Content Onboarding Assistantでは、クラウド SDDC への .vmtx テンプレート、ISO イメージ、スクリプト、およびその他のファイルの転送を自動化します。

Content Onboarding Assistant.vmtx テンプレートを SDDC に転送する方法は 2 つあります。
  • SDDC のコンテンツ ライブラリで、これらのテンプレートを OVF テンプレートに変換します。この方法は短時間で完了します。
  • vCenter Serverインベントリでこれらのテンプレートを .vmtx テンプレートとして転送します。テンプレートは OVF に変換されてから、.vmtx テンプレートに変換し直されます。

Content Onboarding Assistantは、オンプレミス データセンターと SDDC にネットワーク経由でアクセスできる MacOS、Linux、または Windows マシン上で使用できます。

Content Onboarding Assistantを使用してコンテンツを SDDC に転送した後に、転送したい追加の項目がある場合は、Content Onboarding Assistant を再度実行できます。Content Onboarding Assistantは転送された .vmtx テンプレートを認識します。これらのテンプレートを再転送することはできません。また、転送された ISO イメージとスクリプト ファイルも認識します。転送されるのは、新しい ISO イメージとスクリプトのみです。

前提条件

Content Onboarding Assistantを実行する前に、次の操作を行います。
  • オンプレミス データセンターで vCenter Server 6.0 以降が実行されていることを確認します。
  • Java Runtime Environment (JRE) 1.8 以降をインストールします。Java Runtime インストーラは、Oracle の Web サイト (http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jre8-downloads-2133155.html) からダウンロードできます。
  • $JAVA_HOME環境変数を、JRE をインストールした場所に設定します。
  • オンプレミス データセンターと SDDC 間の VPN 接続を設定します。『VMware Cloud on AWS スタート ガイド』の「VPN とゲートウェイの設定」を参照してください。

手順

  1. コンテンツ ライブラリに追加するスクリプトと ISO イメージは、オンプレミス データセンターの単一のフォルダに移動します。
    .vmtx テンプレートには、特別な準備は必要ありません。
  2. ダウンロード サイトから Content Onboarding Assistant をダウンロードします。
  3. ターミナルまたはコマンド ラインで、Content-Onboarding-Assistant.jar ファイルを格納したディレクトリに移動し、次のコマンドを入力します。java -jar jar_file_name --cfg full_path_to_config_file

    構成ファイルで、1 行に 1 つずつパラメータを指定し、その後に容量、値の順に入力します。例

    onpremServer vcenter.onprem.example.com
    onpremInfraServer psc.onprem.example.com

    --parameter parameter_value と指定することで、コマンドラインで多数のパラメータを指定することもできます。java --jar jar_file_name --help と入力すると、パラメータの一覧を確認できます。または、次を参照してください。

    パラメータ 説明
    onpremServer server オンプレミス データセンターの vCenter Server のホスト名。
    onpremInfraServer psc-server オンプレミスの Platform Services Controller のホスト名。これは組み込み構成のオプションです。
    onpremUsername username オンプレミス vCenter Server へのログインに使用されたユーザー名。
    location foldername オンプレミス データストア上のファイル(スクリプトや ISO イメージなど)の場所。datastore-name:folder/ 形式を使用します。
    cloudServer server クラウド SDDC vCenter Server のホスト名。
    cloudInfraServer infra-server クラウド SDDC vCenter Server のホスト名。必須ではありません。
    cloudFolderName foldername .vmtx テンプレートを格納するクラウド SDDC の vCenter Server フォルダの名前。
    cloudRpName resource-pool-name クラウド SDDC 上の .vmtx テンプレートのリソース プール。
    cloudNetworkName network-name クラウド SDDC 上の .vmtx テンプレートの分散仮想ポート グループ。
    sessionUpdate value セッション更新呼び出しの間隔(ミリ秒単位)。デフォルト値は 60,000 ミリ秒(10 分)です。Content Onboarding Assistant の実行中にセッションのタイムアウトの問題が発生した場合は、この値を小さくします。
  4. プロンプトが表示されたら、オンプレミス データセンターとクラウド SDDC のパスワードを入力します。
    Content Onboarding Assistant により、オンプレミス データセンターと SDDC への接続がテストされ、検出されたすべての .vmtx テンプレートが表に一覧表示されます。
  5. 転送するテンプレートの番号を入力します。
    各番号をコンマ区切りで入力するか、範囲をダッシュ区切りで入力します。
  6. ISO イメージとスクリプトのフォルダが正しいことを確認します。
  7. .vmtx テンプレートを転送する方法を選択します。
    • SDDC のコンテンツ ライブラリで OVF テンプレートとしてテンプレートを転送する場合は、オプション 1 を選択します。
    • vCenter Serverインベントリで .vmtx テンプレートとしてテンプレートを転送する場合は、オプション 2 を選択します。

結果

Content Onboarding Assistant により、次の操作が実行されます。
  • 指定された方法で、オンプレミス データセンターから SDDC に .vmtx テンプレートをコピーします。
  • オンプレミス データセンターにコンテンツ ライブラリを作成し、そのコンテンツ ライブラリに ISO イメージとスクリプトを追加して公開します。
  • SDDC にサブスクライブされたコンテンツ ライブラリを作成し、ISO イメージとスクリプトを SDDC に同期させます。

次のタスク

これで、.vmtx テンプレートと ISO イメージを使用して SDDC に仮想マシンを作成できるようになります。