Microsoft Azure でクラウド キャパシティのサブスクリプションを取得し、そのサブスクリプション情報を用いてクラウド キャパシティを Horizon Cloud とペアリングさせる必要があります。ポッドを Microsoft Azure にデプロイした後、管理コンソール(Horizon Cloud 管理コンソール または単にコンソールと呼ばれる)を使用して、マスター イメージ、ファーム、および VDI デスクトップの作成、ユーザーに対するデスクトップとアプリケーションの使用の割り当て、およびその他の管理タスクを行います。エンド ユーザーは、Microsoft Azure にあるポッドにより、任意のデバイスからデスクトップおよびアプリケーションにセキュアにアクセスできます。デプロイされたポッドの場所に応じて、デスクトップとアプリケーションを常駐させる場所を選択できます。

Horizon Cloud の概要については、Horizon Cloud の紹介およびポッドをクラウド接続するためのオンボーディングの概要を参照してください。Microsoft Azure のポッドのアクティビティの推奨ワークフローについては、最初の Horizon Cloud クラウドに接続されたポッドがポッド デプロイヤを使用してポッドを Microsoft Azure にデプロイする場合の高度なワークフローを参照してください。

Microsoft Azure にデプロイされた Horizon Cloud ポッド

Microsoft Azure サブスクリプションを Horizon Cloud に接続して、VDI デスクトップ、および RDSH が提供するデスクトップとアプリケーションを管理および提供します。Microsoft Azure キャパシティにポッドを自動でデプロイし、環境をセットアップします。

Microsoft Azure に Horizon Cloud によってデプロイされたポッドには、Microsoft Azure クラウド内に物理的な配置場所があります。ポッド デプロイ ウィザードで、Microsoft Azure サブスクリプションで使用可能なリージョンに基づいてポッドの配置場所を選択します。選択したリージョンでポッドが使用する既存の仮想ネットワーク (VNet) も選択します。ポッドで外部ゲートウェイ構成をデプロイするオプションがあります。このオプションでは、その外部ゲートウェイのリソースをポッドと同じ VNet にデプロイするか、ポッドの VNet とピアリングされる別の VNet にデプロイします。
注: ポッドの VNet(およびその構成オプションを使用する場合は外部ゲートウェイ VNet)を使用して、Microsoft Azure 環境を事前に構成します。ポッドと外部ゲートウェイの構成に必要なサブネットを事前に作成するか、デプロイ中にポッド デプロイヤによってサブネットを作成することができます。事前にサブネットを作成しない場合は、ポッド デプロイヤが環境内で必要な仮想マシンとリソースをデプロイすると同時にサブネットを作成します。ポッド デプロイヤによって必要なサブネットを作成するよう選択した場合、デプロイ ウィザードを開始する前に、ポッドのサブネットに使用する IP アドレス空間を把握しておく必要があります。サブネットを事前に作成することを選択した場合は、デプロイ プロセスを開始する前にサブネットが特定の要件を満たしていることを確認する必要があります。事前にサブネットを作成するときの要件の詳細については、 ポッドのデプロイの前に、Microsoft Azure の VNet で Horizon Cloud ポッドに必要なサブネットを作成するおよび Microsoft Azure で Horizon Cloud ポッド用の既存のサブネットを使用する場合を参照してください。
重要: Microsoft Azure では、このポッドはテナントではありません。このポッドの特性は、テナントを定義する特性や、ユーザーがテナントに対して期待する特性とまったく同じものにはなり得ません。たとえば、テナントが Active Directory ドメインに対して 1 対 1 でマッピングされていて、他のテナントから分離されている場合でも、同じ Horizon Cloud 顧客アカウント レコードを使用して展開されている Microsoft Azure 内のすべての Horizon Cloud ポッドは同じ Active Directory サーバにアクセスできる必要があるとともに、DNS 構成でこれらのすべての Active Directory ドメインを解決する必要があります。

マルチ テナント状態を実行するには、複数の Horizon Cloud 顧客アカウント レコードを設定します。Horizon Cloud サービスを使用するために VMware で登録を行ったときに作成され、My VMware 認証情報に関連付けられる Horizon Cloud 顧客アカウント レコードは、よりテナントに近いものになります。Horizon Cloud 顧客アカウント レコードは、他の Horizon Cloud 顧客アカウント レコードから分離されます。1 つの顧客アカウント レコードは複数のポッドにマッピングされます。また、誰かが管理コンソールにログインするためにその顧客アカウント レコードに関連付けられたいずれかのアカウント認証情報を使用するときに、その顧客アカウント レコードにマッピングされているすべてのポッドがコンソールで反映されます。

