Microsoft SQL Server などの対象となる Microsoft Server アプリケーションが、既存のライセンスを使用して VMware Cloud on AWS に展開されている場合があります。

これにより、Microsoft ソフトウェアの追加のライセンス料金を支払うことなく、ワークロードを VMware Cloud on AWS の SDDC に容易に移行できます。有効なマイクロソフト ソフトウェア アシュアランス (SA) 契約の対象となるサーバ アプリケーションを保有するマイクロソフト ボリューム ライセンスのお客様は、2019 年 10 月 1 日以降に取得したライセンスを移行できます。ライセンス モビリティにより、既存の SA ユーザーの移行が簡素化されるほか、無期限ライセンスの購入が機能として提供され、クラウドの効率性を引き続き活用することができます。

注: 2019 年 10 月 1 日より前に購入されたライセンスは、ソフトウェア アシュアランス (SA) またはその他の手順の有無にかかわらず移行できます。

サインアップの方法

ソフトウェア アシュアランスを通じてライセンスを使用しているすべてのお客様は、Microsoft のライセンス検証プロセスを完了する必要があります。これにより、Microsoft は、有効なソフトウェア アシュアランスのある使用可能なライセンスを保有していることを確認します。検証プロセスの開始方法やその他の詳細を確認するには、https://www.microsoft.com/en-us/licensing/licensing-programs/software-assurance-license-mobility.aspxを参照してください。

展開から 10 日以内に、ボリューム ライセンス ドキュメントの検索 Web サイトで入手できるライセンスの検証フォームに記入し、Microsoft の担当者またはリセラー パートナーに提供することで、フォームを Microsoft に提出できます。提出後、Microsoft がお客様の資格を確認し、お客様と、選択した承認済みのモビリティ パートナーに通知を送信します。

ライセンス モビリティの適格性

ライセンス モビリティの対象となるには、次の条件を満たす必要があります。
  • VMware Cloud on AWS に移行されたすべての Microsoft Server 製品は、Microsoft がhttp://www.microsoft.com/licensing/about-licensing/product-licensing.aspxに規定するソフトウェア アシュアランス プログラムを通して Microsoft ライセンス モビリティによって資格が付与されている必要があります。
  • サーバ アプリケーションは、Microsoft がhttp://www.microsoft.com/licensing/about-licensing/product-licensing.aspxで公開している対象製品のリストに記載されている必要があります。このリストには、次の製品が含まれます。
    • Exchange Server
    • SharePoint Server
    • SQL Server Standard Edition
    • SQL Server Enterprise Edition
    • SQL Server Business Intelligence Edition
    • Skype for Business Server
    • System Center Server
    • Dynamics CRM Server
    • Dynamics AX Server
    • Project Server
    • Visual Studio Team Foundation Server
    • BizTalk Server
    • Forefront Identity Manager
    • Forefront Unified Access Gateway
    • Remote Desktop Services
注: 次の製品は、ソフトウェア アシュアランスによるライセンス モビリティの対象にはなりません。
  • Microsoft Server Windows オペレーティング システム製品
  • Microsoft Windows クライアント オペレーティング システム製品
  • デスクトップ アプリケーション製品(Microsoft Office など)