Automation PipelinesVMware Aria Automation Orchestrator (Orchestrator) と統合すると、Orchestrator ワークフローを実行してその機能を拡張できます。VMware Aria Automation Orchestrator には、サードパーティ製ツールと統合できる事前定義済みのワークフローが多数含まれています。これらのワークフローは、DevOps プロセスの自動化と管理、一括操作の自動化などに役立ちます。

たとえば、パイプラインで Orchestrator タスクのワークフローを使用すると、ユーザーを有効にし、ユーザーを削除し、仮想マシンを移動できます。さらに、テスト フレームワークと統合してパイプラインの実行時にコードをテストするなど、さまざまなことができます。code.vmware.com では、VMware Aria Automation Orchestrator ワークフローのコード例を参照できます。

パイプラインで VMware Aria Automation Orchestrator ワークフローを使用すると、アプリケーションをビルド、テスト、および展開するときにアクションを実行できます。定義済みのワークフローをパイプラインに含めることも、カスタム ワークフローを作成して使用することもできます。ワークフローごとに入力、タスク、出力があります。

パイプラインで Orchestrator ワークフローを実行するには、パイプラインに含めた Orchestrator タスクで使用できるワークフローのリストに、そのワークフローが表示されている必要があります。

そのワークフローがパイプラインの Orchestrator タスクに表示されるようにするには、管理者が VMware Aria Automation Orchestrator で次の手順を実行する必要があります。

  1. PIPELINES タグを Orchestrator ワークフローに適用します。
  2. Orchestrator ワークフローをグローバルとしてマークします。

前提条件

  • VMware Aria Automation Orchestrator のオンプレミス インスタンスに管理者としてアクセスできることを確認します。詳細については、管理者に問い合わせるか、vRealize Orchestrator ドキュメントを参照してください。
  • Automation Pipelines で、プロジェクトのメンバーであることを確認します。メンバーでない場合は、プロジェクトにメンバーとして追加するように Automation Pipelines 管理者に依頼します。Automation Pipelinesでプロジェクトを追加する方法を参照してください。
  • Automation Pipelines で、パイプラインを作成し、ステージを追加します。

手順

  1. 管理者として、パイプラインで実行する VMware Aria Automation Orchestrator ワークフローを準備します。
    1. VMware Aria Automation Orchestrator で、ユーザーを有効にするためのワークフローなど、パイプラインで使用する必要があるワークフローを検索します。
      必要なワークフローがどこにもない場合には作成できます。
    2. 検索バーに「タグ ワークフロー」と入力し、タグ ワークフロー という名前のワークフローを検索します。
    3. タグ ワークフロー という名前のカード上で [実行] をクリックすると、設定領域が表示されます。
    4. タグ付けされたワークフロー テキスト領域で、Automation Pipelines パイプラインで使用するワークフローの名前を入力し、そのワークフローをリストから選択します。
    5. タグ および のテキスト領域に、PIPELINES と大文字で入力します。
    6. [グローバル タグ] という名前のチェック ボックスをクリックします。
    7. [実行] をクリックします。これにより、Automation Pipelines パイプラインで選択する必要があるワークフローに PIPELINES という名前のタグが付けられます。
    8. ナビゲーション ペインで [ワークフロー] をクリックし、パイプラインで実行されるワークフロー カードに PIPELINES という名前のタグが表示されることを確認します。
      Automation Pipelines にログインして、パイプラインに Orchestrator タスクを追加すると、タグ付けされたワークフローがワークフロー リストに表示されます。
  2. Automation Pipelines で、VMware Aria Automation Orchestrator インスタンスのエンドポイントを作成します。
    1. [エンドポイント] > [新規エンドポイント] の順にクリックします。
    2. プロジェクトを選択します。
    3. 適切な名前を入力します。
    4. VMware Aria Automation Orchestrator エンドポイントの URL を入力します。
      次の形式を使用します。 https://orchestrator-appliance.yourdomain.local:8281
      次の形式は使用しないでください。https://orchestrator-appliance.yourdomain.local:8281/vco/api
      VMware Aria Automation アプライアンスに組み込まれている VMware Aria Automation Orchestrator インスタンスの URL は、アプライアンスの FQDN であり、ポートを含みません。例: https://automation-appliance.yourdomain.local/vco
      VMware Aria Automation 8.x 以降の外部 VMware Aria Automation Orchestrator アプライアンスの場合、アプライアンスの FQDN は次のとおりです。 https://orchestrator-appliance.yourdomain.local
      VMware Aria Automation 7.x の外部 VMware Aria Automation Orchestrator アプライアンスの場合、アプライアンスの FQDN は次のとおりです。 https://orchestrator-appliance.yourdomain.local:8281/vco
      エンドポイントの追加時に問題が発生した場合は、必要に応じて、SHA-256 証明書フィンガープリントからコロンを削除して YAML 構成をインポートします。たとえば、 B0:01:A2:72...B001A272... になります。サンプル YAML コードは次のようになります。
      ```
      ---
      project: Demo
      kind: ENDPOINT
      name: external-orchestrator
      description: ''
      type: orchestrator
      properties:
        url: https://yourVROhost.yourdomain.local
        username: yourusername
        password: yourpassword
        fingerprint: <your_fingerprint>
      ```
    5. 入力した URL に証明書が必要な場合は、[証明書を承諾] をクリックします。
    6. VMware Aria Automation Orchestrator エンドポイントがバージョン 8.0 ~ 8.7 の場合は、認証タイプに [基本認証] または [トークン] を選択できます。VMware Aria Automation Orchestrator エンドポイントのバージョンが 8.8 以降の場合は、認証タイプに [トークン] を選択する必要があります。
      注: VMware Aria Automation Orchestrator エンドポイントがバージョン 8.8 以降の場合は、 [基本認証] を選択しないでください。基本認証はサポートされていないため、エンドポイントの作成は失敗します。
      • [基本認証] を選択した場合は、VMware Aria Automation Orchestrator サーバのユーザー名とパスワードを入力します。