ポッドのデプロイ プロセスで、一連のリソース グループが Microsoft Azure キャパシティに自動的に作成されます。リソース グループは、環境が必要として作成する次のような資産の整理に使用します。

  • ポッドのマネージャ インスタンスの仮想マシン(高可用性が有効になっているポッドの場合は複数の仮想マシン)
  • Unified Access Gateway インスタンスとそのロード バランサの仮想マシン
  • ポッドの VNet とは別の VNet に外部ゲートウェイ構成をデプロイする場合の、その構成のコネクタ仮想マシンの仮想マシン
  • マスター RDSH 対応イメージの仮想マシン
  • マスター VDI デスクトップ イメージの仮想マシン
  • マスター イメージから作成された割り当て可能な(公開済み)イメージの仮想マシン
  • RDSH デスクトップとリモート アプリケーションを提供する RDSH ファームの仮想マシン
  • VDI デスクトップの仮想マシン
  • ネットワーク インターフェイス、IP アドレス、ディスク、キー コンテナ、Microsoft Azure Database for PostgreSQL サーバ リソースなど、サポートされている操作のために仮想マシンおよび環境で必要となる追加のアセット、およびそれらに関連するさまざまなアイテム。ポッドのデプロイ プロセスは、デプロイ ウィザードで指定する値を使用して、必要な仮想サブネットを作成することもできます。

Microsoft Azure 環境で Horizon Cloud が作成したリソース グループの名前には、vmw-hcs というプリフィックスが付きます。

注意: 次の場合を除き、Microsoft Azure ポータルを使用してポッド関連のリソースを手動で変更または削除しないでください。
  • マスター イメージの手動作成。
  • 必要に応じて、自分のビジネス環境用にポートを構成するためのファームおよび VDI デスクトップ割り当てネットワークのセキュリティ グループの変更。

Horizon Cloud は、ポッドが確実に設計どおりに動作するようにポッド関連のリソースを自動的に構成します。割り当てられた IP アドレスまたは名前など、ワークフロー中に Horizon Cloud が自動的に作成およびデプロイするリソースの設定を手動で変更しないでください。仮想マシン インスタンスを手動でパワーオフしたり、Microsoft Azure ポータルを使用して直接削除したりしないでください。マネージャ仮想マシン、または Unified Access Gateway 仮想マシンを手動で削除しないでください。リソース グループ(特に Unified Access Gateway リソース グループ)から NIC を手動で削除しないでください。生成された設定を変更するか、仮想マシンを手動でパワーオフするか、ポッド デプロイヤによって作成された仮想マシンまたは NIC を手動で削除すると、予測できない結果が発生し、ポッドの操作、ポッドの更新、およびポッドの削除操作が失敗する可能性があります。

次の図は、高可用性が有効で、外部と内部の両方のタイプの Unified Access Gateway 構成を持つデプロイ済みポッドを示しています。この図では、RG はリソース グループを意味します。外部 Unified Access Gateway 構成の Unified Access Gateway インスタンスは、非武装地帯 (DMZ) ネットワーク上に NIC があります。ポッドに外部 Unified Access Gateway 構成が設定されている場合、インターネットや企業ネットワーク外部のエンド ユーザーは、その構成を介してポッドがプロビジョニングされた仮想デスクトップおよびアプリケーションにアクセスできます。ポッドに内部 Unified Access Gateway 構成が設定されている場合、イントラネットや企業ネットワーク内部のエンド ユーザーは、ポッドがプロビジョニングされた仮想デスクトップおよびアプリケーションに、ゲートウェイを介して信頼される接続を確立することができます。ポッド デプロイ ウィザードは、両方の構成を事前に使用してポッドをデプロイするオプションを提供します。または、ポッドを 1 つのゲートウェイ構成のみでデプロイするか、まったく構成せずにデプロイし、デプロイされたポッドを後で編集して、選択されていないゲートウェイ構成を追加できます。

また、デプロイ ウィザードで高可用性オプションを有効にしないことを選択し、デプロイされたポッドを後で編集して高可用性を有効にすることもできます。ウィザードで高可用性オプションを有効にしていない場合でも、新しいポッドは常に Azure Postgres データベースおよびポッドのロード バランサとともにデプロイされます。これらの資産を利用できるようにすると、デプロイ済みのポッドで高可用性を簡単に有効にできます。2 番目のポッド マネージャ仮想マシンは、ポッドで高可用性が有効になっている場合にのみデプロイされます。

