IPFIX (Internet Protocol Flow Information Export) は、トラブルシューティング、監査、または分析情報の収集に使用されるネットワーク フロー情報のフォーマットおよびエクスポートの標準です。

論理セグメント上でフロー モニタリングを構成できます。その論理セグメントに接続されている仮想マシンからのすべてのフローがキャプチャされ、IPFIX コレクタに送信されます。コレクタ名は、各 IPFIX スイッチ プロファイルのパラメータとして指定します。

注:

SDDC グループのメンバーである SDDC では、SDDC ネットワーク外のホストから宛先へのすべての送信トラフィックは、SDDC 内の他のルーティング構成に関係なく、VTGW またはプライベート VIF にルーティングされます。これには、IPFIX トラフィックとポート ミラーリング トラフィックが含まれます。『VMware Cloud on AWS Operations Guide』のVMware Transit Connect による SDDC 展開グループの作成と管理を参照してください。

前提条件

論理セグメントが設定済みであることを確認します。ネットワーク セグメントの作成または変更 を参照してください。

手順

  1. https://vmc.vmware.comVMC コンソール にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] > [IPFIX] の順に選択します。
  3. 新しいコレクタを追加するには、[コレクタ] > [新しいコレクタの追加] の順にクリックし、コレクタの [名前] を入力します。
    コレクタの IP アドレスとポートを入力します。デフォルトの UDP ポートは 4739 です。最大 4 個の IPFIX コレクタを追加できます。
  4. [保存] をクリックしてコレクタを作成します。
  5. [スイッチの IPFIX プロファイル] をクリックして、スイッチの IPFIX プロファイルを作成または編集します。
    NSX-T スイッチの IPFIX プロファイル パラメータの詳細については、『 NSX-T Data Center Administration Guide』の Configure Switch IPFIX Profilesを参照してください。
  6. (オプション) プロファイルにタグを付けます。

    NSX-T オブジェクトのタギングについて詳しくは、『NSX-T Data Center 管理ガイド』のオブジェクトへのタグの追加を参照してください。

  7. [保存] をクリックしてプロファイルを作成します。

次のタスク

構成を変更する場合は、スイッチの IPFIX プロファイルの横にある省略記号ボタンをクリックし、[編集] をクリックします。