合、以下の問題が発生していることがあります。

    • レプリケーション グループの同期が失敗して、ソース サイトの vSphere Replication Management Server の hms<n>.log ファイルに次のエラー メッセージが記述されます:
      DeltaAbortedException
    • Site Recovery Manager ではレプリケーション グループ同期が以下のエラー メッセージで失敗します。
      VRM グループ <group_name> の VR 同期が失敗しました。vSphere Replication Management Server で一般エラーが発生しました。例外の詳細:'com.vmware.hms.replication.sync.DeltaAbortedException'

    回避策:環境内の接続の問題を解決してから処理を続けます。

  • 最新の同期からの累積差分が大量にある場合に複数のレプリケーションを同時にリカバリすると、「最新の変更の同期」を行うフェイルオーバーが SocketTimeoutException で失敗する

    同じネットワークに大量のレプリケーション トラフィックがあると、vSphere Replication Management Server で、予定されている応答が vCenter リバース プロキシを介して受信されない可能性があります。一部のレプリケーション管理または監視操作が次のエラー メッセージで失敗する場合があります。
    'com.vmware.vim.vmomi.client.exception.ConnectionException:java.net.SocketTimeoutException:読み込みのタイムアウト'

    回避策:vCenter と vSphere Replication Management Server 間の管理通信が大量のレプリケーション トラフィックの影響を受けないように、vSphere Replication トラフィックのネットワーク トラフィック分離を構成します。「vSphere Replication のネットワーク トラフィックの分離」を参照してください。

  • ターゲット フォルダにある仮想マシンがリカバリ中に上書きされる

    レプリケートされた仮想マシンと同じ名前の登録済み仮想マシンがターゲット フォルダにある場合、その登録済み仮想マシンはリカバリ中に上書きされます。リカバリ ウィザードを開始すると、vSphere Replication によってターゲット フォルダがチェックされ、上書き操作を確認するためのダイアログ ボックスが表示されます。稀に、ターゲット チェックの完了後、ウィザードがまだ開いたままの状態のときに、仮想マシンがターゲット フォルダに登録されることがあります。このような場合、ターゲット フォルダにコピーされた仮想マシンは、通知されることなく上書きされます。

    回避策:なし。

  • ターゲット サイトで vSphere Replication サーバの IP アドレスを変更すると、レプリケーションのステータスが [無効 (RPO 違反)] になる

    ターゲット サイトで vSphere Replication サーバの IP アドレスを変更すると、このサイトへのすべてのレプリケーションのステータスが [無効 (RPO 違反)] になります。この問題は、IP アドレスが変更されたときに、ソース サイトのレプリケーションが自動的に再構成されていないことが原因で発生します。

    回避策:ターゲット vSphere Replication サーバの新しい IP アドレスがソース ホストで使用されるように、すべてのレプリケーションを再構成します。

  • 初期完全同期中に一時的にエラー状態になる

    初期同期中に、同期の状態が一時的に [エラー] に変わってから正常に戻るということが複数回繰り返される場合があります。このエラー状態は、ターゲット サイトのリソース不足を示している可能性があります。同期操作の IO ワークロードがターゲット ホストで処理できる負荷よりも高い場合、レプリケーションの状態が [エラー] に変わります。IO ワークロードが減少すると、エラーが表示されなくなります。

    回避策:レプリケーション ソース仮想マシンが実行されている各 ESXi ホスト上の HBR.TransferMaxContExtents と呼ばれるホスト構成オプションの値を減らします。デフォルト値は 8 です。この値を小さくすると、1 回の同期更新中に送信されるデータ ブロック サイズは減少しますが、初期完全同期の期間は長くなります。初期完全同期が完了したら、最大限の RPO パフォーマンスを得られるように値をデフォルト(8)に戻します。差分同期中に一時的なエラーが継続的に表示される場合、変更された多くのブロックが各差分同期で転送されていて、ターゲット サイトのホストが IO ワークロードに対応できていない可能性があります。このような場合は、HBR.TransferMaxContExtents 構成オプションの値を低くします。
    または、セカンダリ サイトにホストを追加することもできます。

