ゲスト OS が Fusion でサポートされている場合、簡易インストール オプションを持たないゲスト OS で仮想マシンを作成できます。

始める前に

  • イメージ ファイルからゲスト OS をインストールする場合は、ISO イメージ ファイルがホスト システムからアクセス可能なディレクトリに格納されていることを確認してください。

  • 物理ディスクからゲスト OS をインストールする場合は、Mac にオペレーティング システムのインストール ディスクを挿入してください。

重要:

Fusion には、作成した仮想マシンにインストールするオペレーティング システムは付属していません。オペレーティング システムおよび必要なプロダクト キーを用意しておく必要があります。

手順

  1. ファイル > 新規 を選択します。

    新規仮想マシンを作成 アシスタントが起動します。

  2. ディスクまたはイメージからインストール をクリックします。
  3. オペレーティング システムのインストール CD を Mac に挿入します。

    オペレーティング システムのインストール ディスク イメージ ファイル (ISO) または既存の仮想ディスクを使用している場合、他のディスクまたはディスク イメージを使用 をクリックしてファイルの場所を選択します。

  4. 続ける をクリックします。

    Windows または Linux オペレーティング システムをインストールする場合は、[簡易インストール] パネルが表示されます。

  5. (オプション) : 簡易インストールを使用 の選択を解除し、続ける をクリックしてのこのパネルをスキップします。
  6. [終了] パネルでは、デフォルトの設定を使用して仮想マシンの作成を終了するか、作成を終了する前に設定をカスタマイズできます。

    オプション

    操作

    [終了] パネルに一覧表示されている仕様に従って仮想マシンを作成

    1. 完了 をクリックします。

    2. 仮想マシンを保存するフォルダを指定します。デフォルトは user/Documents/Virtual Machines フォルダです。

    3. Mac ホスト上の他のユーザーと仮想マシンを共有するには、仮想マシンを 共有 フォルダに保存し、この Mac 上の他のユーザーとこの仮想マシンを共有する チェックボックスを選択します。共有 フォルダへの保存のみを行い、Mac ホスト上の他のユーザーと仮想マシンを共有しない場合には、チェックボックスを選択解除してください。Fusion での共有仮想マシンの作成を参照してください。

    仮想マシンのディスク サイズや他の標準設定を変更

    1. 設定のカスタマイズ をクリックします。

    2. 新しい仮想マシンを保存します。

    3. 設定 ウィンドウで、仮想マシンのディスク サイズ、プロセッサ使用量、取り外し可能デバイス、その他の設定を変更します。

次のタスク

仮想マシンにオペレーティング システムをインストールしたら、VMware Tools をインストールします。