Horizon Cloud または Horizon 制御プレーン サービスを使用する準備をするとき、ポッドのオンボーディング中、および日常操作中は、次の情報とリンク先の記事を使用してください。制御プレーン サービスの実行中は常に、この情報を参照してください。

セットアップの前提条件、ソフトウェアのダウンロード、ユーザー設定のパーシステンス、製品ドキュメント、追加の役立つリソース

セットアップの前提条件
Microsoft Azure 環境で、デプロイを開始する前にセットアップの前提条件を確認してください。

ライセンス サービスを含むクラウドプレーン サービスの Horizon ポッドをオンボーディングする場合は、ポッドが使用しているデプロイ アーキテクチャのタイプの説明とオンボーディングのガイダンスを確認します。以下のドキュメントを参照してください。

ソフトウェアのダウンロード
環境で使用するソフトウェアのダウンロードを My VMware ® で確認します。これらのダウンロードは特定のデプロイを開始する前のオプションですが、ユースケース シナリオによっては、デプロイの前に確認することができます。 VMware Horizon Cloud Service のダウンロード ページを参照し、最新のサービス リリース日を見つけて、そのダウンロード リンクに移動します。同じページ内に Horizon Cloud Connector の行が表示され、 [ダウンロードに移動] をクリックすると、Horizon Cloud Connector と VMware Universal Broker プラグイン インストーラの両方の最新バージョンを入手できます。どのバージョンの VMware Universal Broker プラグイン インストーラがどの Horizon Connection Server に使用できるかについては、 Horizon ポッド - Connection Server への Universal Broker プラグインのインストールトピック内の表を参照してください。
ユーザー設定のパーシステンス
すべての Microsoft Azure のデプロイで、フォルダ リダイレクト機能を備えた VMware Dynamic Environment Manager™ を使用して、ユーザー プロファイルのパーシステンスを提供できます。「 VMware Horizon Cloud Service のダウンロード ページ」を参照して、このリリースのダウンロード リンクに進み、このリリースでの使用がサポートされている Dynamic Environment Manager ソフトウェアをダウンロードできます。
製品ドキュメントと追加の役立つリソース

さまざまなデプロイ モデルについてのすべての製品ドキュメントにアクセスするには、VMware Horizon Cloud Service のドキュメントの Web サイトを参照してください。

役に立つヒントを参照したり質問をしたりする場合はコミュニティ サイトにアクセスしてください。Horizon Cloud の製品ページのリソース セクションでテクニカル ペーパーも入手できます。

