このトピックでは、サポートされる最大値とも呼ばれる VMware Horizon Cloud Service on Microsoft Azure のいくつかの一般的な制限について説明します。このトピックは現在、単一のサブスクリプションでデプロイ可能なデスクトップおよびファーム RDSH 仮想マシンの数と、ポッドごとの同時実行される接続セッションの合計数の両方について、サポートされる最大値を記載しています。時間の経過とともにこのトピックは更新され、既知の制限が追加されます。

サービスは、単一のサブスクリプションでデプロイされる特定の数の仮想マシンについて、および 1 つのポッドで対応できる同時接続の数についてテストされます。

サブスクリプションあたり最大 2,000 のデスクトップ仮想マシンとファーム RDSH 仮想マシン
この制限は、単一のサブスクリプションに対して適用される Microsoft Azure API の制限に基づいています。標準の操作でこれらの API 制限を守るため、 Horizon Cloud はサブスクリプションあたり最大 2,000 のデスクトップ仮想マシンとファーム RDSH 仮想マシンをサポートします。

サブスクリプションあたり 2,000 という制限には、VDI デスクトップ仮想マシンとファーム RDSH 仮想マシンが含まれ、単一のサブスクリプションのすべてのポッドが対象です。たとえば、サブスクリプションに 1 つのポッドがある場合、そのポッドに最大 2,000 の VDI デスクトップを接続することも、1,950 の VDI デスクトップと 50 のファーム RDSH 仮想マシンを接続することもできます。サブスクリプションに複数のポッドがある場合でも、すべてのポッドに接続された VDI デスクトップとファーム RDSH 仮想マシンの数は合計で 2,000 を超えることはできません。

ポッドあたり最大 2,000 のセッション
Horizon Cloud は、ポッドあたり最大 2,000 の同時接続セッションをサポートします。2,000 という制限には、VDI デスクトップ、RDS デスクトップ、ポッドによって提供される RDS アプリケーションへの接続が含まれます。この最大値は、ポッドのセッション処理能力によって決まります。