このチェックリストでは、オンプレミス データセンターとクラウド SDDC (Software-Defined Data Center) 間のコールド移行に必要なエンドツーエンドの要件および構成について説明します。

要件 説明
オンプレミスの vSphere のバージョン vSphere 6.5 パッチ d 以降
vSphere 6.0 Update 3 以降
オンプレミスの仮想スイッチの設定 標準スイッチ、vSphere Distributed Switch 6.0、または vSphere Distributed Switch 6.5
IPsec VPN 管理ゲートウェイの IPsec VPN を設定します。『VMware Cloud on AWS スタートガイド』の VPN とゲートウェイの設定の項を参照してください。
ハイブリッド リンク モード vSphere Client から移行を開始するには、ハイブリッド リンク モードが必要です。API または PowerCLI を使用して移行を開始する必要はありません。

VMware Cloud on AWS データセンターの管理』の「ハイブリッド リンク モード」を参照してください。

VMware Cloud on AWS およびオンプレミスのファイアウォール ルール コールド移行で必要なファイアウォール ルール の説明どおりに、必要なファイアウォール ルールを作成します。
オンプレミス DNS 設定 オンプレミス DNS サーバがクラウド vCenter Server のアドレスを確実に正しく解決できるようにします。