  • VRM 管理者ロールまたは VRM 仮想マシン レプリケーション ロールが割り当てられているユーザーがレプリケーションの構成ウィザードにアクセスできない

    事前定義済みの VRM 管理者ロールまたは VRM 仮想マシン レプリケーション ロールが割り当てられているユーザーが Site Recovery のユーザー インターフェイスにログインし、レプリケーションを構成しようとしても、レプリケーションの構成ウィザードが起動しません。

    回避策:デフォルト ロールのクローンを作成し、プロファイル駆動型ストレージ -> プロファイル駆動型ストレージ ビュー権限を追加して、クローン作成されたロールをユーザーに割り当てます。

  • ゲスト OS で静止がサポートされていても、パワーオフされたレプリケーション ソース仮想マシンのレプリケーションの構成ウィザードで、静止を有効にするオプションが無効になっている

    Linux ソースと Windows ソースのどちらの場合も、[静止を有効にする] オプションは、ゲスト OS の情報に基づいて有効になります。仮想マシンが一度もパワーオンされていない場合、ゲスト OS の情報を使用できないため、ESXi ホストで常に、静止がサポートされていないことが報告されます。

    回避策:レプリケーションを構成する前に、レプリケーション ソース仮想マシンが少なくとも 1 回はパワーオンされていることを確認します。

  • vCenter Server 証明書の変更後、vSphere Replication サービスがアクセス不能になる

    vCenter Server 証明書を変更すると、vSphere Replication にはアクセス不能になります。

    回避策:「vCenter Server 証明書の変更後、vSphere Replication がアクセス不能になる」を参照してください。

  • リカバリに失敗すると vSphere Replication Management Server (VRMS) がターゲットの vCenter Server の部分的にリカバリした仮想マシンをリークすることがある

    リカバリ中にリカバリした仮想マシンをターゲットの vCenter Server に登録した直後に、VRMS が停止することがまれにあります。レプリケーションの詳細パネルに VRM Server was unable to complete the operation. という最新のリカバリ エラーが表示されます。VRMS を再起動すると、部分的にリカバリした仮想マシンのファイルがクリーンアップされます。ターゲットの vCenter Server から仮想マシンを登録解除できないこともあります。以降のリカバリでは、選択した仮想マシン フォルダにすでに同じ名前のエンティティが含まれているというエラーがリカバリ ウィザードに表示されます。

    回避策:仮想マシンをターゲットの vCenter Server から手動で削除しますが、ディスクはレプリカのプレースホルダ ファイルを参照したままにします。

  • 複数の仮想マシンのレプリケーション中に、vSphere Replication サーバはこれ以上 VRMS 接続を受け入れないが、仮想マシンのレプリケートは続行するという状態になることがある

    回避策:vSphere Replication サーバを再起動します。

  • vSphere Replication 操作が未認証エラーにより失敗する

    あるサイトで仮想マシン上の vSphere Replication の構成などの操作を開始してから、別のサイトで vCenter Server と vSphere Replication アプライアンスを再起動した場合、vSphere Replication 操作がエラー「VRM サーバの一般エラー。」で失敗する可能性があります。このドキュメントでトラブルシューティング情報があるかどうかをチェックしてください。詳細な例外は:「com.vmware.vim.binding.vim.fault.NotAuthenticated」です。この問題は、vSphere Replication サーバのキャッシュ内に、vCenter Server と vSphere Replication アプライアンスを再起動する前の接続セッションが保持されることが原因で発生します。

    回避策:vSphere Web Client からログアウトして再度ログインすることで、vSphere Replication の接続キャッシュをクリアします。

  • vSphere Replication Management Server の操作がエラー「...UnmarshallException」で失敗する

    vSphere Replication Management Server の負荷が重い場合、または一時的なネットワーク エラーが発生した場合、通信レイヤーのエラーが原因で操作が UnmarshallException により失敗する可能性があります。