Day-0 の役に立つ情報

デプロイ タイプを実行する前に
  • Horizon Cloud 環境が Workspace ONE 環境に統合されていない場合、クラウドベースのコンソールへのログイン認証は My VMware アカウントの認証情報に依存します。My VMware アカウントのシステムでシステム障害が発生していて認証要求を処理できない場合、その期間中にコンソールにログインすることはできません。コンソールの最初のログイン画面でログインの問題が発生する場合は、Horizon Cloud システム ステータス ページ (https://status.horizon.vmware.com) で最新のシステム ステータスを確認してください。そのページでは、アップデートを定期受信にすることもできます。
  • コンソールのポッド デプロイヤ ウィザードを使用してポッドをデプロイする場合、および Horizon Cloud Connector を使用して Horizon ポッドを接続する場合は、特定の DNS 名にアクセス可能で、特定のポートとプロトコルが許可されている必要があります。接続要件については、Horizon Cloud Connector と Horizon ポッドを使用するときの DNS、ポート、およびプロトコルの要件Microsoft の Horizon Cloud ポッドおよび関連サービス機能の DNS 要件、およびHorizon Cloud ポッド - ポートとプロトコルの要件 - マニフェスト 1600 以降を参照してください。
  • Horizon Cloud 制御プレーンにペアリングされ、同じユーザー アカウントに関連付けられている各ポッドは、それらのポッドに接続された Active Directory ドメインへの線を持っていて、その線に沿って一方向または双方向の信頼関係を設定している必要があります。たとえば、3 つのポッドがあり、そのうちの 1 つは Microsoft Azure 内に、1 つはオンプレミスに、もう 1 つは VMware Cloud on AWS 内にある場合、これらのポッドのそれぞれが線を持ち、同じ Active Directory ドメインのセットに対して一方向または双方向の信頼関係を設定している必要があります。
Microsoft Azure のデプロイの前に
  • サブスクリプションとポッドの数:crosoft Azure サブスクリプションに展開するポッド数については、特に大規模に各ポッドを実行させる予定がある場合は、十分に考慮しておいてください。複数のポッドを 1 つの Microsoft Azure サブスクリプションにデプロイできますが、すべてを 1 つのリージョンにデプロイしても、複数のリージョンにわたりデプロイしても、Microsoft Azure では 1 つのサブスクリプション内で一定の制限がかかります。このような Microsoft Azure の制限が原因で、多数のポッドを 1 つのサブスクリプションにデプロイすると、それらの制限に到達する可能性が高くなります。それらの制限に関わるのは、ポッドの数、各ポッド内のファームと割り当ての数、各ポッド内のサーバの数、各割り当て内のデスクトップの数などの多くの変数、およびそれらの変数の組み合わせです。大規模にポッドを実行する予定がある場合は、複数のサブスクリプションを 1 つの Microsoft Azure アカウントで利用する方法を採用することを検討してください。Microsoft Azure のユーザーは、この方法を使用する方が、サブスクリプションの進行中の管理に対していくつかのメリットを得られるため、都合がよい可能性があります。この方法を使用すると、サブスクリプションあたり 1 つのポッドを展開し、それらのサブスクリプションを 1 つの「プライマリ アカウント」にロール アップして、1 つのサブスクリプションに対して適用される Microsoft Azure の制限に達する可能性を排除します。
  • ノードの一時ジャンプ ボックス仮想マシンおよびポッド マネージャ仮想マシン(ポッドで高可用性が有効になっている場合は複数の仮想マシン)に接続されている Microsoft Azure 仮想ネットワーク (VNet) では、外部へのインターネット アクセスが必要です。このリリースではプロキシ ベースの認証がサポートされています。ポッドのデプロイ ウィザードでプロキシの詳細を指定する必要があります。ポッドのデプロイでは、特定の DNS 名にアクセス可能で、特定のポートとプロトコルが許可されている必要があります。接続要件については、Microsoft の Horizon Cloud ポッドおよび関連サービス機能の DNS 要件を参照してください。
  • サブネットのサイズ:ポッドのデプロイ後に、ポッドのサブネットのサイズを拡張することは現在サポートされていません。このため、本番環境では、次の要件に十分対応できるサブネットサイズを使用する必要があります。
    • 管理サブネット:ポッドをデプロイする場合、2019 年 3 月の時点では、ポッドの管理サブネットには最小で CIDR /27 が必要です。以前のリリースでは最小でこれより低い CIDR /28 が許可されていました。この変更は、サブネット内に使用可能な IP アドレスがないためにポッドのアップデート中に発生する可能性がある問題の発生を低減する目的で行われました。/27 の CIDR では、32 個の IP アドレスが提供されます。
    • 仮想マシン サブネット - プライマリ:予測される VDI デスクトップ、RDS イメージ、およびポッドの RDS ファーム内のすべての仮想マシンの接続に対応できる十分な範囲の CIDR を使用します。ポッド マネージャ仮想マシンと Unified Access Gateway 仮想マシンも、このサブネットからの IP アドレスを必要とします(合計 12 のアドレスを使用して、両方のタイプのゲートウェイを備えた HA 対応ポッドのブルー/グリーン更新に対応します)。一般的に、/24 ~ /21 の範囲は典型的なユースケースを提供します。注:この仮想マシン サブネットは、デスクトップ サブネットまたはテナント サブネットと呼ばれることもあります。
