Horizon Cloud 管理コンソール を使用してファームまたは VDI デスクトップ割り当てを作成する場合、[コンピュータの OU] フィールドを使用し、ファームの仮想マシンまたは VDI デスクトップ仮想マシンが配置される Active Directory 組織単位 (OU) をオプションで指定できます。これらの手順を使用して、組織が [コンピュータの OU] フィールドで使用するネストされた OU 情報を特定することができます。

注: Microsoft は、個々の OU を 64 文字以内に制限します。64 文字を超える OU パスは、個々の OU が 64 文字を超えていなければ、有効です。ただし、個々の OU はそれぞれ 64 文字以内である必要があります。

その結果、コンソールの Active Directory ページの [デフォルト OU] フィールドと、ファームと VDI デスクトップ割り当ての [コンピュータの OU] フィールドに、OU = の部分を除き 64 文字までの OU を入力できます。

これらの手順を使用して、組織の Active Directory ドメイン サーバでネストされた OU 情報を特定します。

手順

  1. お使いの Active Directory マシンで、[Active Directory ユーザーとコンピューター] を開きます。
  2. [表示] > [高度な機能](有効になっている高度な機能)を選択します。
  3. デスクトップを配置する組織単位に移動します。
  4. 右クリックして、[プロパティ] を選択します。
  5. [属性エディター] をクリックし、distinguishedName を選択します。
  6. [表示] をクリックします。
  7. コンソールの [コンピュータの OU] フィールドに識別名情報を入力します。
    文字列の OU= 部分のみが必要です。 DC= 部分は省略できます。