アプリケーションがサーバ上で実行される通常の Web アプリケーションで、ユーザーの認証が必要な場合は、Web app を作成します。このオプションは、OAuth 2.0 authorization code 認証タイプに基づいています。このフローでは、アプリケーションがリソースにアクセスする前にユーザーがアプリケーションを認証し、アプリケーションはアクセス トークンと、必要に応じて更新トークンを取得します。

手順

  1. ユーザー名をクリックし、[組織の表示] > [OAuth アプリケーション] の順に選択して、[新しい OAuth アプリケーションの作成] をクリックします。
  2. [Web アプリケーション] を選択し、[続行] をクリックします。
  3. アプリケーションの詳細を入力して、アプリケーションを登録します。
    1 つ以上のリダイレクト URI を入力します。ユーザーがクライアントを認証すると、認証サーバはアクセス トークンで指定した URI を使用して、ユーザーをクライアントにリダイレクトします。1 つ以上の URI を追加することをお勧めします。http://acme.com の形式を使用します。その後、アクセス トークンの期間を指定します。アクセス トークンを使用して継続的にリクエストを認証する場合は、更新トークンを発行します。
  4. スコープを定義します。
    スコープによって、クライアントがアクセスできる組織内の領域(具体的には、サービスと権限レベル)を制御できます。
  5. アプリケーションを認証するユーザーに関する情報を取得するには、[OpenID] チェックボックスを選択します。
  6. [作成] をクリックして、クライアントの認証情報を生成します。
  7. 認証情報をコピーするか、認証情報を含む JSON ファイルをダウンロードします。認証情報は、お客様の手で安全な場所に保存してください。
  8. [続行] をクリックします。

次のタスク

スクリプトに認証情報を貼り付けます。