VMware Edge Network Intelligence に Aruba Clearpass の連携を追加することで、デバイス ネットワーク認証に関連する特定の RADIUS 認証メッセージを確認できます。この連携を使用しない場合、RADIUS メッセージはデコードされず、認証要求の成功または失敗のレポートのみが表示されます。この連携は、Clearpass サーバの syslog ログ ターゲットを使用して行われます。

Aruba Clearpass との連携は、Clearpass 構成にインポートする syslog プロファイル テンプレートを使用して実行されます。連携を進める前に、テンプレートをダウンロードする必要があります。テンプレートは、ClearpassXML テンプレートからダウンロードできます。

手順 1:XML テンプレートをダウンロードします

手順 2:Clearpass サーバにログインし、[syslog エクスポート フィルタ (syslog export filter:)] に移動し、[管理 (Administration)] >> [外部サーバ (External Servers)] >> [Syslog エクスポート フィルタ (Syslog Export Filters)] の順に選択します

手順 3:右上の [インポート (IMPORT)] を選択し、最初の手順「NyansaCPPMSyslogExpoData」でダウンロードした XML テンプレートを選択して、[インポート (import)] をクリックします

図 1.

手順 4:[syslog ターゲット (syslog target)] ページに移動し、[管理 (Administration)] >> [外部サーバ (External Servers)] >> [Syslog ターゲット (Syslog target)] の順に選択して、ホスト アドレスが change.me のターゲットを選択し、syslogs を受信するクローラーの IP アドレスにホスト アドレスを変更して、[保存 (save)] をクリックします

図 2.

手順 5:数分で、syslog ターゲットを指定したクローラーに syslog フィード インジケータが表示されます。