Horizon Cloud 環境では、少なくとも 1 つの Active Directory (AD) ドメインを Horizon Cloud ポッドに登録する必要があります。このトピックでは、Microsoft Azure の Horizon Cloud ポッドでの使用がサポートされている構成について説明します。

サポートされる構成は以下のとおりです。

  • オンプレミスの Active Directory サーバと、VPN/MPLS または Microsoft Azure Express Route を使用したそのオンプレミス Active Directory と Microsoft Azure 環境との接続。
  • Microsoft Azure 環境で実行する Active Directory サーバ。
  • Microsoft Azure の Active Directory ドメイン サービスの使用。Microsoft Azure が提供するこれらのサービスの概要については、Microsoft のドキュメントでこの Azure Active Directory ドメイン サービスの記事を参照してください。

サポートされている各構成の技術的な詳細説明や、各構成のいくつかのオプション、および各構成のメリットとデメリットについては、VMware のホワイト ペーパー『VMware Horizon Cloud を使用した Microsoft Azure でのネットワークおよび Active Directory についての考慮事項』を参照してください。

重要: Horizon Cloud 環境は Microsoft Azure のポッドおよび(オンプレミスおよび VMware Cloud on AWS の) Horizon ポッドで構成できます。そのため、クラウド接続されたすべてのポッドは、同じ Active Directory ドメインのセットとの通信路を確立している必要があります。環境にすでにクラウド接続された Horizon ポッドがあり、最初のポッドを Microsoft Azure にデプロイしている場合は、そのポッドがすでに Horizon Cloud 環境に登録されている Active Directory ドメインを認識できることを確認する必要があります。詳細については、 Horizon Cloud 環境の使用を開始するのトピックからリンクされたすべての Active Directory 関連のトピックを参照してください。