仮想マシンの実行中に USB デバイスをプラグインする場合は、それを Mac に接続するか、仮想マシンに接続するかを選択できます。

始める前に

Fusion が開いていて、仮想マシンがパワーオンされている必要があります。

このタスクについて

Fusion では、USB デバイスを接続するときにどのシステムに接続するのかを選択できます。また、この選択内容を、今後そのデバイスを接続するときのデフォルトの接続として設定することもできます。

手順

  1. USB デバイスを Mac にプラグインします。

    選択ダイアログ ボックスが表示されます。ダイアログ ボックスが表示されない場合は、[USB] 設定パネルでこのデバイスのデフォルトの接続がすでに設定されています。

  2. (オプション) : 接続の設定を今後このデバイスのデフォルトにする場合は、選択を記憶して今後確認しない を選択します。

    このデフォルトは、[USB と Bluetooth] 設定パネルでいつでも変更できます。

  3. デバイスを接続するシステムを選択します。

    操作は、開いている仮想マシン数によって異なります。

    オプション

    説明

    1 つの仮想マシンをパワーオンしている場合

    Mac に接続する または OS of your open virtual machine に接続する を選択します。

    複数の仮想マシンをパワーオンしている場合

    ポップアップ メニューで、Mac に接続する または選択した仮想マシンの virtual machine name に接続する を選択します。OK をクリックします。