仮想 USB コントローラを構成して、USB 3.0 および 2.0 のサポートを有効にできます。また、仮想マシンがアクティブなときに Mac に接続された USB デバイスを仮想マシンに接続するように、仮想 USB コントローラを構成することもできます。選択した設定は、Workstation ProVMware Horizon 6 などの複数の VMware 製品で持続させることができます。

USB 3.0 デバイスの接続をサポートする Mac を所有している場合、ゲスト OS は USB 3.0 として USB 3.0 デバイスに、そして USB 2.0 として USB 2.0 デバイスに接続できます。ただし、仮想 USB 2.0 ハードウェアを持つゲストは、USB 3.0 デバイスに接続するときに問題があります。仮想 USB 3.0 ハードウェアを持たないゲスト OS の例は Windows XP です。特定のデバイスによっては、パフォーマンスが低下または部分的になったり、デバイスの接続に失敗する場合があります。

古い Mac のゲストは仮想 USB 3.0 仮想ハードウェアを持つことができますが、USB 2.0 と USB 3.0 デバイスの両方が USB 2.0 モードで接続されます。仮想 USB 2.0 ハードウェアを持つゲストは、USB 2.0 および USB 3.0 デバイスで USB 2.0 モードも使用できます。

注:

Fusion では、仮想マシンにディスプレイを接続するための USB アダプタをサポートしていません。