図 1. 高可用性が有効で、外部および内部の両方の Unified Access Gateway 構成を持つポッドの Horizon Cloud Pod アーキテクチャの図

高可用性が有効で、両方のタイプの Unified Access Gateway 構成を持つポッドのリソース グループ、仮想マシンおよびサブネットのアーキテクチャ図

次の図は、外部ゲートウェイをポッドの VNet とは別の専用の VNet に配置するオプションを選択したときにデプロイされるリソースを示しています。2 つの VNet をピアリングする必要があります。この図は、ポッドで使用されるものとは異なる Microsoft Azure サブスクリプションを使用して外部ゲートウェイのリソースをデプロイするオプションを選択した場合にも適用されます。VNet は複数のサブスクリプションにまたがることはできないため、外部ゲートウェイを専用のサブスクリプションにデプロイすることは、外部ゲートウェイを専用の VNet に配置するように選択することの一部です。

ヒント: 外部ゲートウェイ構成を専用の VNet にデプロイすると、これらの Horizon Cloud ポッドを、 Microsoft Azure のハブ - スポーク ネットワーク トポロジを使用する複雑な Microsoft Azure 環境にデプロイできます。
図 2. 外部ゲートウェイがポッドの VNet とは別の専用の VNet にデプロイされている場合の外部ゲートウェイのアーキテクチャ要素の図


サブスクリプションとポッドの数

1 つのサブスクリプションにデプロイするポッドの数については、特に大規模に各ポッドを実行させる予定がある場合は、十分に考慮に入れておいてください。複数のポッドを 1 つの Microsoft Azure サブスクリプションにデプロイできますが、すべてを 1 つのリージョンにデプロイしても、複数のリージョンにわたりデプロイしても、Microsoft Azure では 1 つのサブスクリプション内で一定の制限がかかります。このような Microsoft Azure の制限が原因で、多数のポッドを 1 つのサブスクリプションにデプロイすると、それらの制限に到達する可能性が高くなります。それらの制限に関わるのは、ポッドの数、各ポッド内のファームと割り当ての数、各ポッド内のファーム RDSH 仮想マシンの数、各割り当て内のデスクトップの数などの多くの変数、およびそれらの変数の組み合わせです。

大規模にポッドを実行する予定がある場合は、複数のサブスクリプションを 1 つの Microsoft Azure アカウントで利用する方法を採用することを検討してください。Microsoft Azure のユーザーは、この方法を使用することで、サブスクリプションの進行中の管理に対していくつかのメリットを得られるため、都合がよい可能性があります。この方法を使用すると、サブスクリプションあたり 1 つのポッドをデプロイしたり、それらのサブスクリプションを 1 つの「マスター」アカウントにロール アップしたり、1 つのサブスクリプションに対して適用される Microsoft Azure の制限に到達する可能性を排除したりすることになります。

この現在の Horizon Cloud リリースより前にデプロイされた既存のポッドがある場合

Horizon Cloud ポッドの更新で説明するように、VMware では Horizon Cloud ソフトウェア コンポーネントを定期的に更新して、新しい機能とバグ修正を含めます。クラウド内管理環境は毎週更新され、ポッドのソフトウェア コンポーネントは通常、ほぼ四半期ごとに更新されます。Horizon Cloud Service のドキュメント ページでは、バージョン付きのリリース ノートにアクセスできます。ここでは、バージョンは四半期ごとのリリースに対応しています。たとえば、2019 年 9 月リリースの場合はバージョン 2.1 になります。

新しいポッドをデプロイすると、そのポッドは常に、現在の実稼働サービス環境の最新のマニフェスト バージョンで作成されます。たとえば、2019 年 8 月に新しいポッドを作成した場合、そのポッドには、その日付の時点での Horizon Cloud の最新のソフトウェア コンポーネントがデプロイされていました。Horizon Cloud 環境の使用期間に応じて、特定のカレンダー日付の時点で、Horizon Cloud 全体の環境には最新リリース バージョンのポッド、およびまだ最新のマニフェストに更新されていない以前のリリース バージョンのポッドが含まれる場合があります。

重要: 一般にこの管理ガイドでは、現在の実稼働リリースで使用でき、ポッドが現在のリリースで使用可能な最新のポッド マニフェスト バージョンである場合に適用できる機能、ワークフロー、および動作について説明します。管理タスクを実行するクラウドベースのコンソールは動的です。コンソールの Web ベースのインターフェイスは通常、コンソールの領域またはアクションでその機能を使用するためにポッドをアップグレードする必要がある場合にメッセージを表示します。このリリースより前に存在したポッドの場合、一部のワークフローでは、この管理ガイドの説明とは異なる手順が必要になる場合があります。今回のリリースに含まれる、最新のマニフェスト バージョンのポッドと異なるワークフローのリストについては、 https://docs.vmware.com/jp/VMware-Horizon-Cloud-Service/index.html の最新の リリース ノートを参照してください。

