既存の専用またはフローティング VDI デスクトップ割り当てで Microsoft Azure 仮想マシン モデルを変更できます。この機能を使用すると、仮想マシン モデルが混在する VDI デスクトップ割り当てが可能になります。

Microsoft Azure で Horizon Cloud ポッド によってプロビジョニングされた VDI デスクトップ割り当てを作成する場合は、VDI デスクトップ割り当ての初期モデルを割り当てます。ユーザー要件が変更されると、割り当てを編集してモデルを変更できます。

割り当ての編集中にモデルを変更できます。[デスクトップ割り当ての編集] ウィザードを実行する一般的な手順については、Horizon Cloud 環境での割り当ての編集を参照してください。さまざまなタイプの VDI デスクトップ割り当てを作成するための具体的な手順については、Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドによってプロビジョニングされた割り当ての管理を参照してください。

  1. [デスクトップ割り当ての編集] ウィザードの処理を続行し、[モデル] オプションに進みます。

    [モデル] オプションの横にある鉛筆アイコンがグレーアウトされず、強調表示されている場合は、モデルを変更できます。アイコンが無効になっている場合は、アイコンの上にカーソルを置くと、ステータス メッセージが表示されます。たとえば、割り当てがマルチクラウド割り当てであり、サポートされていないポッドが 1 つ以上含まれている場合、鉛筆アイコンは無効になり、対応するステータス メッセージに詳細が表示されます。

    図 1. 鉛筆アイコンが無効になっている [モデル] オプション
    [モデル] オプションがグレーアウトされ、デスクトップ割り当てが編集の対象でないことを示すスクリーンショット。
    図 2. 鉛筆アイコンが有効な [モデル] オプション
    [モデル] オプションが強調表示され、デスクトップ割り当てが編集の対象であることを示すスクリーンショット。
  2. 鉛筆アイコンが有効になっている場合は、クリックします。

    [フィルタ] および [新しいモデル] オプションが表示されます。

  3. 必要に応じて [フィルタ] オプションを使用し、[新しいモデル] ドロップダウン メニューを使用して、VDI デスクトップ割り当てに使用する新しいモデルを選択します。

    フィルタ オプションを使用する手順については、このトピックですでに紹介した、VDI デスクトップ割り当ての作成に関するトピックを参照してください。

結果
システムは、選択したユーザーへの VDI デスクトップ割り当てのモデルを更新します。[割り当て] ページの [モデル] 列に現在のモデルが反映されます。モデル情報にカーソルを合わせると、ディスク タイプとサイズの詳細が表示されます。
注: 専用 VDI デスクトップ割り当ての編集中に行った仮想マシン モデルの変更は、既存のデスクトップを更新せず、将来の専用デスクトップに適用されます。