Microsoft Azure の 1 つ以上のポッドからのリソースを使用する割り当てを作成したら、Horizon Universal Console を使用して割り当てを管理できます。Horizon Cloud テナント環境内の割り当てのタイプは、作成したものによって異なります。

ヒント: コンソールは動的であり、 Horizon Cloud テナント環境の最新の状況に適したワークフローと設定が反映されます。コンソールの割り当て関連ページに表示されるラベルは、テナントの設定済みのブローカ設定、フリート内のクラウド接続されたポッドのタイプ、テナントの地域別クラウド プレーン、および特定のライセンスに基づく機能などの要因によって異なります。

コンソールの割り当て関連のページから割り当てを操作します。割り当てで使用できるアクションのタイプは、割り当てのタイプと、そのタイプに対してそのアクションを使用できるかどうかによって異なります。たとえば、[エージェントの更新] アクションは専用 VDI デスクトップ割り当てのみに適用されますが、[削除] アクションはすべての割り当てのタイプで使用できます。割り当ての作成方法の詳細については、それぞれの手順を参照してください。通常(常にではありませんが)、あるアクションが一覧にある割り当てに適用されない場合、コンソールではそのアクションが非表示になります。

次の表は、さまざまな割り当てタイプを作成するための手順へのリンクを提供します。

割り当てのタイプ 手順
VDI デスクトップ
セッションベースのデスクトップ RDSH セッションベースのデスクトップ割り当てを
App Volumes アプリケーションの割り当て Horizon Cloud:App Volumes 割り当ての作成
リモート アプリケーション リモート アプリケーション - Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドによってプロビジョニングされたリモート アプリケーションのリモート アプリケーション割り当ての作成
URL リダイレクトのカスタマイズ URL リダイレクトのカスタマイズを作成し、ユーザーに割り当てるを参照してください。
注: Microsoft Azure のポッドで Universal Broker を使用するようにテナント環境が構成されている場合、URL リダイレクトのカスタマイズの使用は現在サポートされていません。

コンソールの [割り当て] 領域内のいずれかのページで表示されている操作対象割り当てを指定してからは、対応するチェックボックスを選択し、表示されるアクションで該当するものをクリックすると、その割り当てに対してアクションを開始できます。一部のボタンには、[詳細] アクションまたは […] アクションでアクセスします。

注意: コンソールは動的であり、特定のユースケースに適したワークフローと、テナント環境の最新の状況を反映しているため、コンソール ページに表示されるアクション ボタンは、割り当てがリストされているページに特定のアクションが適切かどうかによって異なってきます。結果として、次に列挙するボタンは、割り当てに関連する特定のページで表示されない場合があります。表示されている場合でも、リストされている特定の割り当てでは機能しない場合があります。
[編集]
このボタンをクリックすると、割り当ての編集可能な設定を変更できるウィザードが起動します。起動されているウィザードには、変更できない設定の読み取り専用フィールドがあり、その割り当てタイプの作成ウィザードに似ています。フィールドの詳細な説明については、上記のドキュメント リンクで作成に関するトピックを参照してください。

割り当てのタイプによっては、[編集] ボタンを使用する代わりに、割り当ての名前をクリックして、割り当ての [サマリ] ページから設定を更新することもできます。

複製
このアクションを使用すると、選択したデスクトップ割り当てを複製して、仕様が同じで新しい名前の新しい割り当てを作成することができます。開かれるウィザードは、複製しているのと同じデスクトップ割り当てタイプの作成ウィザードと同じです。
[オフラインにする]
このアクションは、フローティング VDI デスクトップ割り当て、専用の VDI デスクトップ割り当て、および URL リダイレクトのカスタマイズ割り当てに適用されます。このボタンをクリックすると、割り当てをオフラインにするウィンドウが開きます。

