コネクタは、VMware Identity Manager サービスの一部です。VMware Identity Manager 仮想アプライアンスをインストールする際、コネクタ コンポーネントはデフォルトで常に含まれます。

コネクタは、次の機能を実行します。

  • エンタープライズ ディレクトリと、サービスで作成した対応ディレクトリ間でユーザーとグループのデータを同期します。

  • ID プロバイダとして使用される場合、サービスに対してユーザーを認証します。

    コネクタは、デフォルトの ID プロバイダになります。

コネクタはサービスの一部として提供されるため、標準的な展開環境では、追加コネクタをインストールする必要はありません。

ただし、状況によっては、追加コネクタが必要になる場合があります。 例:

  • ディレクトリ タイプが異なる複数の Active Directory(統合 Windows 認証)を使用している場合は、それぞれに個別のコネクタが必要です。

    コネクタ インスタンスは、複数のディレクトリと関連付けることができます。ワーカーと呼ばれるパーティションが各ディレクトリのコネクタで作成されます。ただし、同じコネクタ インスタンスでは、統合 Windows 認証タイプの 2 つのワーカーを使用することはできません。

  • 社内または外部のどちらからログインするかによって、ユーザーのアクセスを管理したい場合。

  • 証明書ベースの認証を使用したいが、ロード バランサで SSL が終端するように構成されている場合。証明書認証では、ロード バランサでの SSL パススルーが要求されます。

追加コネクタをインストールするには、次のタスクを実行します。

  • コネクタ OVA パッケージをダウンロードします。

  • サービスでアクティベーション トークンを生成します。

  • コネクタ仮想アプライアンスを展開します。

  • コネクタ設定を構成します。

展開する追加コネクタはすべてサービスのユーザー インターフェイスで表示されます。