VMware Cloud services アカウントは組織に所属します。VMware Cloud は組織を使用して、1 つ以上のサービスへのアクセスを制御します。Cloud Services にアクセスするには、組織に所属する必要があります。

組織の所有者である場合は、組織のすべてのリソースにアクセスできます。組織の所有者は Cloud Services を組織に追加して、ユーザーを招待します。さらに、組織の支払い方法を設定し、組織のユーザー アカウントを管理します。組織メンバーのロールを保持している場合、組織のリソースへのアクセスには制限があります。

組織メンバーのロールを使用して組織内で実行できる作業を確認するには、「組織のロールおよび権限」 を参照してください。

アクティブな組織

VMware Cloud services にログインすると、Cloud Services Console のメニュー バーのユーザー名の下にログインしている組織が表示されます。

複数の組織に属している場合は、アクティブな組織から別の組織にいつでも切り替えることができます。ログイン後にデフォルトで表示される組織を選択することもできます。

組織 ID の表示

組織ごとに一意の ID が設定されています。VMware Container Engine CLI など、外部のコマンドライン インターフェイスを使用する場合、この ID が必要になることがあります。組織 ID を表示するには、ユーザー名をクリックします。組織名の下に省略された ID が表示されます。ID をクリックすると、完全な組織 ID が表示されます。

組織の設定の表示

組織の名前および ID を表示するには、ユーザー名をクリックして、[組織の表示] を選択します。

組織の所有者の場合は、組織の表示名を変更できます。

お客様のプロファイルによっては、国や郵便番号を表示、編集したり、VMware API のクエリを実行する際に使用するタグを追加または編集することもできます。