    • 2020 年 7 月のサービス リリースとポッド マニフェスト 2298.0 以降、VDI デスクトップと RDS ファーム仮想マシンに追加のテナント サブネットを使用するための新機能が提供されます。これらの追加のサブネットは、ポッドと同じ VNet またはピアリングされた VNet に含めることができます。マニフェスト 2298.0 以降のポッドでは、ポッドの構成を編集して、追加のサブネットを含めることができます。その後、プライマリの仮想マシン サブネットを使用するのではなく、ファームおよび VDI デスクトップ割り当ての定義でこれらの追加のテナント サブネットを使用するように指定できます。ファーム仮想マシンおよび VDI デスクトップ仮想マシンにこれらのセカンダリ サブネットを使用すると、どのテナント サブネットおよび VNet にどのファームおよび VDI デスクトップを割り当てるかを指定できるため、管理が簡素化されます。
  • 外部ゲートウェイを独自の VNet にデプロイする機能を使用するには、VNet をピアリングする必要があります。そのため、デプロイ ウィザードを実行する前に、サブネットを手動で作成する必要があります。外部ゲートウェイの VNet の場合、その管理サブネットとバックエンド サブネットはそれぞれ、同じ最低限の CIDR/27 に準拠する必要があります。
Horizon Cloud Connector を使用してポッドを接続する前に
  • Horizon Cloud テナント アカウントが 2020 年 3 月 17 日以降に、US-2、Europe-2、Australia-2(旧称 PROD1_NORTHCENTRALUS2_CP1、PROD1_NORTHEUROPE_CP1、PROD1_AUSTRALIAEAST_CP1)のいずれかで作成された場合、これらのポッドを Horizon Cloud に接続するには Horizon Cloud Connector バージョン 1.6 以降を使用する必要があります。「Horizon Cloud Service へのようこそ」E メールの日付は、テナント アカウントが 2020 年 3 月 17 日以降に作成されたかどうかを判断するために使用する日付です。この E メールには、アカウントが作成された地域も記載されています。以前のバージョンの Cloud Connector では、これらの地域に 2020 年 3 月 17 日以降に作成されたテナント アカウントで使用すると、互換性の問題が発生します。
  • Horizon Cloud Connector でサービスのクラウド プレーンと通信するには、特にライセンスの詳細を受け取るために、送信インターネット アクセスが必要です。特定の DNS 名にアクセス可能で、特定のポートとプロトコルが許可されている必要があります。接続要件については、Horizon Cloud Connector と Horizon ポッドを使用するときの DNS、ポート、およびプロトコルの要件を参照してください。
  • Horizon Cloud Connector のオンボーディング プロセスを使用して最初の Horizon ポッドを接続した後、第 2 の Horizon ポッドを Horizon Cloud に接続する前に、Horizon Cloud 管理コンソールにログインして Active Directory ドメイン登録プロセスを完了する必要があります。Active Directory ドメイン登録を完了する前に複数の Horizon ポッドを Horizon Cloud とペアリングすると、コンソールにログインしてドメイン登録プロセスを試みたときに予期しない結果が発生することがあります。
  • 既知の問題により、オンプレミスの Active Directory ドメインを使用して VMware Cloud on AWS でポッドにサービスを実行している場合、オンプレミスの Active Directory ドメインと VMware Cloud on AWS のポッド間のネットワークの遅延またはネットワークの輻輳が原因でアクセス時間が遅くなり、ドメインの呼び出しがタイムアウトになることがあります。通常、この遅延には、Active Directory ログイン画面でタイムアウトになる前にログインを完了できない場合が含まれます。このような状況が発生した場合は、各クラウドのソフトウェア定義データセンター (SDDC) で書き込み可能ドメイン コントローラを構成すると役立つことがあります。

一部のサービスの運用 E メールについて

2021 年 4 月のサービス リリース以降、指定された VMware 顧客アカウントの担当者に関連付けられているすべての顧客レコードについて、システムの運用 E メールの一部には、デフォルトで、指定された VMware 顧客アカウントの担当者のメール アドレスが BCC フィールドに含まれます。これらの E メールの BCC フィールドに VMware 顧客アカウントの担当者を含める目的は、オンボーディングとビジネス継続性を向上させることです。

BCC フィールドに VMware 顧客アカウントの担当者が含まれる運用 E メールは次のとおりです。

  • サービスの顧客レコードの最初の作成時に、顧客名とメール アドレスは新しく作成された顧客レコードに 所有者 として指定されます。その 所有者 顧客名に関連付けられているメール アドレスに「ようこそ」E メールが送信されます。
  • その 所有者 に関連する更新が発生すると(メール アドレスの更新など)、通知 E メールが送信されます。
  • 顧客レコードの Horizon ライセンスに関連する更新が発生すると、通知 E メールが送信されます。