DHCP 構成は、セグメントごとのプロパティです。デフォルト構成の場合、コンピューティング ゲートウェイの DHCP サーバは、ルーティングされたすべてのセグメントにある仮想マシンからの DHCP 要求を処理します。ワークロード ネットワークに別の DHCP サーバを使用するには、DHCP リレーを使用するようにセグメントを構成します。また、独自のローカル DHCP サーバを使用するようにセグメントを構成することもできます。

セグメントごとの DHCP 構成は、ネットワーク セグメントの作成または変更のセグメント作成/更新ワークフロー ドキュメントに含まれています。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [セグメント] の順にクリックします。
    既存のセグメントの DHCP 構成を変更するには、 アクション メニュー ボタンをクリックして、 [編集][DHCP 構成の編集] の順に選択します。
  3. [DHCP タイプ] を選択して、構成の詳細を指定します。
    設定の詳細は、DHCP タイプごとに異なります。 [設定] を指定するには [DHCP 構成][有効] に切り替えます。
    DHCP タイプ 説明
    ローカル DHCP サーバ

    このセグメントに IP アドレスがあるローカル DHCP サーバを作成するには、このオプションを選択します。

    名前が示すように、これはセグメントに対してローカルな DHCP サーバです。ネットワーク内の他のセグメントでは使用できません。ローカル DHCP サーバは、セグメントに接続している仮想マシンに対してのみ、動的な IP 割り当てサービスを提供します。

    セグメントの DHCP の範囲、DHCP オプション、静的バインドなど、すべての DHCP 設定を構成できます。

    切断されたセグメントでは、このタイプがデフォルトで選択されます。

    DHCP リレー

    DHCP クライアント要求をターゲット DHCP サーバにリレーするには、このオプションを選択します。ターゲット DHCP サーバは、任意の SDDC サブネットに配置することも、SDDC の外部(オンプレミス)に配置することもできます。DHCP リレー サービスは、セグメント上の仮想マシンからの DHCP 要求のみを処理します。

    ゲートウェイ DHCP サーバ

    この DHCP タイプは中央の DHCP サービスに相当します。ゲートウェイに接続し、ゲートウェイ DHCP を使用しているすべてのセグメントの仮想マシンに、IP とその他のネットワーク構成を動的に割り当てます。ゲートウェイに適用する DHCP プロファイルのタイプに応じて、セグメントにゲートウェイ DHCP サーバまたはゲートウェイ DHCP リレーを構成できます。

    デフォルトでは、Tier-1 ゲートウェイまたは Tier-0 ゲートウェイに接続されているセグメントはゲートウェイ DHCP を使用します。必要に応じて、そのセグメントに DHCP ローカル サーバまたは DHCP リレーを構成できます。

    セグメントでゲートウェイ DHCP を構成するには、DHCP プロファイルをゲートウェイに使用する必要があります。DHCP プロファイルの作成または変更を参照してください。

    1. そのサブネットの DHCP 構成は、[DHCP 構成] トグル ボタンをクリックして有効にします。
    2. [DHCP サーバ アドレス] テキスト ボックスに、IP アドレスを入力します。
      • DHCP ローカル サーバを構成する場合は、サーバの IP アドレスが必要です。最大 2 つのサーバ IP アドレスをサポートしています。1 つは、IPv4 アドレス、もう 1 つは IPv6 アドレスです。IPv4 アドレスでは、プリフィックス長は 30 以下、IPv6 アドレスでは、プリフィックス長は 126 以下にする必要があります。サーバ IP アドレスには、現在のセグメントで指定したサブネットの所属アドレスを指定する必要があります。DHCP サーバの IP アドレスに、DHCP 範囲と DHCP 静的バインドの IP アドレスと重複したアドレスは指定しないでください。DHCP サーバ プロファイルにサーバ IP アドレスが含まれる場合がありますが、現在のセグメントでローカル DHCP サーバを構成すると、これらの IP アドレスは無視されます。

        ローカル DHCP サーバを作成すると、[DHCP 構成を設定]ページでサーバ IP を編集きます。ただし、新しい IP アドレスは、現在のセグメントに構成されている同じサブネットに所属させてください。

      • DHCP リレーの構成時には、この手順は適用できません。サーバ IP アドレスは DHCP リレー プロファイルから自動的に取得され、プロファイル名の下に表示されます。
      • ゲートウェイ DHCP サーバの構成時には、このテキスト ボックスは編集できません。サーバ IP アドレスは、接続されたゲートウェイに使用されている DHCP プロファイルから自動的に取得されます。

        ちなみに、DHCP サーバ プロファイルのゲートウェイ DHCP サーバ IP アドレスは、現在のセグメントに構成されているサブネットとは異なる場合があります。その場合、ゲートウェイ DHCP サーバはゲートウェイ DHCP サーバの作成時に自動的に作成される内部リレー サービス経由で現在のセグメントの IPv4 サブネットに接続します。この内部リレー サービスは、ゲートウェイ DHCP サーバの IP アドレスのサブネットの IP アドレスを 1 つ使用します。この内部リレー サービスが使用する IP アドレスは、現在のセグメントの IPv4 サブネットとの通信時に、ゲートウェイ DHCP サーバではデフォルト ゲートウェイとして機能します。

        ゲートウェイ DHCP サーバを作成すると、そのゲートウェイの DHCP プロファイルでサーバの IP アドレスを編集できます。ただし、ゲートウェイに使用されている DHCP プロファイルは変更できません。

      [DHCP 範囲] が指定されている場合は、次の要件を満たす必要があります。
      • DHCP 範囲の IP アドレスは、セグメントで構成されているサブネットに属している必要があります。DHCP 範囲に複数のサブネットからの IP アドレスを含めることはできません。
      • IP アドレス範囲は、DHCP サーバの IP アドレスおよび DHCP の静的バインド IP アドレスと重複してはなりません。
      • DHCP IP アドレス プールの IP アドレス範囲は、互いに重複してはなりません。
      • DHCP 範囲の IP アドレスの数は、65,536 を超えてはなりません。
    3. (オプション) リース時間を秒単位で編集します。
      デフォルト値は 86400 です。有効な値の範囲は 60 から 4294967295 です。DHCP サーバ構成で構成したリース時間は、DHCP プロファイルで指定したリース時間よりも優先します。
    4. (オプション) 名前解決に使用するドメイン ネーム サーバ (DNS) の IP アドレスを入力します。最大 2 台の DNS サーバを指定できます。
      指定しなければ、DHCP クライアントに DNS は割り当てられません。DNS サーバの IP アドレスには、現在のサブネットのゲートウェイ IP アドレスと同じサブネットに属するアドレスを指定してください。
    5. (オプション) [オプション] をクリックして、DHCP オプションを構成します。
      [クラスレス スタティック ルート] およびその他の DHCP [オプション] については、 RFC3442および『 NSX-T Data Center 管理ガイド』の DHCP サーバの作成を参照してください。
  4. (オプション) DHCP プロファイルを指定します。SDDC に複数の DHC プロファイルがある場合、現在のセグメントで使用する DHCP サーバ プロファイルの名前は、[DHCP プロファイル] ドロップダウン メニューで選択できます。
    DHCP プロファイルの作成または変更を参照してください。
  5. [適用] をクリックすると、DHCP 構成がセグメントに適用されます。