多要素認証 (MFA) が適用されると、組織内のすべてのユーザーは、ログイン認証情報に加えて 6 桁の認証コードを入力することを要求されます。コードを提供するためには、VMware Cloud services に多要素認証デバイスを登録する必要があります。有効な多要素認証コードを提供できなかった組織メンバーは、組織へのアクセスを拒否されます。

フェデレーション ドメインの組織の所有者は、組織の多要素認証を制御しません。フェデレーション ドメインの多要素認証は、会社が使用している ID プロバイダの エンタープライズ管理者 が構成します。この手順は、フェデレーションされていないドメインに対してのみ適用されます。

前提条件

  • 組織内での組織の所有者ロールが必要です。
  • MFA を適用した後に組織からロックアウトされないように、あらかじめ MFA デバイスを VMware Cloud services に登録しておく必要があります。詳細な手順については、多要素認証を使用したアカウントの保護を参照してください。

手順

  1. Cloud Services Console ツールバーで、組織名をクリックし、[組織の表示] > [認証ポリシー] の順に選択します。
  2. [多要素認証] セクションで、トグル ボタンを切り替えて緑色にします。

結果

これで多要素認証が適用され、組織のすべてのメンバーは、多要素認証デバイスを登録することと、ログイン時に多要素認証トークンを提供することが要求されます。