このセクションでは、クローラー、SD-WAN Edge、RADIUS、その他の外部統合などのデータ ソースを追加する方法について説明します。

VMware Edge Network Intelligence により、さまざまなデータ ソースからデータを取り込んで、ユーザーを識別し、アプリケーションのパフォーマンスを測定し、エラー メッセージを関連付け、さらに詳細な情報をエンド ユーザーの使用環境に追加します。データ ソースを追加すると、VMware Edge Network Intelligence が実行する根本原因の分析の精度が向上します。