クローラーはデータを収集して、VMware Edge Network Intelligence のバックエンドに送信し、分析と相関を行います。クローラーは、このドキュメントで説明されているようにローカル ソースからデータを収集し、SPAN または SD-WAN インターフェイスからデータを収集します。複数のクローラーを展開している場合、データを収集するためにクローラーを自動的に割り当てるプロセスを使用します。

クローラーは、SPAN/TAP、SD-WAN 連携を通じてデータを収集し、さらに SNMPSyslog、および API との連携を使用して、他のネットワーク デバイスからデータを収集します。ネットワーク デバイスが VMware Edge Network Intelligence で構成されている場合、クローラーは自動的にデバイスからのデータ収集を開始します。次の表は、クローラーがネットワーク デバイスと通信する方法を示しています。複数のクローラーまたはブランチを展開している場合、以下の割り当て基準に基づいてデータを収集するように自動的に割り当てられます。

フィード

データ フロー

クローラー割り当て

WLAN コントローラ SNMP GET

ポーリングは、クローラー管理インターフェイスまたは 分析インターフェイス (SD-WAN Edge) からネットワーク デバイスに対して開始されます

クローラーの SNMP に基づいて、トラップが送信されます。クローラーが WLAN コントローラからトラップを受信すると、その WLAN コントローラに対して SNMP ポーリングが開始されます

SNMP トラップ、Aruba AMON、Cisco テレメトリ、RADIUS syslog

WLAN コントローラまたはデバイスからクローラー管理インターフェイスまたは分析インターフェイス (SD-WAN Edge) へ

フィードを適切なクローラーにポイントするように、指定したデバイスで構成する必要があります

CLI

クローラー管理インターフェイスまたは分析インターフェイス (SD-WAN Edge) から WLAN コントローラへ

クローラーの SNMP に基づいて、トラップが送信されます。クローラーが WLAN コントローラからトラップを受信すると、その WLAN コントローラに対して CLI データ キャプチャが開始されます

UPS/SNMP エージェント/ネットワーク スイッチ SNMP GET

デバイスからクローラー管理インターフェイスまたは分析インターフェイス (SD-WAN Edge) へ

応答が正常に受信されるまで、クローラーはラウンド ロビンを行います。必要に応じて、ネットワーク スイッチは ENI 構成ページを使用して手動で割り当てることができます

SPAN

SPAN/TAP からクローラーの SPAN/TAP インターフェイスへ

該当なし

SD-WAN トラフィック

グローバル セグメントとの間のすべてのトラフィックに対して自動

該当なし

MIST API、Zoom API、クライアント アプリケーション

クラウドまたはプライベート クラウドへの直接接続

該当なし