VMware Cloud on AWS のワークロードとして実行されている Microsoft 製品のライセンス供与にはさまざまなオプションがあります。既存のライセンスを使用することも、VMware を使用して新しいライセンスを購入して VMware Cloud on AWS で使用することもできます。

既存の Windows ライセンスを VMware Cloud on AWS に適用

Microsoft ソフトウェアをすでに購入しており、ライセンスの資格が付与されている場合は、自分のライセンス (BYOL) を VMware Cloud on AWS に提供します。自分のライセンスを使用すると、次のことが可能になります。
  • すでに購入済みの無期限ライセンスを使用しながら、クラウドの効率性を活用できます。
  • ハードウェアの追加コストを必要とすることなく、ソフトウェアのライフサイクルを延長できます。
  • 既存の仮想マシン イメージを使用することで、クラウドへの移行を迅速に実行できます。

独自のライセンスを VMware Cloud on AWS で使用するための要件は、これらのライセンスに関連付けられている Microsoft ソフトウェア アシュアランスとライセンス モビリティのメリットがあるかどうか、およびこれらのライセンスが取得された時期によって異なります。

  • ソフトウェア アシュアランスがない場合は、2019 年 10 月 1 日より前に購入した製品のライセンスを移行するか、または、2019 年 10 月 1 日より前に有効だったエンタープライズ登録の一部で調整として追加された製品のライセンスを移行することができます。これらのライセンスは、2019 年 10 月 1 日より前のバージョンへのアップグレードのみが可能です。詳細については、AWS と Microsoft に関するよくある質問を参照してください。
    注: このシナリオは、特に Windows Server ライセンスに適用されます。Windows Server にはライセンス モビリティが提供されていないため、2019 年 10 月 1 日以降に購入した Windows Server ライセンスを移行することはできません。
  • ソフトウェア アシュアランスを利用している場合は、Microsoft のライセンス モビリティ機能を使用して、多くの Microsoft ライセンスを VMware Cloud on AWS に移行することができます。ライセンス モビリティの詳細については、ライセンス モビリティを参照してください。

VMware からの Windows Server および SQL Server ライセンスのサブスクライブ

VMware Cloud on AWS で使用するために、Windows Server および SQL Server のライセンスをサブスクライブすることができます。ライセンスには次の条件があります。
  • クラスタ内のすべてのホストに対してホスト単位で提供されます。クラスタ内のすべてのホストにライセンスを付与する必要があります。
  • 請求は、請求サイクル中にクラスタに展開されたホストの最大数に基づいて行われます。メンテナンスまたは修正ホストに対しては課金は行われません。
    注: Windows Server ライセンスと SQL Server ライセンスの請求は 2021 年 2 月に開始します。これらのライセンスの料金は、1 ~ 2 月の請求期間の請求から表示が開始します。
  • 課金は、ライセンスを選択すると開始されます。ライセンスの削除を選択すると、全請求期間に対して課金されます。
  • ライセンスを選択した後は、ライセンス供与されたホストに適用可能な仮想マシンを無制限に展開できます。