Linux 仮想マシンを作成すると、Fusion の Linux 簡易インストール機能を使用して、あらかじめ用意した Linux オペレーティング システムをインストールしたり、仮想マシンに VMware Tools をインストールしたりすることができます。

前提条件

オペレーティング システムのインストール イメージを取得する必要があります。Fusion には、作成した仮想マシンにインストールするオペレーティング システムは付属していません。

手順

  1. [ファイル] > [新規] を選択します。

    新規仮想マシンを作成 アシスタントが起動します。

  2. [ディスクまたはイメージからインストール] をクリックします。
  3. オペレーティング システムが正しい場合は、[このオペレーティング システムをインストール] が選択されていることを確認し、[続ける] をクリックして、[Linux 簡易インストール] パネルに移動します。
  4. [Linux 簡易インストール] パネルで [簡易インストールを使用] を選択します。
    1. [ディスプレイ名][アカウント名]、および [パスワード] を入力します。
    2. [仮想マシンからホーム フォルダにアクセスする] を選択すると、Mac のホーム フォルダが共有フォルダとして設定されます。これにより、仮想マシンと Mac との間でファイルを共有できるようになります。
  5. (オプション) ホーム フォルダをアクセス可能にするよう選択した場合は、仮想マシンを [読み取り専用] または [読み取り/書き込み] のどちらにするかを選択します。
  6. [終了] パネルでは、デフォルトの設定を使用して仮想マシンの作成を終了するか、作成を終了する前に設定をカスタマイズできます。

    オプション

    操作

    [終了] パネルに一覧表示されている仕様に従って仮想マシンを作成

    1. [完了] をクリックします。

    2. 仮想マシンを保存するフォルダを指定します。デフォルトは user/Documents/Virtual Machines フォルダです。

    3. Mac ホスト上の他のユーザーと仮想マシンを共有するには、仮想マシンを 共有 フォルダに保存し、[この Mac 上の他のユーザーとこの仮想マシンを共有する] チェックボックスを選択します。共有 フォルダへの保存のみを行い、Mac ホスト上の他のユーザーと仮想マシンを共有しない場合には、チェックボックスを選択解除してください。Fusion での共有仮想マシンの作成を参照してください。

    仮想マシンのディスク サイズや他の標準設定を変更

    1. [設定のカスタマイズ] をクリックします。

    2. 新しい仮想マシンを保存します。

    3. 設定 ウィンドウで、仮想マシンのディスク サイズ、プロセッサ使用量、取り外し可能デバイス、その他の設定を変更します。

タスクの結果

Fusion は新しい仮想マシンを開始し、オペレーティング システムをインストールして、VMware Tools をインストールします。