ネットワーク セグメントは、SDDC コンピューティング ネットワークのワークロード仮想マシンによって使用される論理ネットワークです。

VMware Cloud on AWS は、3 種類のネットワーク セグメント(ルーティング、拡張、および切断)をサポートしています。
  • ルーティング ネットワーク セグメント(デフォルト タイプ)は、SDDC 内の他の論理ネットワークと接続したり、SDDC ファイアウォールを介して外部ネットワークに接続したりします。
  • 拡張ネットワーク セグメントは、既存の L2VPN トンネルを拡張し、SDDC とオンプレミス ネットワークにまたがる単一の IP アドレス空間を提供します。
  • 切断されたネットワーク セグメントには、アップリンクがありません。接続されている仮想マシンのみがアクセスできる、分離されたネットワークが提供されます。切断されたセグメントは、HCX で必要になると作成されます(Getting started with VMware HCXを参照)。自分で作成したり、他のセグメント タイプに変換したりすることもできます。

SDDC あたりのセグメント数の制限、およびセグメントあたりのネットワーク接続数の制限については、VMware Configuration Maximumsを参照してください。

単一ホスト スタータ SDDC が、sddc-cgw-network-1 という名前の単一ルーティング ネットワーク セグメントを使用して作成されます。マルチホスト SDDC はデフォルトのネットワーク セグメントなしで作成されるため、ワークロード仮想マシン用に少なくとも 1 つ作成する必要があります。セグメントを作成する場合は、まず、いくつかの基本的なパラメータを構成し、そのセグメントで DHCP 要求を処理する方法を指定します。セグメントが作成された後、さらにオプションの手順を実行して、セグメント プロファイルの指定と DHCP の静的バインドの作成を行うことができます。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [セグメント] の順にクリックします。

    新しいセグメントを作成するには、[セグメントの追加] をクリックし、新しいセグメントの [名前] と、必要に応じて [説明] を入力します。

    セグメントを削除または変更するには、その アクション メニュー ボタンをクリックして、 [編集] を選択します。セグメント タイプを含む、すべてのセグメント プロパティを変更できます。また、セグメントの DHCP 構成を編集したり、削除したりすることもできます。
    重要: 仮想マシンまたは VIF が接続されている場合、任意のタイプのセグメントを無効にしたり、削除することはできません。セグメントを削除する前に、接続されている仮想マシンと VIF を切断します。
  3. [接続されたゲートウェイ] ドロップダウンでセグメント タイプを指定し、必要な構成パラメータを入力します。
    パラメータの要件は、セグメントのタイプによって異なります
    表 1. ルーティングされたセグメントの構成パラメータ
    パラメータ
    VPN トンネル ID ルーティングされたセグメント タイプまたは切断済みのセグメント タイプの場合はなし。
    サブネット

    セグメントの IPv4 CIDR ブロックを指定します。このブロックは、管理ネットワークと重複してはなりません。また、予約されたネットワーク アドレスに示されているどの CIDR ブロックとも、あるいは接続されている Amazon VPC のどのサブネットとも重複してはなりません。ブロックのいずれかの部分がパブリック IP アドレス空間にある場合は、IANA またはその他の地域のインターネット レジストリによって使用が割り当てられている必要があります。

    DHCP 構成の設定

    ルーティングされたセグメントでは、コンピューティング ゲートウェイの DHCP サーバがデフォルトで使用されます。セグメントを作成または更新するときは、DHCP リレーなどのセグメントごとの DHCP 構成を指定できます。セグメントの DHCP プロパティの構成を参照してください。

    ドメイン名 (オプション)完全修飾ドメイン名を入力します。セグメント上の静的バインドでは、このドメイン名が自動的に継承されます。
    タグ

    NSX-T オブジェクトのタギングについて詳しくは、『NSX-T Data Center 管理ガイド』のオブジェクトへのタグの追加を参照してください。

    表 2. 拡張セグメントの構成パラメータ
    パラメータ
    VPN トンネル ID 既存の L2VPN トンネルのトンネル ID を指定します。ルーティングされたセグメント タイプまたは切断済みのセグメント タイプの場合はなし。まだ L2VPN を作成していない場合は、SDDC でのレイヤー 2 VPN トンネルの設定を参照してください。
    サブネット 拡張セグメントの場合はなし。
    ドメイン名 (オプション)完全修飾ドメイン名を入力します。セグメント上の静的バインドでは、このドメイン名が自動的に継承されます。
    タグ

