この時点で、Horizon Cloud Service - next-gen をオンボーディングし、Active Directory の構成から、Horizon Edge のデプロイ、イメージの作成、プールの作成、エンド ユーザーへのデスクトップとアプリケーションの使用資格の付与までのワークフローまで進みました。これで、テナント環境を管理できるようになりました。

次の概念とタスクは、Horizon Cloud テナント環境を使用および監視する方法のガイダンスとなります。