VMware Cloud on AWS は、多くの AWS リージョンで使用できます。

VMware Cloud on AWS をサポートする AWS リージョン

VMware Cloud on AWS をサポートするほとんどの AWS リージョンでは、ストレッチ クラスタもサポートされています。その多くは、PCI (Payment Card Industry) Data Security Standard または IRAP (Information Security Registered Assessors Program) に準拠するためのコンプライアンス強化を必須とするワークロードを実行するように構成された SDDC もサポートしています。

注:

アジア太平洋(大阪)リージョンの SDDC は、SDDC グループのメンバーにすることはできません。

AWS リージョン名 ストレッチ クラスタのサポート コンプライアンス強化のサポート 有効化が必須
アジア太平洋(ムンバイ) はい いいえ いいえ
アジア太平洋(大阪) はい PCI いいえ
アジア太平洋(ソウル) はい いいえ いいえ
アジア太平洋(シンガポール) はい いいえ いいえ
アジア太平洋(シドニー) はい IRAP、PCI いいえ
アジア太平洋(東京) はい PCI いいえ
カナダ(中部) はい いいえ いいえ
ヨーロッパ(フランクフルト) はい PCI いいえ
ヨーロッパ(アイルランド) はい PCI いいえ
ヨーロッパ(ロンドン) はい PCI いいえ
欧州(ミラノ) はい PCI はい
ヨーロッパ(パリ) はい いいえ いいえ
ヨーロッパ(ストックホルム) はい いいえ いいえ
南米(サンパウロ) はい いいえ いいえ
米国東部(北バージニア) はい PCI いいえ
米国東部(オハイオ) はい PCI いいえ
米国西部(北カリフォルニア) いいえ PCI いいえ
米国西部(オレゴン) はい PCI いいえ

VMC on AWS リージョンの有効化

2019 年 3 月 20 日以降に AWS によって導入したリージョンは、AWS アカウントで手動による有効化が必要です。このプロセスの詳細については、「AWS General Reference」のManaging AWS Regionsを参照してください。