        認証に非ローカル ユーザーを使用している場合は、ユーザー名のドメイン部分を省略する必要があります。たとえば、svc_vro@yourdomain.local を認証するには、[ユーザー名] テキスト領域に svc_vro と入力する必要があります。

      • 認証タイプに [トークン] を選択した場合は、プライベート トークンを生成します。
        VMware Cloud Services API トークンは、 Automation Pipelines との外部 API 接続の際にユーザーを認証します。API トークンを取得するには、次の手順を実行します。
        1. [トークンの生成] をクリックします。
        2. ユーザー名とパスワードに関連付けられているメール アドレスを入力し、[生成] をクリックします。
          生成するトークンは 6 か月有効です。これは更新トークンとも呼ばれます。
          • 後で使用するためにトークンを変数として保持するには、[変数の作成] をクリックし、変数の名前を入力して [保存] をクリックします。
          • 後で使用するためにトークンをテキスト値で保持するには、[コピー] をクリックし、トークンをテキスト ファイルに貼り付けてローカルに保存します。
          後で使用するために、変数の作成とテキスト ファイルによるトークンの保存の両方を選択することもできます。
        3. [閉じる] をクリックします。
  3. パイプラインで Orchestrator タスクを実行する準備をします。
    1. Orchestrator タスクをパイプライン ステージに追加します。
    2. 適切な名前を入力します。
    3. [ワークフロー プロパティ] 領域で、VMware Aria Automation Orchestrator エンドポイントを選択します。
    4. VMware Aria Automation OrchestratorPIPELINES としてタグ付けしたワークフローを選択します。
      作成したカスタム ワークフローを選択した場合は、入力パラメータ値の入力が必要になることがあります。
    5. [タスクの実行][条件に基づく] をクリックします。
      VMware Aria Automation Orchestrator タスクに条件を適用する必要がある場合は、条件 領域で入力します。
    6. パイプラインの実行時に適用する条件を入力します。
      パイプラインを実行するタイミング 条件の選択
      条件に基づく

      定義した条件が true に評価される場合にのみ、パイプライン タスクを実行します。条件が false の場合、タスクはスキップされます。

      Orchestrator タスクには、ブール式を含めることができます。次のオペランドと演算子を使用できます。

      • ${pipeline.variableName} などのパイプライン変数。変数を入力するときは、中括弧のみを使用します。
      • ${Stage1.task1.machines[0].value.hostIp[0]} などのタスク出力変数。
      • ${releasePipelineName} などのデフォルトのパイプライン バインド変数。
      • truefalse'true''false' などの大文字と小文字を区別しないブール値。
      • 引用符を含めない整数値または 10 進数値。
      • "test"'test' など一重引用符または二重引用符で囲んだ文字列値。
      • == Equals!= Not Equals など文字列タイプおよび数値タイプの値。
      • >>=<<= などの関係演算子。
      • &&|| などのブール論理。
      • +-*/ などの算術演算子。
      • 丸括弧でネストされた式。
      • リテラル値 ABCD を含む文字列は false に評価され、タスクはスキップされます。
      • 単項演算子はサポートされていません。

      たとえば、${Stage1.task1.output} == “Passed” || ${pipeline.variableName} == 39 のような条件があります。

      常時 [常時] を選択した場合、パイプラインは条件なしでタスクを実行します。
    7. あいさつのメッセージを入力します。
    8. [タスクの検証] をクリックし、発生したエラーを修正します。
  4. パイプラインを保存し、有効にして実行します。
  5. パイプラインの実行後、結果を確認します。
    1. [実行] をクリックします。
    2. パイプラインをクリックします。
    3. タスクをクリックします。
    4. 結果、入力値、およびプロパティを確認します。
      ワークフロー実行 ID、誰がいつタスクに応答したか、また、応答にコメントを含めたかを把握できます。

結果

完了です。Automation Pipelines で使用する VMware Aria Automation Orchestrator ワークフローにタグを付け、Automation Pipelines パイプラインに Orchestrator タスクを追加しました。DevOps 環境でのアクションを自動化するワークフローがパイプラインで実行されるようになります。

例: Orchestrator タスクの出力形式

Orchestrator タスクの出力形式は、この例のようになります。

[{
                "name": "result",
                "type": "STRING",
                "description": "Result of workflow run.",
                "value": ""
},
{
                "name": "message",
                "type": "STRING",
                "description": "Message",
                "value": ""
}]

次のタスク

引き続きパイプラインに Orchestrator ワークフロー タスクを含めて、開発環境、テスト環境、および本番環境でタスクを自動化できるようにします。