このトピックでは、Horizon Cloud の RDSH ファームで、ロード バランシングの設定に基づいて、エージェント ロード インデックスを電源管理に使用する方法について説明します。

このドキュメントの記事に記載されている設定の詳細については、Horizon Cloud ポッド - ファームの作成を参照し、その記事内で設定を検索してください。

Horizon Cloud Agent は、5 つの設定([CPU 使用率のしきい値][メモリ使用率のしきい値][ディスク キュー長のしきい値][ディスクの読み取り遅延のしきい値][ディスクの書き込み遅延のしきい値])を使用して、各仮想マシンの負荷を測定するエージェント ロード インデックス(0 ~ 100 の値)を計算します。

重要: エージェント ロード インデックスは電源管理では重要な役割を果たすため、環境内で消費電力とパフォーマンスの必要なバランスを取ることができるように、これらの設定に適切な値を選択することが重要です。

システムによるファームの使用量の決定

システムは、次の 2 つの割合値のうちの高い方を選択することによって、特定のファームの使用量を決定します。

セッション占有率
ファーム内のパワーオン状態の仮想マシンで可能なセッションの合計数で割ったファーム内のアクティブなセッションの数。可能なセッション数は、ファーム内のパワーオン状態の仮想マシンの数に、ファームに設定した [仮想マシン 1 台あたりのセッション数] の値を掛けて計算されます。
平均ロード インデックス
ファーム内のパワーオン状態の仮想マシンの平均エージェント ロード インデックス。

ファームを拡張する場合、システムは、選択した値をファームで選択した [電源管理] 設定の高しきい値と比較します。

次のいずれの例でも、ファームの [電源管理] 設定は [最適化されたパフォーマンス] です。最適化されたパフォーマンス設定の高しきい値は 50% です。つまり、使用率が 50% に到達すると、システムは未使用の仮想マシンの 1 つをパワーオンします。

注: 次の例では、ファームの [仮想マシンの最大数] 設定は 1 より大きい値にする必要があります。そうしないと、拡張は実行されません。

例:セッション占有量が高しきい値を超えたためにファームを拡張

この例では、設定は次のとおりです。

  • 仮想マシン 1 台あたりのセッション数 = 20
  • 電源管理の高しきい値 = 50%
拡張前 拡張後
パワーオン状態の仮想マシン
仮想マシン 1
  • 実行中のセッション数 = 10
  • エージェント ロード インデックス = 25%
使用量値
  • セッション占有率 = 実行中のセッション数 10 / (仮想マシン 1 台あたり 20 セッション x 1 台の仮想マシン) = 50%
  • 平均ロード インデックス = エージェント ロード インデックス 25% / 1 台の仮想マシン = 25%

2 つの値の高い方は 50% で、これは、電源管理の最適なパフォーマンス設定の高しきい値に一致します。その結果、システムは 2 台目の仮想マシンをパワーオンします。

パワーオン状態の仮想マシン
仮想マシン 1
  • 実行中のセッション数 = 10
  • エージェント ロード インデックス = 25%
仮想マシン 2
  • 実行中のセッション数 = 0
  • エージェント ロード インデックス = 0%
使用量値
  • セッション占有率 = (実行中のセッション数 10 + 0) / (仮想マシン 1 台あたり 20 セッション x 2 台の仮想マシン) = 25%
  • 平均ロード インデックス = (エージェント ロード インデックス 25% + 0%) / 2 台の仮想マシン = 12.5%

2 つの値のうちの高い方は 25% で、これは、電源管理の最適なパフォーマンス設定の高しきい値を下回っています。このため、システムは何もアクションを実行しません。

例:平均ロード インデックスが高しきい値を超えたためにファームを拡張

この例では、設定は次のとおりです。

  • 仮想マシン 1 台あたりのセッション数 = 20
  • 電源管理の高しきい値 = 50%
拡張前 拡張後
パワーオン状態の仮想マシン
仮想マシン 1
  • 実行中のセッション数 = 5
  • エージェント ロード インデックス = 50%
使用量値
  • セッション占有率 = 実行中のセッション数 5 / (仮想マシン 1 台あたり 20 セッション x 1 台の仮想マシン) = 25%
  • 平均ロード インデックス = エージェント ロード インデックス 50% / 1 台の仮想マシン = 50%

2 つの値の高い方は 50% で、これは、電源管理の最適なパフォーマンス設定の高しきい値に一致します。その結果、システムは 2 台目の仮想マシンをパワーオンします。

パワーオン状態の仮想マシン
仮想マシン 1
  • 実行中のセッション数 = 5
  • エージェント ロード インデックス = 50%
仮想マシン 2
  • 実行中のセッション数 = 0
  • エージェント ロード インデックス = 0%
使用量値
  • セッション占有率 = (実行中のセッション数 5 + 0) / (仮想マシン 1 台あたり 20 セッション x 2 台の仮想マシン) = 12.5%
  • 平均ロード インデックス = (エージェント ロード インデックス 50% + 0%) / 2 台の仮想マシン = 25%

2 つの値のうちの高い方は 25% で、これは、電源管理の最適なパフォーマンス設定の高しきい値を下回っています。このため、システムは何もアクションを実行しません。