VMware Edge Network Intelligence の核心は、機械学習と分析エンジンにあります。システムは、常にデータを分析し、ベースライン、インシデント、根本原因を作成し、デバイスの使用状況をネットワーク統計情報と関連付けています。ENI の [分析 (analytics)] セクションでは、このようなデータをさまざまな方法で表示できます。

ENI の多くの部分を使用して、特定のデバイス、アプリケーション、ネットワーク インフラストラクチャを確認し、2 週間の詳細データを使用してトラブルシューティングを行うことができます。ただし、[分析 (analytics)] セクションでは、デバイスを超えて、ご利用の環境の長期傾向や根本原因の分析を確認できます。これらのセクションの使用には、理解するのに少し学習が必要ですが、ご利用の環境と業界平均または内部ベンチマークとの比較についての洞察を得るためのおそらく最も強力なツールです。

ページ

説明

範囲

ネットワークの履歴

すべてのパフォーマンス メトリック(Wi-Fi、O365、DHCP 遅延など)のベースライン パフォーマンスとユーザー数の線グラフ

最大 2 年間

ベンチマーク

業界のパフォーマンス メトリックの比較および社内サイトと業界サイトの根本原因の比較

2 週間

健全性とRemediations

パフォーマンス メトリック用のデータ エクスプローラにより、パフォーマンスの問題に関連する一般的な属性の詳細を確認可能

2 週間