USB スマート カード リーダを接続する手順は、他の USB デバイスとは異なります。

このタスクについて

スマート カード リーダをコンピュータに接続すると、Fusion のインターフェイスではリーダは 2 つの異なる USB デバイスとして表示されます。スマート カードは仮想モードまたは USB パススルー モードで使用できます。これらのモードを同時に使用することはできません。どちらか一方を選択する必要があります。

  • 仮想モード(推奨):スマート カード リーダ デバイスは、「仮想 model name of your smart card reader USB スマート カード リーダ」として使用できます。仮想リーダを仮想マシンに接続すると、ゲスト OS のデバイス リストに 仮想 スマート カード リーダのモデル名 USB スマート カード リーダ と表示されます。仮想モードでは、ホスト上のアプリケーション間およびホスト上の異なるゲスト内のアプリケーション間で、スマート カード リーダを共有できます。

  • USB パススルー モード:スマート カード リーダ デバイスは、「model name of your smart card reader USB スマート カード リーダ」として使用できます。リーダをゲストに接続すると、ゲスト OS のデバイス リストに model name of the smart card reader USB スマート カード リーダ と表示されます。USB パススルー モードでは、1 つの仮想マシンで物理スマート カード リーダーを直接制御します。USB パススルーのスマート カード リーダは、ホスト上のアプリケーションまたは他の仮想マシン内のアプリケーションからは使用できません。USB パススルー モードは、仮想モードでの接続がコンピューティング環境でうまく動作しない場合にのみ使用してください。

注:

別のモードに切り替える前に、現在のモードを切断してください。

手順

  • 仮想モードの場合は、仮想マシン > USB と Bluetooth > the model name of your smart card reader USB スマート カード リーダ接続の順に選択します。

    仮想モードのデバイスを選択すると、Linux 仮想マシンの場合を除き、パススルー モードの the model name of your smart card reader USB スマート カード リーダ デバイスは表示されなくなります。

  • USB パススルー モードの場合は、仮想マシン > USB と Bluetooth > the model name of your smart card reader USB スマート カード リーダ接続の順に選択します。
  • どちらのモードでも、デバイスを切断するには、仮想マシン > USB と Bluetooth を選択し、切断するデバイスを選択して、切断 をクリックします。