Microsoft Azure の専門用語とリファレンス

VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure 製品のドキュメントでは、必要に応じて VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure ワークフローの説明とタスクの手順に Microsoft Azure の専門用語が使用されています。Microsoft Azure の専門用語に慣れていない場合は、以下の Microsoft Azure 製品ドキュメントに関連するリファレンスを参照してください。

注: 以下の表記に含まれる大文字と小文字の区別およびスペルは、すべて Microsoft Azure ドキュメント自身のリンク先の記事に合わせてあります。
有用な Microsoft Azure のリファレンス 説明
Microsoft Azure glossary: A dictionary of cloud terminology on the Azure platform(Microsoft Azure 用語集:Azure プラットフォームに関するクラウド用語の辞書) この用語集には、たとえばロード バランサ、リージョン、リソース グループ、サブスクリプション、仮想マシン、仮想ネットワーク (vnet) など、Microsoft Azure クラウドのコンテキストで使用される用語が含まれています。
注: Microsoft Azure 用語集には「サービス プリンシパル」という用語は含まれていません。サービス プリンシパルは、アプリケーション登録が Microsoft Azure で作成されるときに Microsoft Azure で自動的に作成されるリソースであるためです。Microsoft Azure サブスクリプションでアプリケーション登録を作成する理由は、Microsoft Azure キャパシティを使用するために Horizon Cloudアプリケーションとして承認することです。アプリケーション登録とそのコンパニオン サービス プリンシパルによって、アプリケーションとして動作する Horizon Cloud クラウド サービスは Microsoft Azure サブスクリプションのリソースにアクセスできるようになります。Microsoft Azure のリソースにアクセスできるアプリケーションとサービス プリンシパルについては、以下のリファレンスを参照してください。
Use portal to create an Azure Active Directory application and service principal that can access resources(ポータルを利用してリソースにアクセスできる Azure Active Directory アプリケーションとサービス プリンシパルを作成する)

この記事では、Microsoft Azure クラウドのアプリケーションとサービス プリンシパルの関係について説明しています。

Azure Resource Manager overview(Azure Resource Manager の概要)

この記事では、Microsoft Azure のリソース、リソース グループ、およびリソース マネージャの関係について説明しています。

Azure VNet

この記事では、Microsoft Azure の Azure 仮想ネットワーク (VNet) サービスについて説明しています。Azure Virtual Network FAQs(Azure 仮想ネットワークに関する FAQ)も参照してください。

Azure VNet Peering(Azure VNet ピアリング)

この記事では、Microsoft Azure での仮想ネットワーク ピアリングについて説明しています。

Azure のハブ - スポーク ネットワーク トポロジ

この記事では、Microsoft Azure でのハブ - スポーク ネットワーク トポロジについて説明しています。

Microsoft Azure ExpressRoute の概要

この記事では、Microsoft Azure ExpressRoute について、およびオンプレミス ネットワーク、Microsoft Azure、および Horizon Cloud ポッド間の接続を確立するために Microsoft Azure ExpressRoute を使用する方法について説明します。

VPN ゲートウェイについて

VPN ゲートウェイの計画および設計

Azure ポータルでのサイト間の接続の作成

これらの記事では、Microsoft Azure で VPN を構成する方法について説明します。

Azure Load Balancer の概要

この記事では、ポッド用にデプロイされた Azure ロード バランサについて、すなわちポッド マネージャ仮想マシンのロード バランサとゲートウェイ構成のロード バランサについて説明します。

Azure Database for PostgreSQL の概要 この記事では、Microsoft Azure Database for PostgreSQL サービスについて説明します。
Windows 仮想デスクトップの概要 この記事では、Microsoft Windows 仮想デスクトップについて、および Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッションおよび拡張セキュリティ更新プログラムが適用された Microsoft Windows 7 Enterprise との関係について説明します。Horizon Cloud テナント アカウントに Microsoft Windows 仮想デスクトップを拡張する Horizon Cloud Service on Microsoft Azure の構成がある場合、Microsoft Windows 10 Enterprise マルチセッションおよび Microsoft Windows 7 Enterprise を Microsoft Azure にデプロイされたポッドで使用するためのサポートが提供されます。