割り当てをオフラインにするときのシステムの動作は、選択された割り当てのタイプによって異なります。

  • アクティブな URL リダイレクトのカスタマイズ割り当ての場合、[オフラインにする] を使用して、割り当てで定義されている URL リダイレクトの動作をオフにします。
  • VDI デスクトップ割り当ての場合、[オフラインにする] を使用して、受信する接続リクエストに影響する可能性があるメンテナンス アクションを実行するために割り当てをオフにします。VDI デスクトップ割り当てについて [オフラインにする] をクリックすると、システムは割り当てをオフライン モードに切り替え、ユーザーが割り当てのデスクトップにログインできないようにします。
    注: オフラインの割り当てではイメージの更新が開始されません。オフラインの割り当てを編集して更新されたイメージを使用できるようにできる場合でも、システムは割り当てがオンライン状態に戻るまで更新操作を開始しません。
エージェントのアップデート
[割り当て] ページでは、このアクションは専用の VDI デスクトップ割り当てにのみ適用されます。 専用 VDI デスクトップ割り当て用のエージェント ソフトウェアを更新するを参照してください。
[オンラインにする]
このボタンをクリックすると、オフラインの割り当てをオンラインに戻すウィンドウが開きます。
[削除 (Delete)][削除 (Remove)]
コンソールでは、この 2 つのラベルのいずれかを使用して、このアクションを表示できます。このボタンを使用して、選択した割り当てを削除します。 Horizon Cloud 環境からの割り当ての削除

VDI デスクトップ割り当ての詳細ページ内で実行できるアクション

VDI デスクトップ割り当てでは、割り当ての詳細ページ内で、その割り当てタイプに固有のアクションを実行できます。これらの詳細ページを表示するには、コンソールの割り当てに関連するページでその割り当てを見つけ、名前をクリックします。最初に、[サマリ] ページが表示されます。

