クラウドベースの Horizon Cloud 管理コンソール を使用して、クラウド接続されたポッドで管理タスクを実行します。コンソールは、クラウド サービスによって提供されるブラウザベースのインターフェイスです。業界標準のブラウザを使用してコンソールにログインします。ログイン手順の詳細は、特定の環境の構成によって異なることがあります。

注: クラウドベースのコンソールへのログイン認証は、My VMware アカウント システムまたは VMware Cloud Services システムでのアカウント認証情報の認証に依存しています。それらのシステムでシステム障害が発生していて認証要求を処理できない場合、その期間中にコンソールにログインすることはできません。コンソールの最初のログイン画面でログインの問題が発生する場合は、 Horizon Cloud システム ステータス ページ ( https://status.horizon.vmware.com) で最新のシステム ステータスを確認してください。そのページで、アップデートを定期受信するようにすることもできます。

コンソールへのアクセスに使用する認証フローの概要については、Horizon Cloud テナント環境への認証についてを参照してください。

前提条件

Horizon Cloud テナント環境に関連付けられている My VMware アカウントの認証情報があることを確認します。

Active Directory ドメインがすでに Horizon Cloud テナントに登録されている場合、アクセス権限を持つそのドメインの Active Directory アカウントの認証情報があることを確認します。

手順

  1. https://cloud.horizon.vmware.com/ のクラウド サービスに移動し、希望する方法でログインします。
    これらの方法については、 Horizon Cloud テナント環境への認証についてを参照してください。次のスクリーンショットは、ログイン ウィンドウの My VMware 認証情報のセクションを使用するログイン画面を示しています。
    Horizon Universal Console のログイン画面のスクリーンショット。

    これまでにこれらの My VMware 認証情報を使用して Horizon Cloud の利用規約に同意していなかった場合、 [ログイン] ボタンをクリックした後に利用規約に関する通知ボックスが表示されます。利用規約に合意して続行します。
  2. Horizon Cloud テナントの状態に適用可能な認証フローに従って、画面上のフローを実行します。テナントの状態とフローの詳細については、Horizon Cloud テナント環境への認証についてを参照してください。

結果

コンソールが表示されます。
重要:
  • Active Directory の権限が一致しません。メイン管理者に連絡して、割り当てられたロールを確認してください。」というエラー メッセージが表示される場合、これは、現在の Active Directory グループにコンソールの [役割と許可] ページのロールが割り当てられていて、提供される権限が [全般設定] ページMy VMware セクションで割り当てられたロールよりも少ないことを意味しています。この違いにより、ユーザーはログインできなくなります。この問題を修正するために、Horizon Cloud テナントの管理者権限を持つ組織のユーザーは、[全般設定] ページの [My VMware] セクションにログインし、割り当てられたロールを変更することができます。これにより、権限は [役割と許可] ページで選択したロールの権限と一致します。
  • ご使用の環境でメンテナンスが実行されている場合、メンテナンス期間中にログインできないことを示すメッセージがログイン画面に表示されます。
  • Active Directory のユーザー名またはパスワードの入力に間違いがあると、My VMware ログイン画面が再表示されます。この場合、再度 My VMware ログイン画面を経由して Active Directory ログイン画面に戻り、ログインし直す必要があります。

次のタスク

該当する場合、Active Directory ドメイン登録プロセスを実行して Active Directory ドメインを Horizon Cloud 顧客アカウントに登録します。Horizon Cloud 環境での最初の Active Directory ドメイン登録の実行を参照してください。Active Directory 登録プロセス全体を完了しないと、他のサービスを操作することはできません。

注: 管理者がコンソールにログインできるデフォルトの期間は 30 分です。この時間が経過すると認証済みセッションが終了し、管理者は再度ログインする必要があります。Microsoft Azure に少なくとも 1 つのポッドがある場合、[全般設定] ページの [セッション タイムアウト] セクションで、 [管理ポータルのタイムアウト] 値を編集することでこの時間を調整できます。環境に Horizon ポッドしかない場合、デフォルト値である 30 分を変更することはできません。 Horizon Cloud テナント環境のカスタマイズ可能な全般設定を参照してください。