    回避策:失敗した操作を再度実行してください。

  • アップデートのインストール時に VAMI が応答しない場合がある

    vSphere Replication をアップグレードするときに、VAMI が応答しないため、アップデートが正常にインストールされた後でも「アップデートのインストール中」というステータス メッセージが表示されたままになる場合があります。

    回避策:ブラウザで VAMI UI を更新するか、新しいタブで開きます。

  • vSphere Replication でリカバリされた仮想マシンが vCenter Server でパワーオンしない

    仮想マシンでのリカバリの実行に vSphere Replication を使用した場合、失敗してレプリケーションのステータスが「リカバリ済み」以外になります。仮想マシンは vCenter インベントリで登録されていますが、それをパワーオンしようとすると、次のエラー メッセージで失敗します:「ファイル [datastorename] path/vmname.vmx が見つかりませんでした。」vSphere Replication リカバリ ワークフローの一部としての仮想マシンの登録が vCenter Server で成功しても、一時的なネットワーク エラーによって応答が vSphere Replication Management Server に到達しない可能性があります。vSphere Replication によってレプリケーション イメージが戻され、仮想マシンの登録エラーが原因でリカバリ タスクが失敗したことが報告されます。別のリカバリを開始した場合、失敗して同じ名前の仮想マシンがすでに vCenter Server に登録されていることを示すメッセージが表示されます。

    回避策:部分的にリカバリされた仮想マシンを vCenter Server インベントリから削除します。ファイルをディスクから削除しないでください。リカバリを再度実行します。

  • レプリケーション トラフィックの量が多いと vSphere Replication の操作に失敗する

    vSphere Replication の操作が java.net.UnknownHostException のエラーで失敗することがあります。これらのエラーは、ネットワークの輻輳のために DNS 要求がドロップされることが原因で発生します。

    回避策:vSphere Replication アプライアンスにトラフィック シェーピング、サービス品質、または DNS を構成することによって、管理トラフィックがドロップしないようにネットワークを構成します。解決方法の 1 つに、vSphere Replication アプライアンスのネットワーク アドレス キャッシュのポリシーを修正することが考えられます。

    1. vSphere Replication アプライアンスに root としてログインします。
    2. エディタでファイル /usr/java/jre-vmware/lib/security/java.security を開きます。
    3. networkaddress.cache.ttl の行のコメントを解除し、その値を 86,400 秒(24 時間)以上、または初期完全同期が完了するのに必要な最長時間に設定します。
    4. ファイルを保存し、vSphere Replication アプライアンスを再起動します。
    5. 残りのすべての vSphere Replication アプライアンスに対して同じ手順を繰り返します。
vCenter Server へのレプリケーション
  • NEW:新しく登録された仮想マシンへのレプリケーションを構成すると、エラーで失敗する

    フェイルオーバーを正常に実行した後に、リカバリされた仮想マシンを削除して、その後再登録した場合、この仮想マシンのレプリケーションを構成しようとすると、次のエラーが発生してプロセスは失敗します。

    仮想マシン「<VM_ID>」は、別のレプリケーション グループで最適化された再保護モードでリカバリされています。仮想マシンに新しいレプリケーションを構成するには、まずリカバリされた既存のレプリケーションを削除する必要があります。

    回避策:この仮想マシンで vSphere Replication を無効にします。https://kb.vmware.com/s/article/2106946 を参照してください。

  • アクティブなレプリケーションで暗号化されていないソース仮想マシンを暗号化することができない

    アクティブなレプリケーション構成で暗号化されていない仮想マシンを暗号化すると、暗号化が失敗します。 

    回避策:暗号化されていない仮想マシンをリカバリし、暗号化されたシード ディスクを使用して新しいレプリケーションを構成します。

    1.  リモート サイトの仮想マシンをリカバリします。仮想マシンはパワーオンしないでください。
    2.  ソース仮想マシンのレプリケーションを削除します。
    3.  ターゲット サイトの仮想マシンの設定を編集し、仮想マシンのストレージ ポリシーを仮想マシン暗号化ポリシーに変更します。
    4.  ソース サイトのソース仮想マシンの設定を編集し、仮想マシンのストレージ ポリシーを仮想マシン暗号化ポリシーに変更します。
    5.ターゲット サイトの復旧した仮想マシンの登録を解除します。ただし、ディスクを削除しないでください。
    6.  新しいレプリケーションを構成し、ターゲット サイトのリカバリされた仮想マシンのディスクをシードとして選択します。