    NSX-T オブジェクトのタギングについて詳しくは、『NSX-T Data Center 管理ガイド』のオブジェクトへのタグの追加を参照してください。

    表 3. 切断済みのセグメントの構成パラメータ
    パラメータ
    VPN トンネル ID ルーティングされたセグメント タイプまたは切断済みのセグメント タイプの場合はなし。
    サブネット

    セグメントの IPv4 CIDR ブロックを指定します。このブロックは、管理ネットワークと重複してはなりません。また、予約されたネットワーク アドレスに示されているどの CIDR ブロックとも、あるいは接続されている Amazon VPC のどのサブネットとも重複してはなりません。ブロックのいずれかの部分がパブリック IP アドレス空間にある場合は、IANA またはその他の地域のインターネット レジストリによって使用が割り当てられている必要があります。

    ドメイン名 (オプション)完全修飾ドメイン名を入力します。セグメント上の静的バインドでは、このドメイン名が自動的に継承されます。
    タグ

    NSX-T オブジェクトのタギングについて詳しくは、『NSX-T Data Center 管理ガイド』のオブジェクトへのタグの追加を参照してください。

  4. [保存] をクリックしてセグメントを作成または更新します。
    セグメント構成を続行する場合は、 [はい] をクリックします。 [いいえ] をクリックした場合でも、後で必要に応じてセグメントを編集できます。
    要求されたセグメントが、システムによって作成されます。 この操作は、完了までに最大で 15 秒ほどかかることがあります。セグメントの [ステータス][Up] に移行すると、そのセグメントが使用可能になります。セグメントの [ステータス][Down] の場合は、情報アイコン をクリックして、問題の原因に関する詳細情報を表示できます。
  5. (オプション) [セグメント プロファイル] をクリックして、セグメントのセグメント プロファイルを表示します。
    セグメント プロファイルでは、セグメントおよびセグメント ポートのレイヤー 2 ネットワーク構成の詳細を指定します。新規のすべてのセグメントには、一連のデフォルト セグメント プロファイルが適用されます。 VMware Cloud on AWS の場合、セグメント プロファイルは読み取り専用です。
  6. (オプション) [DHCP 静的バインド] を構成します。
    1. [設定] をクリックして、セグメント上の仮想マシンの静的バインドを指定します。
      [IPv4 静的バインドの追加] をクリックして、バインドの [名前] を入力し、セグメントに含まれる IPv4 アドレスと MAC アドレスを指定します。指定された MAC アドレスを持つ仮想マシンがパワーオンされ、セグメントに接続されると、指定されたアドレスを受信します。 [保存] をクリックしてバインドを作成した後、別のバインドを追加するか、または [適用] をクリックして、指定された静的バインドをセグメントに適用します。
    2. [DHCP オプション] をクリックして、DHCP クラスレス スタティック ルート(オプション 121)と一般オプションを指定します。
      • IPv4 用の DHCP の各クラスレス スタティック ルート オプションでは、宛先が同じ複数のルートを設定できます。各ルートには、宛先サブネット、サブネット マスク、ネクスト ホップ ルーターが含まれます。DHCPv4 のクラスレス スタティック ルートについては、RFC 3442を参照してください。DHCPv4 サーバでは、最大 127 個のクラスレス スタティック ルートを追加できます。
      • 一般オプションを追加するには、オプションのコードを選択して、オプションの値を入力します。バイナリ値の場合、値は Base-64 エンコード形式にする必要があります。

次のタスク

セグメントが作成され、ステータスが [成功] になった後、[統計情報の表示] をクリックすると、セグメントへのネットワーク トラフィックとセグメントからのネットワーク トラフィックの統計情報を表示できます。[関連グループの表示] をクリックすると、このセグメントを含むグループのリストを表示できます。NSX-T のグループの詳細については、『NSX-T Data Center 管理ガイド』のグループの追加を参照してください。