組織の所有者は、VMware のファンドを組織に関連付けることによって、そのファンドを VMware Cloud services のお支払い方法として使用できます。

VMware のファンドは、サービスや製品の購入に使用できる、VMware 固有のお支払い方法です。各ファンドはサービスまたは製品の注文に関連付けられており、1 つまたは複数のデポジットで構成されます。ファンドに「資金」を追加する場合は、営業担当者に問い合わせて新しいデポジットを購入できます。デポジットは「クレジット」(VMware のサービスや製品の購入に利用できる資金)で構成されます。

Cloud Services Consoleで、お支払い方法として VMware のファンドを組織に関連付けます。関連付けられたファンドは、MyVMware ポータル(アクセス権限が必要)を使用して表示および管理します。 VMware Cloud services 組織に関連付けることができるのは、VMware エンタイトルメント アカウント内のファンドのみです。ファンドの通貨は、組織で使用されている通貨と同じである必要があります。
  • Cloud Services Consoleで VMware のファンドを関連付けるには、[請求とサブスクリプション] > [お支払い方法の管理] の順に移動します。詳細については、『お支払い方法の管理』を参照してください。
  • VMware Cloud services 組織でお支払い方法としてすでに関連付けられているファンドの詳細を表示するには、ファンド名の横にある省略記号アイコンをクリックし、[MyVMware で詳細を表示] を選択します。ファンドの詳細については、[マイ ファンド] ページ、[ファンドの詳細] ページ、[設定] ページ、ナビゲーションの概要を参照してください。