Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの固定 IP アドレスに関する情報は、デプロイされた仮想アプライアンスのコンテナ ファイルに保存されます。Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの固定 IP アドレスを更新する場合は、別の操作も必要になります。コンテナ設定ファイルを手動で再設定してから、ペアリングされている Horizon ポッドに関連するすべてのデスクトップに新しい固定 IP アドレスの情報を送信する必要があります。

固定 IP アドレスが格納される場所

デプロイされた Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの固定 IP アドレスは、-/opt/container-data/cc-settings/ip.conf ファイルに保存され、アプライアンス内で実行されるコンテナと共有されます。

たとえば、固定 IP アドレスの情報は次のようにファイルに保存されます。

cc.address=10.117.163.20
プロキシ設定が保存される場所

Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスのプロキシ設定は、-/opt/container-data/cc-settings/proxy.conf に保存され、アプライアンス内で実行されるコンテナと共有されます。

たとえば、プロキシ情報は次のようにファイルに保存されます。

proxyHost=null
proxyPort=0
proxySsl=false
proxyUsername=null
proxyPassword=
noProxyFor=null

前提条件

Horizon Cloud Connector 仮想アプライアンスの新しい固定 IP アドレスを設定し、アプライアンスを Active Directory に参加させます。

手順

  1. 次の例のように、-/opt/container-data/cc-settings/ip.conf ファイルの cc.address 行を編集します。
    cc.address=[新しい固定 IP アドレス]
  2. 実行中のすべての Horizon デスクトップに新しい固定 IP アドレスを送信するには、次のコマンドを実行します。
    docker exec csms /bin/bash -c "cd /usr/local/csms; ./scripts/address_changed.sh"