Carbon Black Cloud コンソールから API キーを生成し、生成された API キーを使用して、vCenter Server に展開された Carbon Black Cloud コンソールと Carbon Black Cloud Workload アプライアンス の間の接続を確立する必要があります。vCenter Server ごとに 1 台のアプライアンスを構成できます。組織に対して複数のアプライアンスを構成できます。複数のアプライアンスを設定している場合、各アプライアンスに個別の API キーを生成します。

アプライアンスを展開したら、事前定義されたカスタム アクセス レベルを使用して、そのアプライアンスの API キーを生成します。同じカスタム アクセス レベルを使用して、組織に複数のアプライアンスを構成できます。

前提条件

  • vCenter ServerCarbon Black Cloud Workload アプライアンス を展開しました。vCenter Server でのアプライアンスの展開方法については、ステップ 1A: Carbon Black Cloud Workload アプライアンス を vCenter Server に展開する を参照してください。
  • 組織内のアプライアンスには、CWP Appliance カスタム アクセス レベルを使用します。アプライアンスに事前定義されたカスタム アクセス レベルは、必要なすべての権限を保持します。

手順

  1. Carbon Black Cloud コンソールにログインします。
  2. 左側のナビゲーション ペインで、[設定] > [API アクセス] 画面に移動します。
  3. [API キー] タブを選択し、[API キーを追加] をクリックします。
    [API キーを追加] ウィンドウが表示されます。 キーに名前を付け、カスタム アクセス レベルを定義することができる [API キーを追加] 画面。
  4. アプライアンス API キーの名前を入力します。名前は Carbon Black Cloud 組織において一意である必要があります。
  5. [アクセス レベル タイプ] ドロップダウン メニューから [カスタム] を選択します。
  6. [カスタム アクセス レベル] ドロップダウン メニューから、アプライアンスの CWP Appliance カスタム アクセス レベルを見つけて選択します。
  7. [保存] をクリックします。
    Carbon Black Cloud コンソールは、API ID と API プライベート キーを生成します。

    Carbon Black Cloud コンソールで生成された API 認証情報と、認証情報をコピーするための使用可能なアイコンの図。

  8. 両方のキーをコピーします。

    後でこれらのキーを使用して、アプライアンスと Carbon Black Cloud コンソールの間の接続を確立します。

    注: アプライアンスごとに使用できる API ID とプライベート キーは 1 つだけです。アプライアンスに生成された API ID とプライベート キーを使用すると、他のアプライアンスに同じ API ID とプライベート キーを使用できなくなります。

次のタスク

キーを使用して Carbon Black Cloud Workload アプライアンスCarbon Black Cloud コンソールの間の接続を確立します。

後でキーを表示してコピーする場合は、次の手順を実行します。
  1. [設定] > [API アクセス] > [API キー] タブに移動します。
  2. 前に作成したアプライアンス API 名に移動し、編集アイコンの横にある下矢印をクリックします。

    生成された API 認証情報を取得するための画面と、認証情報をコピーするための使用可能なアイコン。

  3. [API の認証情報] をクリックします。

    [API の認証情報] ダイアログ ボックスが表示されます。キーをコピーします。