  • 新しい vSAN ストレージ ポリシーを複数の仮想マシン ディスクに割り当てるようにレプリケーションを再構成すると、ターゲット サイトのレプリカにポリシーが適用されない

    vSAN ストレージ ポリシーは、レプリケーションを最初に構成またはリカバリしたときに、リカバリ サイトのレプリカに適用されます。新しいストレージ ポリシーを使用してレプリケーションを再構成しても、変更はペア サイトに自動的に反映されません。

    回避策:

    1. 再構成したレプリケーションで仮想マシンをリカバリします。
    2. vSphere Client を使用して、リカバリした仮想マシンのストレージ ポリシーを新しいポリシーに変更します。
    3. リカバリした仮想マシンを vCenter Server インベントリから登録解除します。
    4. シードと新しいストレージ ポリシーを使用して、レプリケーションを再度構成します。
  • Storage DRS クラスタがレプリケーションのターゲットとして選択されている場合は、レプリケーションの再構成に失敗する

    レプリケーションを再構成して、レプリケーションを Storage DRS クラスタからデータストアに移動しようとすると、再構成に失敗します。

    回避策:レプリケーションを削除して、目的のデータストアに対する新しいレプリケーションを構成します。

  • カスタム定義されたユーザーおよびロールを vSphere Replication で使用できない

    両方のサイトで必要なすべての VRM 権限がカスタム ユーザーに割り当てられていても、そのカスタム ユーザーを使用してレプリケーションを構成することはできません。レプリケーションの構成ウィザードの [ターゲットの場所] ページに「この操作の実行権限が拒否されました」というエラー メッセージが表示されます。

    回避策:なし。すべての vSphere Replication 操作は、両方のサイトで、SSO 管理者ユーザーを使用して実行する必要があります。

  • 複数の特定時点でのインスタンスを有効にしてリカバリされた仮想マシンは、以前のスナップショットに戻してから再度最新のスナップショットに戻すと、最新のスナップショットに接続されたディスクが失われる場合がある

    特定の時点のインスタンスを有効にした仮想マシンをリカバリして未解決のディスクを接続した場合、ディスクは最新のスナップショットに接続されます。以前のスナップショットに戻してから最新のスナップショットに戻すと、接続されたディスクは使用できなくなります。

    回避策:仮想マシンの設定を編集して、必要なディスクを既存のハード ディスクとして追加します。

  • ディスクがレプリケーションから除外されている場合でも、物理モードの RDM ディスクのある仮想マシンを構成できない

    物理モードの仮想マシンのレプリケーションを構成すると、次のエラーが表示される場合があります:

    VRM サーバの一般エラー。このドキュメントでトラブルシューティング情報があるかどうかをチェックしてください。 
    詳細な例外は:HMS が仮想マシンのディスクのディスク UUID を設定できません:MoRef: 
    type = VirtualMachine, value = 
       
          
           
        , serverGuid = null'.
       
          

    回避策:なし。

  • vSphere Replication 8.3 で仮想マシンをリカバリすると、リカバリした仮想マシンのパワーオンが失敗する

    レプリケートされた仮想マシンが分散仮想スイッチに接続されていて、自動化された DRS クラスタでリカバリを実行しようとすると、リカバリ操作は成功しますが、処理後の仮想マシンのパワーオンができなくなります。

    回避策:復旧した仮想マシン設定を編集して、適切なネットワークに接続します。

  • vSphere Replication サーバの追加登録に時間がかかる

    vCenter Server が数百台の ESXi Server ホストを管理する場合は、vSphere Replication アプライアンスを使用して vSphere Replication サーバを追加登録すると数分かかります。
    これは、vSphere Replication サーバをすべての ESXi Server ホストに登録する必要があるからです。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon