DisableDRSvMotion ポリシーが仮想マシンに適用されると、現在のホストに障害が発生するか、メンテナンス モードに切り替わらない限り、DRS で仮想マシンを別のホストに移行できなくなります。

このタイプのポリシーは、アプリケーションを実行する仮想マシンでアプリケーションがローカル ホストにリソースを作成し、そのリソースをローカルに維持することを想定している場合に役立ちます。ロード バランシングのため、または予約要件を満たすために DRS によって仮想マシンが別のホストに移動されると、アプリケーションで作成されたリソースが取り残され、参照の局所性が侵害されてパフォーマンスが低下する可能性があります。

DRS vMotion の無効化ポリシーは、タグ付けされた仮想マシンがパワーオンされると有効になり、ホストが使用可能である限り、そのホストで仮想マシンを保持するよう試みます。このポリシーは、仮想マシンがパワーオンされるホストの選択には影響しません。

前提条件

この操作は、CloudAdmin ロールを持つユーザーに限定されます。

手順

  1. DisableDRSvMotion ポリシーの対象にする仮想マシンのグループごとに、カテゴリを作成し、タグ付けを行います。
  2. 各グループに追加する仮想マシンにタグを付けます。
    既存のタグやカテゴリを使用したり、特定のニーズに合わせて新規作成することもできます。タグの作成と使用の詳細については、 vSphere のタグおよび属性 を参照してください。
  3. DRS vMotion の無効化ポリシーの作成
    1. SDDC で、[vCenter Server を開く] をクリックします。
    2. vSphere Client のホームで、[ポリシーおよびプロファイル] > [コンピューティング ポリシー] の順にクリックします。
    3. [追加] をクリックして、[新しいコンピューティング ポリシー] ウィザードを開きます。
    4. ポリシーの [名前] を入力し、[ポリシー タイプ] ドロップダウン コントロールから [DRS vMotion の無効化] を選択します。
      ポリシーの [名前] は、SDDC 内で一意である必要があります。
    5. ポリシーの [説明] を入力し、[仮想マシン タグ] ドロップダウン コントロールを使用して、ポリシーを適用する仮想マシン カテゴリを選択します。
      ウィザードでタグ カテゴリを選択すると、カテゴリに関連付けられた仮想マシン タグが複数ある場合を除いて、仮想マシン タグの値が自動入力されます。
    6. [作成] をクリックして、ポリシーを作成します。
  4. (オプション) コンピューティング ポリシーを削除するには、vSphere Web Client を開いて、[ポリシーおよびプロファイル] > [コンピューティング ポリシー] の順にクリックして、各ポリシーをカードとして表示します。[削除] をクリックしてポリシーを削除します。