組織の所有者は、組織にユーザーを招待し、組織に関連付けられたサービスへのアクセス権をユーザーに付与できます。送信した招待を追跡することもできます。招待は最長 7 日間有効です。招待を誤って送信した場合は、取り消すことができます。

招待されるユーザーには、次のような複数のロールを付与できます。

  • 組織内のロール(組織の所有者または組織のメンバー)。「組織のロールおよび権限」を参照して、各ロールに割り当てられている権限を確認してください。
  • ユーザーを招待したクラウド サービス内のロール。各クラウド サービスには、独自のロールがあります。詳細については、関連する VMware Cloud Services のドキュメントを参照してください。
  • お客様のプロファイルによっては、管理対象サービス プロバイダのロールが表示されることもあります。このロールを使用すると、ユーザーはクラウド サービス API にお客様の使用状況やデータを照会することができます。テナント組織のユーザーにこのロールを割り当てると、組織内のすべてのデータにアクセスできるようになります。

手順

  1. VMware Cloud Services ツールバーで、[VMware Cloud Services] アイコンをクリックし、[ID およびアクセス権の管理] を選択します。
  2. [ユーザーの追加] をクリックします。
  3. [アクティブ ユーザー] タブで、組織に追加するユーザーのメール アドレスを入力します。

    一度に複数のユーザーを追加できます。

  4. [組織内のロール] テキスト ボックスで、ユーザーが組織で使用するロールを割り当てます。
  5. 組織の所有者ロールには、サポート センターへのアクセス権が含まれます。組織のメンバー ロールを割り当てるユーザーに、サポート センターへのアクセス権を付与する場合は、[サポート ユーザー] チェック ボックスを選択します。
  6. 組織内のサービスへのアクセス権をユーザーに付与するには、[サービスへのアクセス権の追加] をクリックします。
  7. サービスのリストに表示される最初のサービスが選択されています。別のサービスに変更するには、サービス名の横にある下向き矢印をクリックし、組織内のサービスのリストをスクロールして選択します。
  8. 別のサービスへのアクセス権をユーザーに付与するには、[サービスへのアクセス権の追加] を再度クリックします。
  9. [追加] をクリックして、ユーザーに招待を送信します。
    送信した招待は 7 日間有効です。 [招待] タブで、招待の状態を表示できます。
  10. 誤って招待を送信した場合は、取り消すことができます。招待の横のチェック ボックスを選択し、[招待を取り消す] をクリックします。
    これで、E メールに記載されたアクティベーション リンクは無効になり、このメールを受信した人物はサービスにログインできなくなります。