仮想マシンに OS X Server または OS X Client をインストールできます。Fusion は仮想マシンを作成し、OS X のインストーラを開き、VMware Tools をインストールします。VMware Tools は、仮想マシンのパフォーマンスの最適化に必要なドライバをロードします。

Fusion で作成した OS X 仮想マシンは、Intel プロセッサを使用するすべての Apple ブランド ハードウェアで実行できます。Apple のライセンス契約では、OS X の仮想化が許可される状況が規定されています。Fusion でもこれらの条件は変更されておらず、Apple 以外のハードウェアで OS X を有効にすることはできません。Workstation Pro などの別の VMware 製品で Mac OS 仮想マシンを使用することはできません。

Fusion では、ゲスト OS に対して次のバージョンの Mac OS X Server と Mac OS X クライアントがサポートされます。

  • Mac OS X Server 10.5、10.6、10.7、10.8、10.9、10.10、10.11

  • Mac OS X クライアント 10.7、10.8、10.9、10.10、10.11

Fusion では、Mac OS X 仮想マシンの次の機能はサポートされません。

  • ホスト Mac とゲスト Mac の間のドラッグ アンド ドロップ

  • マルチ ディスプレイ

  • 3D グラフィックスの高速化

  • ユニティ モード

オペレーティング システムをインストールするには、サポートされるオペレーティング システム用の仮想マシンの作成手順を使用してください。サポートされているオペレーティング システム用の仮想マシンの作成を参照してください。