コネクタ仮想アプライアンスを展開する前に、新しいコネクタのアクティブ化コードを VMware Identity Manager サービスから生成します。コネクタのアクティブ化コードは、サービスとコネクタ間の通信を確立するために使用されます。

手順

  1. VMware Identity Manager の管理コンソールにログインします。
  2. ID とアクセス管理 タブをクリックします。
  3. セットアップ をクリックします。
  4. [コネクタ] ページで、コネクタを追加 をクリックします。
  5. 新しいコネクタ インスタンスの名前を入力します。
  6. アクティブ化コードを生成 をクリックします。

    アクティブ化コードが コネクタのアクティブ化コード フィールドに表示されます。

  7. コネクタのアクティブ化コードをコピーして保存します。

    アクティブ化コードは、コネクタ セットアップ ウィザードを実行するときに使用します。

次のタスク

コネクタ仮想アプライアンスをインストールします。