ストレージ ポリシー保護グループ (SPPG) を通常のアレイベース レプリケーション保護グループに移行する前に、保護グループにエラーがないか確認する必要があります。

手順

  1. Site Recovery Manager アプライアンス ホスト仮想マシンに root としてログインします。
  2. /opt/vmware/srm/bin に移動し、次のコマンドを実行します。
    1. (オプション) 内部 vCenter Server を使用する Platform Services Controller インスタンスの場合は、次のコマンドを実行します。./migrate-sppg -cmd check -vc FQDN_of_the_vCenter_Server -srm FQDN_of_Site_Recovery_Manager
    2. (オプション) 内部 Platform Services Controller と指定されたユーザーを使用する vCenter Server インスタンスの場合は、次のコマンドを実行します。./migrate-sppg -cmd check -vc FQDN_of_the_vCenter_Server -srm FQDN_of_Site_Recovery_Manager -u user_name@vsphere.local
    3. (オプション) 外部 vCenter Server を使用する Platform Services Controller インスタンスの場合は、次のコマンドを実行します。./migrate-sppg -cmd check -vc FQDN_of_the_vCenter_Server -psc FQDN_of_Platform_Services_Controller -srm FQDN_of_Site_Recovery_Manager
  3. 証明書の SHA2 サムプリントを受け入れ、必要な認証情報を指定します。

結果

ストレージ ポリシー保護グループの移行ツールは、保護グループにエラーがないか確認します。移行を続行する前に、エラーと警告を修正する必要があります。

次のタスク

ストレージ ポリシー保護グループを通常のアレイベース レプリケーション保護グループに移行します。