[サマリ] ページ
[サマリ] ページには、VDI デスクトップ割り当ての現在の設定が表示されます。コンソールでこのページから値を編集できる場合、編集関連のアイコンをクリックすると、既存の VDI デスクトップ割り当てについてシステムによって更新が許可されている設定を変更できます。VDI デスクトップ割り当てでは、ポッドなどの一部の設定は作成後に変更できません。
[デスクトップ] ページ
[デスクトップ] ページには、VDI デスクトップ割り当てにある既存のデスクトップ仮想マシンが表示されます。コンソールの動的な性質の結果として、表示され、クリックできるアクションは、デスクトップ仮想マシンの現在の状態と、割り当てがフローティング VDI デスクトップ割り当てか専用 VDI デスクトップ割り当てかによって異なってきます。例として、 [エージェント ペアリングをリセット] アクションが、専用 VDI デスクトップ割り当てのデスクトップには提供されていても、フローティング VDI デスクトップ割り当てのデスクトップには提供されません。
  • フローティング VDI デスクトップ割り当てのデスクトップに対しては、再起動したり、(デスクトップがパワーオンになっている場合)パワーオフしたりできます。現在接続されているユーザーがいる場合は、そのユーザーをログオフするか切断することもできます。
    注: フローティング VDI デスクトップ割り当てのデスクトップを手動で削除しないでください。システムの電源管理機能により、削除されたマシンの代わりとして新しいデスクトップ仮想マシンが自動的に作成されてしまいます。フローティング VDI デスクトップ割り当てでのデスクトップの数を調整する方法については、 Horizon Cloud 環境での VDI デスクトップ割り当てのサイズ変更を参照してください。
  • 専用 VDI デスクトップ割り当てのデスクトップに対しては、再起動したり、デスクトップの現在の状態に応じてパワーオンまたはパワーオフしたり、現在接続されているユーザーがいる場合にそのユーザーをログオフまたは切断したり、デスクトップが未割り当ての場合はデスクトップを特定のユーザーに割り当てたり、デスクトップがユーザーに割り当てられている場合はデスクトップの割り当てを解除したり、デスクトップがパワーオンされたがエージェントのステータスがアクティブとして表示されていない場合はエージェントのペアリングをリセットしたりすることができます。デスクトップの割り当てを解除すると、そのユーザーへのデスクトップのマッピングが削除され、別のユーザーにマッピングすることが可能になります。エージェントのペアリングをリセットすると、デスクトップ仮想マシンと Horizon Cloud のペアリング状態が修復されます。 デスクトップのエージェント更新に失敗した場合は、[ステータス] 列にビジュアル インジケータが表示されます。この問題が発生した場合は、ロールバック オプションを使用して、デスクトップを以前のエージェント ソフトウェアのバージョンに戻すことができます。警告アイコンにポインタを置くと、ロールバックの実行可能期間が表示されます。
    注: [デスクトップ] ページでアクションを行える場合でも、手動でデスクトップをパワーオンしないでください。デスクトップを手動でパワーオンすると、専用 VDI デスクトップ割り当てで設定されている電源管理設定と競合する可能性があります。デスクトップを手動でパワーオンした場合は、その他のデスクトップがパワーオフになる、予期しない結果が発生する可能性があります。デスクトップをパワーオンする代わりに、 [再起動] アクションを使用します。
[システム アクティビティ] ページ
[システム アクティビティ] ページには、電源管理スケジュールを満たすようにデスクトップをパワーオフするなどの、システム アクションによるデスクトップ割り当て内のアクティビティが表示されます。[システム アクティビティ] ページでは、タスクをキャンセルしたり、レポートをエクスポートしたりできます。
  • リストでタスクを選択して [タスクをキャンセル] ボタンをクリックすることによって、いくつかのタスクを完了する前にキャンセルすることができます。
    • キャンセルするタスクの選択を行う前に、ビューを更新して表示されているタスクのステータスを最新の状態にします。
    • タスクが現在、システムによってキャンセルできる状態になっている場合、そのキャンセル可能なタスクに対応しているチェック ボックスを選択できます。
    次の表はキャンセルできるタスクを示しています。
    タスク タスクがキュー状態にあるときにキャンセル タスクが実行状態にあるときにキャンセル
    ファームの拡張 サポートされています
    注: システムによって RDSH ファームに対する拡張タスクが自動的に作成された場合は、そのタスクをキャンセルできるようになるには、ファームがオフラインになる必要があります。
    サポートされています
    次の点に注意してください。
    • システムによって RDSH ファームに対する拡張タスクが自動的に作成された場合は、そのタスクをキャンセルできるようになるには、ファームがオフラインになる必要があります。
    • 仮想マシンや OS/データ ディスクなど、すでに作成されているリソースは、タスクがキャンセルされると破棄されます。仮想マシンが破棄された場合または作成されていない場合、割り当てのサイズは変わります。
    • このオプションは、マルチクラウドの割り当てでは使用できません。
    割り当ての拡張 サポートされています
    注: システムによって、VDI デスクトップ割り当ての拡張タスクが自動的に作成され、割り当ての作成または更新が進行中である場合は、タスクをキャンセルできます。割り当ての作成/更新が終了した後、タスクをキャンセルすることはできません。
    サポートされています
    次の点に注意してください。
    • システムによって RDSH ファームに対する拡張タスクが自動的に作成された場合は、そのタスクをキャンセルできるようになるには、ファームがオフラインになる必要があります。
    • 仮想マシンや OS/データ ディスクなど、すでに作成されているリソースは、タスクがキャンセルされると破棄されます。仮想マシンが破棄された場合または作成されていない場合、割り当てのサイズは変わります。
    • このオプションは、マルチクラウドの割り当てでは使用できません。
    仮想マシンのイメージへの変換 サポートされています
    注: このタスクをキャンセルして再試行する場合は、まず仮想マシンが変換可能な状態であることを確認します。不明な場合は、仮想マシンをパワーオフしてからパワーオンします。
    サポートされています
    注: このタスクをキャンセルして再試行する場合は、まず仮想マシンが変換可能な状態であることを確認します。不明な場合は、仮想マシンをパワーオフしてからパワーオンします。
  • [レポートのエクスポート] 機能で、表示されている情報をレポート ファイルとしてエクスポートできます。

