DHCP プロファイルでは、DHCP サーバのタイプと構成を指定します。デフォルトのプロファイルを使用することも、必要に応じて別のプロファイルを作成することもできます。

DHCP プロファイルを使用すると、SDDC ネットワーク内の任意の場所に DHCP リレー サーバの DHCP サーバを構成できます。『NSX-T Data Center 管理ガイド』の DHCP プロファイルの追加を参照してください。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [DHCP] の順に選択します。
  3. [DHCP プロファイルの追加] をクリックして、プロファイルの [名前] を入力します。
    [プロファイル タイプ] を選択して、必要な構成パラメータを指定します。
    • [DHCP サーバ]の場合、IPv4 [サーバの IP アドレス]を指定し、必要に応じて[リース時間]を変更します。
    • [DHCP リレー] では、[サーバの IP アドレス] としてターゲット DHCP サーバのアドレスを指定します。ターゲット DHCP サーバがオンプレミスの場合は、オンプレミスのファイアウォールで DHCP トラフィック(ポート 67 および 68)がこのアドレスに到達できることを確認してください。リース時間は、ターゲット サーバの構成によって制御されます。
    いずれのタイプの DHCP プロファイルにもタグ付けが可能です。
  4. [保存] をクリックしてプロファイルを作成します。
    新しいプロファイルは、ルーティングされたセグメントの DHCP 構成を指定するときに使用できます。 ネットワーク セグメントの作成または変更 を参照してください。 [使用場所] 列には、このプロファイルが指定されたセグメントが表示されます。