状況によっては、お使いの Horizon Cloud 顧客アカウントから Active Directory ドメインの関連付けを削除する必要性が生じる場合や、削除したくなる可能性があります。管理コンソールでは、このアクションに [削除] というラベルが付けられ、ユーザーは、これをテナント環境にバインドされている Active Directory ドメインのリセットであると認識することがあります。最初のポッドが Horizon Cloud 顧客アカウントとペアリングされた直後またはそのすぐ後に、Active Directory ドメインを登録します。登録プロセスが完了すると、そのドメインは全体的な Horizon Cloud 顧客アカウントのクラウド構成ドメインになります。同じ顧客アカウントを使用して Horizon Cloud からデプロイする、または Horizon Cloud に接続するすべてのポッドも、顧客アカウント レコードを介してその最初のクラウド構成の Active Directory ドメインに関連付けられます。同じ顧客アカウント レコードを共有するすべてのポッドは、そのレコード内のクラウド構成ドメインに接続されている必要があります。

テナントにバインドされているドメインを削除する(またはリセットする)ことが望ましい状況の例は次のとおりです。

  • 最初のポッドを Microsoft Azure にデプロイし、ドメイン バインドの手順を開始しました。すると何か問題が発生し、ドメイン登録が未完了な状態のままになってしまいました。このような状況では、Active Directory ドメインの情報の一部はクラウド内の顧客アカウント レコードに書き込まれます。しかし、情報が未完成のため、コンソールを使用してドメインの登録を完了する処理を続行できません。
  • Microsoft Azure のポッドをデプロイし、テストの Active Directory ドメインを登録し、多くのワークフローを実行することにより、事前検証 (POC) を実行します。その後、新たに開始するためにそのポッドを削除し、本番環境のドメインで、本番環境のポッドを作成します。しかし、最初のテストの Active Directory ドメインがまだ顧客アカウントのクラウド構成ドメインのままであるため、システムはこのテストの Active Directory ドメインを、新しいポッドに関連付けることを想定します。
  • 管理コンソールにログインして Active Directory ドメイン登録プロセスを完了する前に、この Horizon Cloud 顧客レコードを使用して Horizon Cloud Connector のオンボーディング ワークフローを複数の Horizon ポッドに対して実行します。Horizon Cloud Connector のオンボーディング ワークフローは、Horizon ポッドの Connection Server によって認識される Active Directory ドメインの Horizon Cloud に部分的な構成を作成します。部分的な構成は、コンソールで最初の Active Directory ドメイン登録ワークフローを実行すると完了します。このリリースの既知の問題により、コンソールでドメイン登録ワークフローを完了する前に複数の Horizon ポッドを Horizon Cloud に接続すると、登録ワークフローが失敗することがあります。この場合、コネクタの構成ポータルで [接続解除] アクションを使用してこれらのポッドの 1 つ以外のすべてのクラウド ペアリングを元に戻し、ドメインを登録する前に部分的な Active Directory ドメイン登録を削除する必要があります。

管理コンソールには、次の条件が真の場合、Active Directory ドメイン情報を削除するボタンが表示されます。

  • [はじめに] ページには、1 つのポッドのみが環境内でデプロイまたはペアリングされていることが表示されるか、最初のポッドをすべて削除したため [キャパシティ] ページに表示されるポッドがないことが表示されます。
    重要: 最初のポッドをすべて削除し、True SSO 構成を使用していた場合、Active Directory ドメイン情報を削除するためのボタンは有効になっていません。最後のポッドを削除する前に、コンソールの [Active Directory] ページから True SSO の設定を削除して、システムが Active Directory 設定の [削除] ボタンを有効にするようにします。
  • Microsoft Azure のポッドがある場合、そのポッドは以下のような項目は何も含みません。
    • [インポートされた仮想マシン] ページに表示されるインポートされた仮想マシン
    • [イメージ] ページに一覧表示されるシールドされたイメージ
    • [ファーム] ページに一覧表示されるファーム
    • [割り当て] ページに一覧表示される VDI デスクトップの割り当て
    • [Active Directory] ページに表示される、True SSO の設定
    • [ID 管理] ページに表示される ID 管理設定
    • [Active Directory] ページに表示される複数の Active Directory ドメイン

手順

  • コンソールで以下の手順のいずれかを実行します。
    • 最初の Active Directory ドメイン登録ワークフローのドメイン バインドの手順またはドメイン参加の手順に失敗して完了しなかったためドメインをリセットする場合、[はじめに] ページの [全般的なセットアップ] セクションを展開します。[Active Directory] の行で、[削除] をクリックします。
    • あるいは、[設定] メニューが表示されている場合は、[設定] > [Active Directory] を使用して、Active Directory ページに移動できます。[削除] をクリックします。

結果

システムによりログアウトされ、最初のログイン画面が表示されます。

次のタスク

Horizon Cloud 管理コンソール にログインして Horizon Cloud 環境で管理タスクを実行する の説明に従って、再びログインします。