    レポートをエクスポートすると、[レポート] ページの [エクスポートされたレポート] タブに表示されます。ここから、レポートをダウンロードできます。詳細については、[レポート] ページを参照してください。

    エクスポートを開始するときに、すべてのデータをエクスポートするか、現在フィルタされているデータのみをエクスポートするかを選択できます。次に、レポートが生成中であることを示すメッセージがページの最上部に表示されます。[レポート] ページの [エクスポートされたレポート] タブで、レポートの進行状況を確認したり、エクスポートが完了したレポートをダウンロードできます。この準備はレコードの数に応じて数分間かかります。たとえば、50,000 レコードのレポートには、約 10 分かかります。

    注目: Microsoft Azure のポッドのいずれかが 2552 より前のマニフェストにある場合、より大きなレポートの処理は次のようになります。
    • エクスポートを開始すると、レポートがコンパイル中で、しばらく時間がかかることを知らせるメッセージが表示されます。この準備はレコードの数に応じて数分間かかります。たとえば、50,000 レコードのレポートには、約 10 分かかります。
    • 準備が完了すると、「レポートが正常に生成されました」というメッセージおよび [ダウンロード] ボタンが表示された別のダイアログボックスが表示されます。[ダウンロード] ボタンをクリックした後、このダイアログ ボックスを閉じる前にダウンロードが完了するまで待機する必要があります。ダウンロードが完了する前に閉じると、ダウンロードがキャンセルされます。

    このプロセスが完了するまでコンソールでその他のアクションを実行することはできないため、大量のアクティビティ レコードがある場合は、情報のエクスポートを、コンソールで他のタスクを実行するまでに最大 10 分ほど待つことができるときに計画する必要があります。

[ユーザー アクティビティ] ページ
[ユーザー アクティビティ] ページには、割り当てによって提供されるセッションのログインやログオフなど、ユーザー アクションによって発生する VDI デスクトップ割り当て内のアクティビティが表示されます。

[レポートのエクスポート] 機能で、表示されている情報をレポート ファイルとしてエクスポートできます。

レポートをエクスポートすると、[レポート] ページの [エクスポートされたレポート] タブに表示されます。ここから、レポートをダウンロードできます。詳細については、[レポート] ページを参照してください。

エクスポートを開始するときに、すべてのデータをエクスポートするか、現在フィルタされているデータのみをエクスポートするかを選択できます。次に、レポートが生成中であることを示すメッセージがページの最上部に表示されます。[レポート] ページの [エクスポートされたレポート] タブで、レポートの進行状況を確認したり、エクスポートが完了したレポートをダウンロードできます。この準備はレコードの数に応じて数分間かかります。たとえば、50,000 レコードのレポートには、約 10 分かかります。

注目: Microsoft Azure のポッドのいずれかが 2552 より前のマニフェストにある場合、より大きなレポートの処理は次のようになります。
  • エクスポートを開始すると、レポートがコンパイル中で、しばらく時間がかかることを知らせるメッセージが表示されます。この準備はレコードの数に応じて数分間かかります。たとえば、50,000 レコードのレポートには、約 10 分かかります。
  • 準備が完了すると、「レポートが正常に生成されました」というメッセージおよび [ダウンロード] ボタンが表示された別のダイアログボックスが表示されます。[ダウンロード] ボタンをクリックした後、このダイアログ ボックスを閉じる前にダウンロードが完了するまで待機する必要があります。ダウンロードが完了する前に閉じると、ダウンロードがキャンセルされます。

このプロセスが完了するまでコンソールでその他のアクションを実行することはできないため、大量のアクティビティ レコードがある場合は、情報のエクスポートを、コンソールで他のタスクを実行するまでに最大 10 分ほど待つことができるときに計画する必要があります。