ルートベースの VPN とコンピューティング ネットワーク セグメントが作成されたため、ワークロード仮想マシンを VMware Cloud on AWS SDDC に展開する準備が整いました。

VMware Cloud on AWS には、SDDC に仮想マシンを作成する方法がいくつか用意されています。簡単な方法の 1 つは、オンプレミス vSphere コンテンツ オンボーディング アシスタントを使用して仮想マシン テンプレートを SDDC に転送し、インポートされたテンプレートを仮想マシンとして展開するというものです。仮想マシンの作成後、パブリック IP アドレスの設定や仮想マシン リモート コンソールへのアクセスの有効化などの設定タスクを実行できます。

ワークロード仮想マシンの作成に使用可能な仮想マシン テンプレートや ISO イメージを使用して SDDC をプロビジョニングする方法については、運用ガイド を参照してください。ワークロード仮想マシンの設定と管理の詳細については、『VMware Cloud on AWS での仮想マシンの管理』を参照してください。